スバリスト大歓喜!!! スバルBRZが悲願のGT300チャンピオン獲得


 2021年11月28日に開催されたスーパーGT最終戦(富士スピードウェイ)は真冬の気温も相まってコースレコードを予選で更新するマシンも多く、かなりの好レースとなった。

 なかでもGT300に挑み続けた61号車スバルBRZがついについにシリーズチャンピオンを決めた。これまでの長年のチャレンジを振り返りつつ、スバル、そしてSTIの快挙を速報版にてお届けしよう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:SPJ-JS、塩川雅人(ベストカー)、STI
※レース結果は11月28日15:30現在の暫定結果です

【画像ギャラリー】AWDで格上を食ったってマジ!? スバルのGT参戦の歴史を振り返る(7枚)画像ギャラリー

■挑んで、挑んで、挑んだ歴史

かつてはインプレッサでの戦いも記憶に新しい

 スバルといえば世界ラリー選手権(WRC)や全日本ラリー選手権などのラリー競技のイメージが強いかもしれないが、実はスーパーGTにも長年参戦を続けている。

 振り返ればスーパーGTにスバルはユニークなマシンで参戦をしてきた。もちろん心臓はボクサーエンジンのEJ20。しかし駆動方式は現在はFRだがかつてはAWDでの参戦もあった。

 なかでも2008年のクスコインプレッサはモータースポーツファンには脳裏に刻まれているのではないだろうか。AWDで参戦しレインのレースでは「GT400」と呼ばれるほど圧倒的な速さで勝利を記録するなど、スバルは市販車に直結するマシンの開発を続けてきた。

 2009年からはレガシィB4、2012年からはBRZでスーパーGTに挑んできたスバル。2021年には市販車のBRZのモデルチェンジにあわせてGTマシンのボディも新型BRZに変更した。

レガシィB4も低重心を生かした走りでBRZ登場までのスバルのスーパーGT参戦を支えた

 スバル初のスーパーGTチャンピオンに向けて、2021年はチーム全体が並々ならぬ気合の入れ方だった。ドライバーは井口卓人、山内英輝の2015年からのコンビ。若手コンビと呼ばれた結成時から早6年。それぞれ33歳とドライバーとしても脂がのっているふたりの走りのキレはご存知のとおりだ。

 マシンはボディこそ新型になったが「中身」のエンジンやシャシーなどはこれまでスバルがじっくりと熟成させてきたものだ。エンジンは名機EJ20を使用しているのも特筆すべき点だろう。

 これまでWRCやニュルブルクリンク24時間レースで栄光をつかんできた名機EJ20だが、もちろん毎年開発が行われ進化は続いている。まさに「温故知新」なマシン開発を続けるスバル、そしてSTIの意地を見せつける場としてもスーパーGTは機能してきたように思う。

■「壊れない」を守り通した2021シーズン

最後まで白熱した戦いを続けた61号車。ひとつずつ階段を登っていく姿にファンは歓喜し、涙したはずだ(PHOTO:塩川雅人)

 誤解を恐れずに言えば、GT300仕様のBRZはトラブルに見舞われる印象が多い。予選はよかったのに、決勝でのトラブルで……幾度となくファンはガッカリしたことがあるはずだ。

 しかし2021シーズンの新型BRZのデビューから、まるで自身にプレッシャーをかけ続けるように「チャンピオン」という言葉が関係者からはシーズン序盤から聞こえてきた。

 その決意どおりに今シーズンはトラブルに見舞われることがほとんどなく、最終戦まで着実にポイントを積み重ね、シーズントップのまま最終戦を迎えた。

 最終戦はポールポジションを獲得したBRZは決勝スタートから順調にトップを快走。後続とのリードを広げていたもののセーフティカーの導入などでそのマージンは消滅する。

序盤は同じくJAF-GTとなるスープラを引き連れてのレースとなった。写真2台目の60号車が最終戦の勝者となった(PHOTO:塩川雅人)

 さらにシリーズ2位につけていた56号車日産自動車大学校GT-Rは予選17番手と後方からのスタートだったにもかかわらず、藤波清斗の怒涛の追い上げで気が付けば8位前後までポジションアップ。ついにはピットイン後の順位は4位に61号車、5位に56号車という展開になった。

 その後も2台のジリジリとしたレースの駆け引きは最後まで続いたが、61号車は残り2周で3位にまで順位を上げそのままフィニッシュ。ついに悲願となるシリーズチャンピオンを決めた。

 この劇的な優勝はスバルファンならずとも、モータースポーツファンにとっていつまでも記憶に残るレースになるはず。スバルさん、せっかくだからBRZの「GT300チャンピオン記念車」作りませんか!?

小澤正弘監督(中央)と熱い抱擁をかわす井口選手(左)と山内選手(右)。頑張った!! 初戴冠おめでとうございます(PHOTO:SPJ-JS)