トヨタのスポーツモデルの底上げにGRが貢献! ノーマルとの違いは何!?


 Gazoo Racingが手掛けたスポーツモデルは、GRMN、GR、GRスポーツといろいろあるが、それぞれ何が違うのかわかりにくい。

 さらにGRMNとなるとノーマルモデルの価格の約2倍にもなるモデルもある。GRモデルのヒエラルキーと、どんなチューニングが施されてノーマルとどのように違うのかを考察していく。

文:ベストカーウェブ編集部/写真:TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本で販売されたGRMN


GRのヒエラルキー

Gazoo Racingが手掛けるモデルには、GRMN、GR、GRスポーツと別れていて、それぞれターゲットが異なるためチューニングレベルも違う

 まずはGazoo Racingについて。

 Gazoo Racingはワークス活動から普及活動まで幅広くトヨタのモータースポーツ活動を展開している。WRC、WECにはTOYOTA Gazoo Racingとして参戦している。グラスルーツとしては、Gazoo Racingラリーチャレンジなども積極的に展開。

 実はモータースポーツだけでなく、トヨタのスポーツ性の高いモデルの開発も手掛けている。

 車両開発では2018年5月にデビューしたGRスープラは、初めてGRの名称が車名に組み込まれたモデルとなった(註:国交省への届け出はスープラ)。

 その違いを個別に見ていく。

頂点に君臨するのがGRMN

 トヨタにはGazoo Racingの頭文字をとったGRモデルをラインナップしているが、チューニングレベルによりヒエラルキーがあり、GRピラミッドの頂点に位置するのがGRMNだ。

トヨタがGRMN第1弾として市場投入したのがiQ GRMNで2009年に100台限定で販売された。!Qをベースに選ぶとは超マニアック!!

 ドイツのニュルブルクリンクは車両開発の聖地とも呼ばれていてトヨタもスポーツモデルを開発している。

 2007年からニュルブルクリンク24時間レースに参戦、車両開発の一環としていて市販車にもフィードバックされている。

 名称のGRはGazoo Racing、MNはマイスター・オブ・ニュルブルクリンク。MNはマスタードライバーの故成瀬弘氏のことで、彼をオマージュしたトヨタにとって特別なスポーツモデルであることを意味している。

 トヨタでは『走りの味を追求した究極のスポーツモデル』としていて、これまで市販されたGRMNはすべて台数限定で販売されているのが特徴で、最新のマークX GRMNを含めすべて完売する人気を誇っている。

 これまでに日本で販売されたGRMNは表のとおり少数精鋭の全7モデル。

マークXは2015年と2019年の2回、1回目は100台、2回目は350台の限定だが、あっという間に完売。マークXの販売不振がウソのような人気
マークXはGRMNで最も多い合計450台を完売

次ページは : 高いが納得の仕上がり

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ