レクサスを支えるSUV 新型NX登場!! 初PHEVも用意されてすげえ売れそう!!

レクサスを支えるSUV 新型NX登場!! 初PHEVも用意されてすげえ売れそう!!

 2021年6月12日、レクサスはクロスオーバーSUVの新型「NX」を発表した。日本での発売開始は2021年秋、とのことだ。

 先代NXが日本デビューしたのは2014年7月末。当時、代を追うごとに大型化したRXの代わりに、レクサスのコンパクトSUVの急先鋒として誕生したのが初代NXであった。

 この初代NXの2021年1~4月の日本での累計販売台数は2970台(300hが1845台、300が1125台)と、日本ではそれほど売れているとはいえないが、実は、2021年4月末時点で90以上の国と地域で100万台を販売するという、世界的には大ヒットしているモデルだ。

 今回のフルモデルチェンジで、大きく進化した新型NX。レクサスのコンパクトクロスオーバーSUV、新型「NX」の詳細を、お伝えしていこう。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

【画像ギャラリー】すげえ売れそう!! 新型NXの全貌をギャラリーでチェック!!


先代を引き継ぎつつ、細部をブラッシュアップ

 レクサスはNXを、RXとともに「グローバルコアモデル」としており、この2車種については、より強く世界中(特に中国、北米)へ向けて発信していきたい、という思いがレクサスにはある。

スピンドルグリルは更に大型化、下部にスリッド状の開口を設け、冷却性能が向上

 そのため、今作の新型NXには、次世代レクサスが目指している電動化ビジョン「Lexus Electrified」に沿って、レクサス初のPHEV(トヨタブランドでは、プラグインハイブリッドを「PHV」としているが、レクサスブランドでは「PHEV」と表記していくそう)を設定、ハイブリッド車とともに電動車の普及加速を狙う第一弾モデルとするという。

 ということは、次期型RX(現行型RXは2015年10月デビュー)でも、似たようなパワートレイン構成となるのは想像がつくところだ。

 新型NXのサイズは、4660×1865×1640(全長×全幅×全高ミリ)、ホイールベースは2690ミリ。先代NXよりも、20ミリ伸び、20ミリワイドに、5ミリ背が高くなり、ホイールベースも30ミリ伸び、大型化した。

 これは、現行RAV4(4600×1855×1690、ホイールベース2690)よりも、ちょっとだけ幅が広くなったサイズ感だ。もはやコンパクトSUVと言ってよいのか迷う大きさだが、国内外のライバルたちとガチンコ勝負することになる。

テールランプは左右連結した「一文字」タイプへと変更され、よりシャープな印象となった

 全体的なプロポーションは、現行NXを引き継いでいるが、細部はよりダイナミックな印象となった。さらに拡大されたスピンドルグリルや、意匠が変更されたヘッドライト周り、そして、テールライトを左右連結し、ヒップラインを持ち上げたことで、さらに「走りのクロスオーバーSUV」としての印象が強くなった。

LEDヘッドランプのなかに、L字のデイタイムランニングライトが埋め込まれた
レクサス伝統の「Lの字」テールランプを採用。ブランドマークは、従来のL字ロゴから、新たなLEXUSロゴに刷新されている

 ボディカラーは全部で9色。金属的なソニッククロムや、高彩度のセレスティアルブルー、深みのあるブレイジングカーネリアンコントラストレイヤリングなど、非常に多彩だ。

トレンドを取り入れつつ、ドライビングマインドを刺激するインテリア

 ヘッドラップディスプレイからメーターへと前後方向につながる情報表示系のレイアウトや、超大型のセンターディスプレイなど、運転中のスムーズな視線移動を実現している。

 スタートスイッチ、シフトレバー、ドライブモードセレクタなどは、ステアリング近くにレイアウトされており、姿勢を崩すことなく操作ができ、安全だ。程よくタイトなつくりとなっている運転席周りも、ドライビングマインドを刺激してくれるはずだ。

 また、昨今の欧州系高級車のように、新型NXにも64色の室内イルミネーションが採用されており、車内全体を照らしてくれる。14色が推奨カラーとしてプリセットされており、こうしたライティングコーディネートは、今後もトレンドとして続いていくだろう。

ヘッドアップディスプレイ、液晶デジタルメーター、大型ナビゲーションモニタが、運転中の視線移動を極力減らすように配置されている
14インチワイドタッチディスプレイを採用。コマンドコントローラーで操作するのではなく、直感的に操作ができるようにした
シフトレバーはコンパクト。その他のスイッチ類も極力シンプルにして、無駄なデザインを省いた
高級感に溢れたフロントシート
後席はサイドウィンドウが広く、採光が良い

次ページは : PHEVのほか、なんと新開発ターボも