【やりすぎた先進車たち】販売のトヨタでも売れなかった車5選

 トヨタは保守的な自動車メーカーと思われている。だが、本当は進取の気象に富むメーカーなのだ。アッと驚く斬新なアイデアを量産車に採用し、ライバルメーカーのエンジニアやデザイナー、識者などを唖然とさせている。

 その筆頭がプリウスに採用したハイブリッドシステムであり、燃料電池システムを搭載したFCVのミライだ。メカニズムだけでなく、デザインや商品企画においても大胆な試みを行うことがある。

 だが、販売した新提案モデルすべてが狙いどおりに売れるわけではない。新しい提案を持ち込んだものの、空回りし、販売が低迷したクルマが少なからずある。

 強力な販売力を誇るトヨタを持ってしても売れなかった、悲運の新提案モデルにスポットを当ててみた。

文:片岡英明/写真:TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】提案モデルと言えば、WiLL第1弾のVi!!


オーパ

販売期間:2000~2005年

トヨタが推進していたセダンイノベーションの一環で登場したオーパは、斬新で挑戦的なエクステリアと居住性のよさがセールスポイントだった

 1999年秋に開催された東京モーターショーでお披露目され、話題をまいたのがオーパだ。注目を集めたのは、高効率のパッケージングである。

 V50系のビスタアルデオをベースに開発され、カローラ並みのコンパクトな外観だが、キャビンは広く快適だった。性格やフォルムは、ステーションワゴンというより上質な上級2ボックスと言えるものだ。正式発売されたのは翌2000年5月である。

 オーパは「高級サルーンの走りを備えた次世代のミディアムセダン」を狙って開発され、背の高さも立体駐車場を使えるギリギリの高さに設定した。

 2列シートの5人乗りだからキャビンはミニバン並みに広く、足元、頭上空間とも余裕がある。エンジンは1.8Lでスタートし、夏に2Lの直噴エンジン(D-4)を追加した。1AZ-FSE型エンジンのトランスミッションは、トヨタ初のスーパーCVTだった。

 ジャーナリストには評判がよかった。後席は広いし、荷室の使い勝手もワゴンレベルにある。走りの実力も非凡だ。

独特のルーフラインがリアからだとよくわかる。シンプルながら存在感のあるリアデザインも秀逸だった。ワゴン的に使う人は多かった

 が、セダンには見えなかった。ワゴンともミニバンとも違うクルマと感じた人も多かったようだ。後席は広いが、センターアームレストもないなど、上級をうたった割に物足りない装備に不満を述べる人もいる。

 そのため販売は低迷し、2005年の年末にトヨタの販売リストから消えた。

ナディア

販売期間:1998~2004年

コンセプト、使い勝手など当時としては画期的だったが、時代を先取りし過ぎたためかトヨタが想定していたほど売れなかったがいいクルマだった

 イプサムに続くファミリービークルとして1998年夏に産声をあげたのがナディアだ。背をちょっと高くした5人乗りの上質なハイトワゴンで、トヨタは「ユーティリティが特徴的な次世代乗用車」として売り出した。

 イプサムと同じ2735㎜の長いホイールベースを誇り、室内空間は2代目のセルシオより広かった。圧巻は後席の広さだ。足元は驚くほど広く、左右独立してリクライニングとスライドする。

 前席とのウォークスルーやフルフラットも可能で、Sセレクションは前席に回転対面機構を採用した。FF車のほか、フルタイム4WDもあった。

ナディアの車高をアップしてオーバーフェンダーを装着したSUVルックのクロスオーバーカーのタイプSUを追加したが販売は好転せず

 デビューから1年になるときに最低地上高を上げ、フェンダーモールで車幅を広げたタイプSUを設定した。全幅が違うから型式申請をし直し、苦労の末に送り出した力作で、今につながるクロスオーバーカーだ。

 が、登場が早すぎたからか販売面でプラスになっていない。

 目論見ではナディアは月飯4500台の計画だった。が、その半分も売れず2004年夏にひっそりと姿を消している。悲運の名車といえるだろう。

WiLL VS

販売期間:2001~2004年

VSのデザインコンセプトはステルス戦闘機で、吊り上がったヘッドライトが特徴的だった。発売前のスクープの段階では話題になったのが最大の盛り上がり!?

 WiLLは世紀末から21世紀の初頭にかけて行われた異業種による合同プロジェクトだ。トヨタ、花王、アサヒビール、松下電器産業(現パナソニック)、近畿日本ツーリストなどが参加し、新感覚のものに興味を示すニュージェネレーション層をターゲットに商品を開発した。

 トヨタのWiLLシリーズ第1弾は「かぼちゃの馬車」をイメージしてデザインされたWiLL Viだった。

 これに続くWiLL第2弾が「VS」で、2001年4月に登場している。デザインにこだわり、イメージしたのはステルス戦闘機だ。だから精悍なフォルムだったし、インテリアにも強いこだわりを見せた。

 指針の0が真下にくるメーターを採用し、ステアリングは操縦桿、シフトレバーはスロットルレバーをイメージしたデザインだ。

フロント以上に個性的で一度見だけでも印象に残るリアデザイン。4ドアだったが、リアシートの狭さによってほとんど2シーターのようだった

 カローラのプラットフォームを採用し、エンジンは1.5Lと1.8Lを設定。1.8Lモデルには可変バルブリフト機構を盛り込んだ2ZZ-GE型スポーツツインカムも用意された。

 男性ユーザーの取り込みを期待したが、個性の強いデザインと割高な価格がネックとなり、販売は不発に終わっている。

WiLLサイファ

販売期間:2002~2005年

ボディカラーがオレンジのサイファは、当時ハロウィーンのかぼちゃに似ていると話題になったが、若者の人気を得ることができなかった

 WiLLシリーズの第3弾が、「ディスプレイ一体型ヘルメット」をデザインコンセプトに開発され、2002年10月に発売された「サイファ」だ。デザインも個性的だったが、それ以上に注目を集めたのは育てるクルマだったことである。

 トヨタとしては初となる車載情報通信サービスのG-BOOK対応モデルで、カーナビを標準装備した。

 また、一歩先を行くカーリースプランも用意していた。これを利用するユーザーは多かったが、採算割れとなり、3年あまりで頓挫した。

独特の世界観を持つインテリア。センターメーター、丸型のセンターコンソールなどデザインにはこだわりを見せた

 サイファも2代目のヴィッツが登場した2005年春に販売を打ち切っている。WiLLプロジェクトは新しい提案が注目された。が、価格が高かったし、実用性も高くなかったからファンは引いてしまった。日産のパイクカーのように、引っ張りダコにはならなかった迷車だ。

マークXジオ

販売期間:2007~2013年

伸びやかなフォルムを狙ったが、どことなくダルな感じがするマークXジオのエクステリアデザイン。フロントマスクがおとなしく華やかさに欠けた

 2005年の東京モーターショーに参考出品したコンセプトカーの「FSC」をリファインし、2007年9月に発売したのがマークXジオだ。

 上級ステーションワゴンのマークIIブリットは不発に終わった。そこでワゴン的な性格にミニバンの魅力を加え、後継車として送り出したのがジオである。

 マークXは後輪駆動のFRが基本だが、ジオはFFプラットフォームを採用した。2列シートのほか、3列シート仕様があり、2列目に2人掛けの独立したシートを設定するなど、性格的にはオデッセイに近い。

Lクラスミニバン並みに豪華な独立したセカンドシート。本革仕様も用意され、購入したオーナーの満足度は決して低くはなかった

 新感覚のマルチパーパスカーを狙ったが、見事に空振り。好調だったのは最初の数カ月で、それ以降は販売が低空飛行をたどった。

 マークXを名乗ったが、実際は格下に感じるFFのファミリーカーだったことが敗因のひとつ。デザイナーが意気込んだソフトムードのデザインもボテッと見えた。

 3列目も窮屈で、長時間のドライブには耐えられない。高級ムードや押しの強さを期待するファンから敬遠され、2代目にバトンを渡すことなく消えている。

 ミニバンがアルファードのような本格派に移っていたこともマークXジオがユーザーに響かなかった理由のひとつだ。

マークXジオはこのアングルが一番美しいといわれた。ただしショーモデルのようなシャープなエッジがなくなったため、少々ボテッとした感じは否めない

【画像ギャラリー】提案モデルと言えば、WiLL第1弾のVi!!

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ