【あくなき追求で個性派世界一に】一度は座りたい個性的な日本車シート5選


ヘッドレストスピーカー

ソフトトップを閉めてもオープン状態にしてもオーディオを聞く環境としては悪いが、ヘッドレストスピーカーにより大きく改善。初めて乗ると不思議な感覚になる
ND型と比べるとシートもチープでシンプルなインテリアだが、当時としては画期的なヘッドレストスピーカーをラインナップし音楽好きのニーズに応えていた

 シートとセットで安全性、快適性を高める必須のものといえばヘッドレスト。シートそのものではないが、1989年にデビューしたユーノスロードスター(NA型)にはオープンでも音楽が楽しめるようにという計らいで、ヘッドレストにスピーカーが埋め込まれていた。

 その後パイオニアと共同開発したセンソリーサウンドシステムに進化しオプション設定された。これはシートバック内蔵された振動体が低音域を、 ドアのツイーターが 高音域をそれぞれカバーすることで音楽環境としては最悪のオープンでもナイスな音場を実現していた。

 2代目(NB型)、3代目(NC型)ではシートバックやヘッドレストにスピーカーが内蔵されるタイプは採用されていなかったが、現行の4代目(ND型)でヘッドレストスピーカーが復活している。

現行のND型で復活したヘッドレストスピーカー。グレードにより運転席のみ、運転席+助手席、設定なしと差別化されているので購入前は要チェック

コンフォタブルキャプテンシート

販売面ではアルファード/ヴェルファイアの後塵を拝しているが、快適性、利便性を追求する姿勢は負けていない。だからもったいない……

 ミニバンの快適性を高める最も重要なアイテムがシートということに異論はないはず。上級Lクラスミニバンともなれば、リビングでくつろいでいるような錯覚を覚えるほどの豪華なシートがおごられている。外国人VIPもご指名するほどの快適性だ。

 2010年にデビューした日産エルグランドに世界初採用されたコンフォタブルキャプテンシートがその最高峰と言える。

 コンフォタブルキャプテンシートは、クッション一体型オットマン、シートバック中折れ機能、3層構造パッドを同時に採用することで異次元の快適性を実現している。

エルグランドの贅を尽くしたシートで注目なのは2列目シート。オットマン一体型はほかでもあるがシートバックの中折れ機能が付いていることで快適性は格段アップ

 なかでも、シートバック中折れ機能がすばらしい。一般的なクルマのリクライニングは、背もたれの角度が変わるだけなのに対し、コンフォタブルキャプテンシートはわきの下あたりに別のレバーがついていて、下部分と上部分の角度を別々に変えることができるので、背もたれが体にフィットする。

 この快適性を一度味わうともうほかのシートでは満足できないという、一見地味だが超絶優れたシロモノ。

次ページは : 助手席シート収納