織戸学選手の次女茉彩さんが人生初のレース参戦 ヤリスカップで得たものとは?

織戸学選手の次女茉彩さんが人生初のレース参戦 ヤリスカップで得たものとは?

 「モータースポーツって、なんだか縁遠い存在」そう思っている人も多いのではないでしょうか? たとえ興味があっても、「レースに参加する」となると、さらにハードルが上がりますよね。

 そんな方でも、より気軽に楽しく参加できるワンメイクレースがスタートしました。その名も「ヤリスカップ」。レースの間口の広さも手伝って、2021年6月5日、初戦の富士スピードウェイラウンドでは、なんと91台もの車両がエントリーしました。

 今回は、そのなかでも注目の選手を追いかけることにしました。その選手の名前は、織戸茉彩(おりどまあや)さん。実は、茉彩さんは、レーシングドライバーである織戸学選手の娘さんです。

 「織戸選手の娘さんなら、もしかして小さい頃からカートとかをやっていたとか?」と思う方もいるかもしれませんが、茉彩さんは海外の高校へ通っていたので、免許を取ったのもつい最近。レースに至っては「ヤリスカップ」がゼロからのスタートです。

 織戸さんがヤリスカップを知り、茉彩さんに「こんなレースあるけど、出てみる?」と聞いてみたところ、茉彩さんは「やってみたい!」とふたつ返事で答えたところから、このチャレンジは始まりました。

文&イラスト/伊藤梓
写真/佐藤正勝

【画像ギャラリー】全41枚! モータースポーツデビューを果たした織戸茉彩さんのヤリスカップカーを見る


まずはヤリスカップを知る

ヤリスカップ専用のヤリスカップカー、織戸茉彩さんのマシンだ
ヤリスカップ専用のヤリスカップカー、織戸茉彩さんのマシンだ
ヤリスカップカーのコクピット。茉彩さんのマシンは6速MT
ヤリスカップカーのコクピット。茉彩さんのマシンは6速MT
BRIDEのフルバケットシート、ロールケージや6点式シートベルトが装着されている
BRIDEのフルバケットシート、ロールケージや6点式シートベルトが装着されている

 本題に入る前にヤリスカップとは何か説明していきましょう。ヤリスカップとは、ヤリスカップ専用の「ヤリスカップカー」を使用したワンメイクレース。出場するのに必要なのは、ヤリスカップカーと国内A級ライセンス、そしてレーシングギアだけ。大きなワンメイクレースのなかでも、気軽に始められるレースです。

 特に、ヤリスカップカーの価格が思いのほか安い! ロールケージ、専用サスペンション、6点式シートベルトなど、レースに必要な装備が最初から付いている関わらず、6MTモデルが217万1100円、CVTモデルが238万100円。

 そして、追加で揃えるのは、シートとタイヤ、ホイールだけです。さらに、ナンバーも付いているので、日々の移動や買い物でも使えるところも◎。

 個人的にいいなと思ったのは、CVTモデルも用意されていること。レース初心者で「ヒール&トゥが苦手」「シフトチェンジに気を取られて、ハンドルやペダル操作がおろそかになる」「AT免許しか持っていない」という人でも、CVTなら安心。

 「CVTって遅いんじゃないの?」と思われがちですが、カップカーのCVT制御は、サーキット走行に合わせた専用セッティングになっています。シフト操作が苦手な方はもちろん、自分のドライビングを見直すためにも、あえてCVTを選ぶのも面白いかもしれませんね。(ちなみに茉彩さんは6MT)

次ページは : ヤリスカップに参戦するきっかけは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ