【ジムニーは日常を旅にする】アフターパーツも続々登場!! 「ジムニー欲しい病」を克服する日がやってきた

 国民的アイドル『ももいろクローバーZ』を育て上げた川上アキラさん。実は大のクルマ好きだったりします。

 そんな「ももクロ」がCMを務めるスズキだが、最近のスズキといえばやはりジムニーを避けて通ることはできないのではないでしょう。

 男性なら「ジムニー欲しい病」にきっと罹患したことがあるはず。今回はジムニーに興味がありつつも、人と同じではつまらない!!

 そんな欲張りな人も大満足の老舗「アピオ」のジムニーに試乗しました。

文:川上アキラ(まとめベストカー編集部)/写真:平野学
ベストカー2019年9月10日号


■ベントレーのセカンドカーにジムニーを買うという心意気!!

 クルマ好きとして、ジムニーを避けて通るわけにはいかないよな。今回はジムニーのプロショップとして多くのファンを抱えるアピオ(神奈川県綾瀬市)さんに、ジムニーの魅力を聞こうとやってきた。

これが新型ジムニー(JB64)のアピオデモカー。からし色にホワイトのルーフはノスタルジーも感じつつオシャレなカラーリング

 俺とアピオさんには縁がある。結婚してエスクード・ノマドに乗っていた頃、足回りを換えたくてダンパーを買った。それがアピオさんだったのだ。今回は10数年ぶりの訪問。実に懐かしい!!

 社長の河野仁さんが快く出迎えてくださった。アピオは長年、モンゴルラリーやパリ・ダカール、ロシアンラリーとかに参戦してきた本格派だから、俺は当然泥臭いタフな話になると思っていた。ところが河野社長の話はまるで違っていたのだ。

 始まったのは万年筆の話。社長は普段の書き物に万年筆を愛用されている。なぜかというと、とにかくインクが流れ出る瞬間が気持ちいいからだそうだ。

 そして、人間が生きていくうえで欠かせない本質的なことには、必ずそういう気持ちよさ、官能が伴っているのだという。

バックスタイルもアピオらしくカッチリとまとめてきた。スペアタイヤ後ろの白い箱はロトパックスといわれる収納ボックス。水やガソリン、さらには工具や救急セットなど用途により種類が選べる

 河野社長曰く、俺たちが渋滞するとわかっててお盆や暮れに帰省したりするのも、移動それ自体が気持ちいいから。

 そしてジムニーの一番の魅力とは、その移動することの気持ちよさを、ストレートに表現してくれるクルマだからなのだとおっしゃる。ウーム、深いじゃないか!!

 社長のお話に胸を打たれた後で、デモカーの1台に試乗させていただいた。選んだのは名車LJ20型を思わせるカラシ色のモデル。

 昔風の、クリアが薄くて塗料がぶ厚いソリッド感にこだわったそうだ。コットンホワイトのホイールもよくマッチしている。

 走り出すと実に気持ちいい。もともとの3気筒ターボが優れていることもあるのだろうか、静香御前というオリジナルマフラーが低速トルクをより引き出している感じだ。

 あえて20mmアップに抑えたオンロード志向の足回りもよかった。ノーマルとは違う車高をアピールしつつ、街乗りでもキビキビ走れる。

 けっこうブロックパターンのはっきりしたタイヤを履いていたのだが、不快な振動などもまるで気にならなかった。

ジムニー(JA11)オーナーの担当としては大注目の「WILDBOAR SR」はアルミホイール。ジムニーSJ30の純正ホイールを思い出させる存在だ。新型も旧型もジムニーにはピッタリのホイール。ほしいなぁ……

 なにげに効いているのがオリジナルのアルミ製シフトノブ。やや大きめだが、シフトの感覚をやさしくいなしてくれて運転が楽しくなった。

 うーん、社長のおっしゃることがわかった気がする。アピオのジムニーに乗ると「クルマを運転してる」って気になる。同じ道を走っているのに、気分が高まるのだ。

 お店には、ベントレーやポルシェで乗り付けてマニュアルのジムニーを買っていくお客さんも多いというが無理もない。みんな、移動の気持ちよさに気づいてしまうのだ。アピオおそるべしだ!

■日常を旅する道具、まさにジムニーのことだ

 いやー河野社長のお話は面白かった。

 長時間にわたり、社長はいろいろな話をしてくださったのだが、うれしかったのは「新型ジムニーがここまでトンガれたのは、ハスラーのおかげだ」という指摘。

 確かにハスラーが普段使いの4駆という立場を担っているから、ジムニーは思い切ってハードに振ることができたわけだ。

ジムニーは現代のクルマ作りとしてはスパルタンな成り立ち(旧型オーナーは軟派になったなんて言う人も多いが)。それはハスラーというクロカン「風味」の実用車があったからこその割り切りだったと河野社長は言う

 長くハスラーのCMを務めさせていただいているももクロが、意外なところでジムニーとつながっていて感無量だ。

 いっぽう一番感動したのは、「日常を旅する」という考え方だな。日常生活の中でふと発見をしたり、人と出会ったりすること。そういったことはすべて旅だということだ。

 アピオでは、クルマを買ってくださったお客様に「トラベラーズノート」をプレゼントしているという。ジムニーで日常を旅して、その感動をここに記録してくださいという粋な計らいだ。

これが河野社長のトラベラーズノート。いやはや、もう芸術作品でしょう、これ!!

 河野社長自身も、このノートに日常を書き留めているそうだ。拝見させてもらうと、小さなスペースに微細な文字とイラストがびっしり描かれていてびっくりした。

 感心していたら、河野社長は工業デザイナーのご出身なのだという。拡大図をお見せできなくて残念だが、道理でプロ顔負けの出来栄えなわけだ!

 アピオさんのデモカーに河野社長と編集担当を乗せて、お店の近くを試乗していたら、クルマの前方をなにかが横切っていく。

60系のランクルみたいなシートカバーだな、と思った担当。それもそのはずランクル専門店「フレックス・ドリーム」とのコラボ作品とのこと。いいっすね!!

 猫にしては格好がヘンだと思ってよく見るとなんとタヌキ。公園の中に消えていく姿を見送って車内はすごく盛り上がったのだが、その時俺はふと思った。

「あ、日常を旅するってこういうことじゃん!」。

 まさに社長のおっしゃる通り、ジムニーは日常を旅する道具なのだった。

古材を作ったテーブル&チェアのセット。リアラッゲジスペースにピッタリとはまるのがかっこいいぞ

【画像ギャラリー】APIOの新型ジムニーデモカーはツボを押さえた正常進化!!

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ