織戸学選手の次女茉彩さんが人生初のレース参戦 ヤリスカップで得たものとは?

織戸学選手の次女茉彩さんが人生初のレース参戦 ヤリスカップで得たものとは?

 「モータースポーツって、なんだか縁遠い存在」そう思っている人も多いのではないでしょうか? たとえ興味があっても、「レースに参加する」となると、さらにハードルが上がりますよね。

 そんな方でも、より気軽に楽しく参加できるワンメイクレースがスタートしました。その名も「ヤリスカップ」。レースの間口の広さも手伝って、2021年6月5日、初戦の富士スピードウェイラウンドでは、なんと91台もの車両がエントリーしました。

 今回は、そのなかでも注目の選手を追いかけることにしました。その選手の名前は、織戸茉彩(おりどまあや)さん。実は、茉彩さんは、レーシングドライバーである織戸学選手の娘さんです。

 「織戸選手の娘さんなら、もしかして小さい頃からカートとかをやっていたとか?」と思う方もいるかもしれませんが、茉彩さんは海外の高校へ通っていたので、免許を取ったのもつい最近。レースに至っては「ヤリスカップ」がゼロからのスタートです。

 織戸さんがヤリスカップを知り、茉彩さんに「こんなレースあるけど、出てみる?」と聞いてみたところ、茉彩さんは「やってみたい!」とふたつ返事で答えたところから、このチャレンジは始まりました。

文&イラスト/伊藤梓
写真/佐藤正勝

【画像ギャラリー】全41枚! モータースポーツデビューを果たした織戸茉彩さんのヤリスカップカーを見る


まずはヤリスカップを知る

ヤリスカップ専用のヤリスカップカー、織戸茉彩さんのマシンだ
ヤリスカップカーのコクピット。茉彩さんのマシンは6速MT
BRIDEのフルバケットシート、ロールケージや6点式シートベルトが装着されている

 本題に入る前にヤリスカップとは何か説明していきましょう。ヤリスカップとは、ヤリスカップ専用の「ヤリスカップカー」を使用したワンメイクレース。出場するのに必要なのは、ヤリスカップカーと国内A級ライセンス、そしてレーシングギアだけ。大きなワンメイクレースのなかでも、気軽に始められるレースです。

 特に、ヤリスカップカーの価格が思いのほか安い! ロールケージ、専用サスペンション、6点式シートベルトなど、レースに必要な装備が最初から付いている関わらず、6MTモデルが217万1100円、CVTモデルが238万100円。

 そして、追加で揃えるのは、シートとタイヤ、ホイールだけです。さらに、ナンバーも付いているので、日々の移動や買い物でも使えるところも◎。

 個人的にいいなと思ったのは、CVTモデルも用意されていること。レース初心者で「ヒール&トゥが苦手」「シフトチェンジに気を取られて、ハンドルやペダル操作がおろそかになる」「AT免許しか持っていない」という人でも、CVTなら安心。

 「CVTって遅いんじゃないの?」と思われがちですが、カップカーのCVT制御は、サーキット走行に合わせた専用セッティングになっています。シフト操作が苦手な方はもちろん、自分のドライビングを見直すためにも、あえてCVTを選ぶのも面白いかもしれませんね。(ちなみに茉彩さんは6MT)

ヤリスカップに参戦するきっかけは?

予選前、ピットにて織戸さんファミリーを撮影

 そして、いよいよレース当日。富士スピードウェイに到着すると、たくさんのヤリスカップカーが集まっていました。91台という物凄い台数のため、ひとつのピットに約5台のヤリスがぎゅうぎゅうに押し込まれています。

 そのなかでも、織戸茉彩さんの559号車のまわりには、たくさんの取材陣や関係者が詰めかけていました。茉彩さんのお父さんであり、コーチでもある織戸学さんも、にこやかにみなさんと会話しています。

 さっそく、織戸さんにお話を伺ってみると、普段のレーシングドライバーとしての厳しい表情から一転、柔らかい口調で受け答えしてくれました。

親父である織戸学選手はどんなことを茉彩さんに教えているのだろうか?

 「ヤリスカップが始まると聞いた時、茉彩が出るのはどうだろうと思ったんです。本人も含めて家族会議をしたんですが、茉彩が『やりたい!』と積極的だったので、チャレンジしてみることになりました。

 僕の経営している『130R YOKOHAMA』のシミュレーターで練習はしたのですが、ヤリスカップカーでの本格的な練習は、ヤリスカップ参加者向けの合同練習会が初めてでしたね。実は、その時に茉彩がクラッシュしてしまったんです。それまでは、タイムもぐんぐん良くなって、調子が良かったんですけどね。そのクラッシュがネックになっているようなので、今回はそれを克服してしっかり走り切って欲しいです」。

 予選開始10分前になると、これまで和気藹々としていた雰囲気から、途端にピリッとした空気に。茉彩さんは、応援に来ていたお母さんから飲み物を受け取って、緊張も一緒に飲み込むように、ごくりと一口。女性の筆者から見ても、茉彩さんは小柄な女性です。しかし、ヘルメットからは、お父さん譲りの意思の強そうな目が覗いています。

次ページは : 予選結果はいかに?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ