ヤリスWRC 本戦仕様公開&ラトバラ抜擢決定で走った!! 

 12月13日、フィンランド・ヘルシンキにて、ついにトヨタのWRC復帰元年の体制が完全判明。

 公開されたマシンは、9月に正式公開されたヤリスWRCからさらに変貌を遂げていた。そして、気になるドライバーには超大物の抜擢も決定!!

 文:WEBベストカー編集部


公開されたヤリスWRCはパリモーターショー時から大変貌!!

 トヨタWRCのチーム総代表でもある豊田章男社長は、13日の参戦体制発表に際し、その喜びを表現し、次のようにコメントした。

 「17年間、この日を待っていてくださったファンの方々に『皆様の気持ちがあったからこそ、トヨタはこの日を迎えることができました。ありがとう。』と感謝の気持ちでいっぱいです」

 そして、このコメントとともに公開されたマシンは、9月にパリモーターショーで公開されたものと、見た目にも違いがわかる進化を遂げていた。

 下の写真は、今回公開された最新のヤリスWRCと9月に公開されたマシンだ。最も違いがわかりやすいのはフロント。

 市販車のヤリス、即ちヴィッツはマイナーチェンジで「キーンルック」と呼ばれる新しいフロントフェイスが与えられたが、最新のヤリスWRCもそれに沿ったデザインで、9月時点のマシンと比べると、ラジエーター開口部の形状も変化している。

 さらに、リア周りの形状もまるで違う。

 二重構造の大型リアウイングは、9月時点のものとまったく異なる形状に進化したほか、ボディサイドの処理も若干変えている。空力的な効果を狙っての変更だと想像できるが、見た目にも洗練されて、他のライバルメーカーのWRカーに近くなった印象だ。

20161213_01_01
ヤリスWRC
%e6%94%af%e7%b5%a6_%e3%83%a4%e3%83%aa%e3%82%b9wrc_07
ヤリスWRC(9月公開マシン)

 上が最新のヤリスWRC、下は9月公開のマシン。細かい部分ではサイドのドアミラー取り付け位置が若干前身、また、サイドスカートの形状も異なっている

公開ドライバーは通算16勝の元VWラトバラを起用!! 翌日にはマシンを走らせた

ToyotaGazooRacingWRC Official Presentation 13December 2017 - Helsinki
トヨタのレーシングスーツを纏い登場したラトバラ。トップドライバー加入で俄然、期待が高まる

 そして、なんと言っても一番のトピックはドライバーの人選。2016年シーズンのチャンピオンチームであるフォルクスワーゲン(VW)のヤリ=マティ・ラトバラのトヨタ移籍が発表されたのだ。

 ここまで、トヨタは開発ドライバーを務めたフィンランド人のユホ・ハンニネンの起用だけを発表していた。

 そこで、残り1人は誰を起用するのかが目下の関心事になっていた。ラトバラはこれまでWRC通算16勝をマークしているトップドライバー。

 VWの撤退で、チャンピオンのセバスチャン・オジェとラトバラ、そしてアンドレアス・ミケルセンという一流ドライバーの契約が宙に浮くという、他チームにとっては願ってもない展開となっていた。

 そうした状況も手伝ってラトバラ加入は実現した。これはトヨタにとって最高の“クリスマスプレゼント”。F1以上にドライバーの技量が結果に直結するといわれるWRCにおいてトップドライバーの獲得は非常に大きい。

 ちなみにヤリスWRCのテストも行っていた2016年チャンピオンのオジェはMスポーツ(フォード)入りすることが発表された。

 そして、この体制発表の翌日、トップ画像のようにラトバラは早くもヤリスWRCを走らせている。

 トヨタWRCの初陣は約1カ月後、伝統のモンテカルロだ。

ToyotaGazooRacingWRC Official Presentation 13December 2017 - Helsinki
最新のヤリスとレーシングドライバーとスタッフたち

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ