世界最高峰ラリーの参戦費用は!? WRCドイツに国沢光宏が参戦!

トヨタが2017年に復帰し、ヤリス(日本名:ヴィッツ)で参戦しているラリー競技の最高峰、WRC(世界ラリー選手権)。その第9戦ドイチェランドが、いよいよ8月16日から開催される。

そして、同大会にはトヨタだけでなく、日本人自動車ジャーナリストの国沢光宏氏も参戦! WRCはマシン性能によってクラスが分かれ、総合優勝はトヨタ、ヒュンダイなどが最上位の「WRカー」で争うが、その下位に位置するクラスに、国沢氏はフォード・フィエスタでエントリーする。

日本での開催も現実味を帯びてきたWRC。その世界最高峰の舞台に、なんと約400万円で参戦できる!?

文:国沢光宏、ベストカーWeb編集部


1Lターボで180馬力のフィエスタで参戦!

日本撤退前まで販売されていたフィエスタも1Lターボエンジンを搭載していたが、最高出力はそれを上回る180馬力! 全長約4mで車重は1000kg足らずというスペックだけみても韋駄天ぶりは想像できる

今回、私が走らせるフィエスタ R2は、ヴィッツ級のボディに1L、180馬力の3気筒ターボを搭載したモデル(換算排気量1600㏄)。

もちろん、ドグミッションを採用した本格的なラリーカーで、サーキットで行うレースならF3のような若手の登竜門クラスなのだった。ローブやオジェ(ともにWRCチャンピオン)も、私が走らせるマシンで争われるJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)でチャンピオンになったことがある。

なぜWRCなのか? 人間の原点は古今東西「踊る阿呆より見る阿呆。同じ阿呆なら踊らな損々」だと思う。WRCが日本に戻ってくる可能性が大きくなってきた。見に行こうと思っている人も多いんじゃなかろうか。

確かにWRCを見ると魂を持っていかれます。どんなスポーツでも当てはまることながら、同じ競技であっても“凄さ”が違うとまったく印象違う。

世界最高カテゴリーって誰が見ても輝いてる。車に興味ない人だってWRCを間近で見たら素直に感動します。

しかし! 何度も見ていると出場したくなってしまうのだった。WRCには過去2回半出場している。北海道(ラリー・ジャパン)が2回に、MIRAIで前走車として走ったドイツだ。いずれも見るよりずっとWRCを味わえた次第。

ということで日本にWRCが戻ってきたらぜひ出場したいのだけれど、今のレギュレーションだと、出場できる車がない。何とか出られる方法を探ったら、ヨーロッパではレンタルで出場する人も多いと聞いた。調べてみたら「なるほど!」。

WRCの気になる参戦費用は!?

国沢氏と前回2015年にWRCドイツを前走者として走ったMIRAI。3年越しのWRCドイツ参戦は、初の競技エントリーという形となった

ラリーカーレンタルのウェブサイトがあり、探すと多数出てくる。最後の目標はWRカーの下の『R5※』ながら、まだ「上がり」たくないので、まず『R2』か『R3』を考えた次第。

そこで片っ端から出走条件(金額)を問い合わせるメール送ってみた。そのなかで残ったのは『2B Rally』というチェコにあるルノースポールの代理店。ルノー・クリオのR3Tを車両のほか、サービス体制、保険、タイヤ、ガソリンなどすべて込みで約320万円。

ラリーのエントリー費と交通費+滞在費を100万円乗せても420万円あればなんとかなる。この年齢になれば大病など不運を一発食らったら出て行く金額だ。60年間無事に過ごせたお祝いとして考えれば充分納得できます。

ココに決めようとしていたら、WRCプロモーターのマークさんから連絡あり「フォードMスポーツのメディア割引なんかどう?」。話を聞いてみたら、クリオより下のR2クラスながら、50万円くらい安い。なによりWRC好きなら「Mスポーツ」という名前を聞いて断る勇気などなし!

そんなことから、WRCの若手登竜門である『JWRC』(ジュニアWRC)用のクルマ(フィエスタ R2)に乗ることとなった。

もちろん年齢的にJWRCの対象外(※参戦条件は29歳以下)ながら、ラリー映画見て出場したくなった若手にとって参考になると思う。

しかも日本で開催されるWRCに車両を持ってくることだって可能。日本までの運賃なんて往復60万円程度。出ると決まったらスポンサー募集中です。

※FIAが定めるグループRという車両規定のひとつ。R1からR5まであり、それぞれエンジン排気量、2WD/4WDの駆動方式などが異なる。R5はこのなかで最もパフォーマンスが高い規定

【国沢光宏/ベストカー 2018年7月10日号】

◆  ◆  ◆

 ラリーの世界最高峰、WRCの2018年シーズンは、トヨタが復帰2年目のシーズンを戦っている。シリーズ全13戦のうち、WRCドイツは9戦目。

今季、トヨタはアルゼンチンとフィンランドで優勝し、ここまで2勝(ともにドライバーはオット・タナック)。ドライバーズランキングはタナックが3位、またマニュファクチャラーランキングでもヒュンダイ、Mスポーツ・フォードに次ぎ、トヨタは3位に付けている。

8月16日(木)に競技初日を迎え、19日(日)の最終日まで4日間、18ステージの総合タイムで順位が決まるWRCドイツ。国沢氏の挑戦など結果はベストカーWebでレポートする。

【編集部】

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ