【スイスポ ジムニー BMW…】200万円台でも「安くて楽しい」現行車 7選


 新車が高くなった印象が強くなってしまった昨今、「買える価格帯にワクワクする車がない!」と頭を悩ませている車好きも多いだろう。

 そんななか、本稿の筆者(鈴木直也氏)が本気で欲しいと考えているのがスイフトスポーツ。いわく「安全装備つけたって車両価格200万円だからね! 走って楽しいし、これって物凄くコストパフォーマンス高くない!?」とのこと。

 たしかに、車が高いだなんだ言われるなかで、このコスパは感涙もの。まさに車好きに一筋の希望を与える1台と言っても過言ではない。

 そこで、本稿ではスイフトスポーツを筆頭に、200万円台で狙える魅力的なモデルを計7台を紹介。よくよく探せば、この価格帯の「安くて楽しい車」の選択肢は、意外にも豊富だ!

文:鈴木直也、斎藤聡
写真:編集部
ベストカー 2019年8月26日号


圧倒的に「安くて楽しい」スイフトスポーツ

コスパでは右に出るものなしのスイフトスポーツ。基準車は183万6000円で諸費用含めても200万円で射程圏内。高額化が進むなかで車好きにとって大きな希望だ

 今、国産でリーズナブルな価格で楽しいMT車というと、スイフトスポーツ、カローラスポーツ、ロードスターあたり。この3車の中では、コスパの点でスイスポが圧倒的に魅力がある。

 だって、考えてみてほしい。6MTモデルの価格は183万6000円。

 これにカーテンエアバッグ、サイドエアバッグ、デュアルセンターブレーキサポート、さらに誤発進抑制機能、車線逸脱抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、アダプティブクルコンなどがパッケージで装着される「セーフティパッケージ装着車」にしても価格は192万2400円。

 これって超お買い得じゃあありませんか!? スイスポはカーナビレス、オーディオレスが標準なので、後付けでお安いカーナビやオーディオをつければいいし、ディーラーオプションならば10万円以下でつけられる。

 970kgという軽いボディがもたらす軽快なフットワークはスイフトスポーツの大きな魅力だ。スズキの軽量化技術は高価なアルミやカーボンなどを使うことなく、車体構造を見直すことで実現している。軽自動車開発で培った技術が存分に活かされている。

 スイフトの魅力は、とにかく軽量でフットワークも身軽なこと。

 搭載エンジンは1.4Lターボで140ps/23.4kgmなので、エンジンパフォーマンス自体にはまったく不満ないし、海外向けのワイドトレッドボディを使っているため、5ナンバーサイズボディだった旧型よりシャシーもレベルアップ。

 ちょっと荒っぽさを残した旧型スイスポもホットハッチの雰囲気で悪くはなかったが、トータルでは現行型のほうが圧倒的に洗練されていて、ファントゥドライブ性も高い。

新古車で俄然「安くて楽しい」感高まるBMW 1シリーズ

新車では悠々300万円越えのBMW 1シリーズながら、200万円台の未使用車も数多く出回る。これだけ安いと最後のFRという希少性も合わせて、かなり注目の存在だ

 ところが、そうこうするうち、スイスポ熱を一気に冷ましかねない強力なライバルが現われた。惜しくもMTは選べないのだが、BMW118dがボクの中で赤丸急上昇してきたのだ。

 現在(編注:2019年7月時点)新車で買える118dは『ファッショニスタ』なる限定車で407万円もするので、これではスイスポ熱を冷ますにはちょっと高価すぎるのだが、BMWのディーラーに行くと118dの登録ずみ未使用車、いわゆる“新古車”が大量にあって、これが280万〜290万円でボディカラーも選び放題。こうなると俄然『安くて楽しい』感が高まる。

 なにしろ1シリーズは本国では新型が登場して次期型はFF。後輪駆動のコンパクトBMWを味わえるのは今がラストチャンス。

 乗ってみると設計自体は古くてもやっぱりBMWなんだよねぇ。フリクションを感じさせないスムーズな操舵感や、後輪駆動がもたらす走りの質感はスイスポでは味わえないものだ。

 う〜ん、これはある意味嬉しい悩み。でも、よくよく調べてみると国内で買える「安くて楽しいクルマ」は、まだまだたくさんある。

【鈴木直也】

次ページは : 200万円台で狙える! 安くて楽しい車 5選

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ