「今年こそは優勝を」中嶋一貴が語るル・マンへの決意と魅力

 まもなく開幕を迎える今年のレースをより楽しむためにトップドライバーを独占直撃!!  

 トヨタの中嶋一貴選手がル・マン24時間レースで知られるWEC(世界耐久選手権)の魅力を語る。

 取材・文:編集部/写真:TOYOTA、編集部


一番わかりやすい魅力はル・マンカーの“速さ”

今年もトヨタのドライバーとしてWEC/ル・マン24時間レースに参戦する中嶋一貴

 編集部 WECは、レースのレベルの高さの割に、日本ではまだ浸透していない面もあるかと思います。中嶋選手からみて、WECの魅力は何だと思いますか?

 中嶋一貴選手(以下、中嶋) WECの一番のハイライトは、やはりル・マン24時間ですよね。

 一番わかりやすい魅力は、そこに出場するクルマのスピード。トヨタが参戦するトップクラスのLMP1は、昔のCカー時代から、その位置づけは変わっていないので、「速さ」は観ている方にも感じていただけると思います。

ハイブリッドを積むことが“速さ”に繋がっている

 編集部 現代のル・マンカーは、トップフォーミュラ並みの速さを持っていますよね。

 中嶋 そうなんです。それにハイブリッドマシンなので、従来より何十%という単位でガソリンの使用量も減っています。それでいて、ハイブリッドを積む前よりもマシンは速くなっている。

 ハイブリッドというと「プリウス」などの大人しいイメージが強いかもしれませんが、WECではハイブリッドを積むことでクルマがさらに速くなっているのも魅力のひとつ。これはル・マンの魅力にも繋がっています。

プリウスと並ぶトヨタTS050 HYBRID。ハイブリッドといえば『エコ』、『燃費』というイメージが強いが、ル・マンカーは、ハイブリッドが『速さ』に直結している

 編集部 それは具体的に言うとどのように?

 中嶋 このハイブリッドは非常に複雑なシステムなので、24時間トラブルなく走り切ることは、それだけで大きな挑戦なんです。それに、ドライバーはミスを1度もせず、限界で攻めるということを24時間続けなくてはならない。

 それらができた者だけが優勝できる。こうした部分がル・マンの魅力だと思います。

 編集部 昨年のル・マンもまさにそういうレースでしたね。

 中嶋 昨年は残り3分まで首位を走っていながら、止まってしまうというドラマもありました。最後まで何が起きるかわからないのがル・マンの大変さであり、魅力ですね。

残り3分……ル・マン優勝を目前にストップした中嶋が駆るトヨタ5号車。24時間、最後までわからない……それがル・マンの難しさであり、醍醐味でもある

「今年こそはル・マン優勝」中嶋は悲願達成を胸に戦いに挑む

 編集部 では、今年のル・マン24時間レースに向けて抱負を教えて下さい。

 中嶋 2014年はポールポジションを獲得して、約14時間レースをリードし、昨年は残り3分までトップを走れた。

 順調に優勝に近づいているので、「今年こそは優勝」という思いは非常に強いです。僕だけでなくチーム、そしてトヨタ全体も「今年こそは」という強い思いを持っています。

 編集部 最後に、初めてWECを観る人に向けて、中嶋流のポイントを教えて下さい。

 中嶋 ぼんやり観ているとレース展開もわかりづらいですが、1つ応援する対象を見つけると楽しめます。

 できればトヨタを……と言いたいところですが、「このドライバー格好いい」でもいいです。日本に縁のあるドライバーも多いので、何か1つを軸にレースを観ると、全体の展開が理解しやすくなると思いますよ。

中嶋一貴
1985年生まれ、32歳。2002年にトヨタのドライバー育成プログラムでスカラシップを獲得。

 以後ユーロF3やGP2参戦を経て、2007年にウィリアムズからF1デビュー。2012年からWECに参戦開始し、14年ル・マンでは日本人初のPPを獲得。

 また、国内では2度のスーパーフォーミュラ(SF)王者に輝いている。今年はWECとSFに加え、スーパーGTにも復帰。父は元F1ドライバーの中嶋悟

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ