振り返ればヤツはいる!! オートポリスで魅せた平川亮のいぶし銀のオーバーテイクショー

振り返ればヤツはいる!! オートポリスで魅せた平川亮のいぶし銀のオーバーテイクショー

 それはオープニングラップ、クラッシュでカメラが切り替わった隙に、あっという間に起きた出来事だった。8番手スタートのチームインパル、平川亮が5台抜きの離れ業をやってのけたのだ。

 スタート直後といえば、後ろから迫るライバルを牽制しつつ、少しでも空いたスペースを探して鼻先を入れるタイミングをうかがうという難しい時間。

 そのタイミングを制した平川が見事に優勝を飾ったスーパーフォーミュラ2022第4戦をレポート!

文/段 純恵、写真/TOYOTA GAZOO Racing、HONDA

【画像ギャラリー】スーパーフォーミュラ2022第4戦は華麗なる5台抜きを見せた平川亮が優勝!!(10枚)画像ギャラリー

■まるでマラドーナ!? 5台抜きの離れ業を見せた平川亮

スーパーフォーミュラ2022第4戦、オートポリスで怒涛の5台抜きを見せて優勝を飾った平川亮(インパル)

 予選8番手からスタートした平川亮(28、インパル)の黒いマシンが3番手となってオープニングラップの最終コーナーに現れたとき、誰もが「いつの間に?」と目をシロクロさせた。

 スタート直後の1コーナーで平川が二つポジションを上げたことはモニターでも確認できたが、その後発生したクラッシュシーンにテレビカメラが切り替わったため、黒いマシンがさらにポジションを上げる様子を逐一確認することはできなかった。

 スーパーフォーミュラ(SF)が今後さらに増やして世間にアピールしようとしている追い抜きシーン、それも滅多に見られない5台抜きの離れ業が映し出されなかったことは実に残念だが、やってのけた当の平川はというと、狙い以上の追い抜きの成功が大逆転勝利の最大の要因としつつ「うまく決まってよかった」と落ち着いたものだった。

 スタート直後の位置取りといえば、とかくマシンを左右に振って自分に迫るライバルの動きを牽制することになりがちだ。

 前後左右にいるマシンの動きを瞬時に判断し、素早く反応しながら空いている場所へぐいぐいマシンを進めてポジションを上げられるドライバーとなると、国内では平川をはじめ速さと経験をあわせもつ数名だろうか。

 その一人のディフェンディング王者、野尻智紀(32、無限)は、予選で14年ぶりの快挙となる3戦連続ポールポジション獲得の速さを発揮。

 しかし、決勝でのラップタイムは平川、そしてタイヤ交換を遅らせる作戦を成功させて2位となったサッシャ・フェネストラズ(23、KONDO)、同じ作戦を成功させてSF参戦3戦目で初表彰台にあがったルーキーの三宅淳詞(23、チームGOH)にも遅れをとることとなった。

 勝負強さでは人後に落ちない野尻だが「平川選手に対抗できるだけの力強さはなかった」と振り返ったくらいだから、たとえタイヤ交換をレース後半まで引っ張れたとしても優勝を狙うのは厳しかっただろう。

■玄人はだしのタイヤ使いを見せた若手ドライバーたち

タイヤ交換を遅らせる作戦が功を奏し2位となったサッシャ・フェネストラズ(KONDO)

 それにしても二人の若手ドライバー、フェネストラズと三宅のタイヤ使いには舌を巻いた。

 オートポリスといえばSF開催地のなかでもとりわけタイヤに厳しいコースだが、路面温度が45度近いドライコンディションで、前を追いかけ後ろから逃げ、タイヤをいたわりながら安定したタイムを刻む技は、ベテランとされるドライバーでも誰もが身につけているものではない。

 加えて最小限もしくはノーミスの走りができるとなると、平川や野尻のように、経験の深さとそこから得た知識を走りに活かすセンスも必要になってくる。

 三宅は2018年に鈴鹿のレーシングスクールを首席で卒業。2019年にはFIAーF4に参戦し1勝を挙げてランキング2位になったが、翌2020年フォーミュラレースに三宅のシートはなかった。

 スーパーGT300クラスでトヨタのマシンを駆って実績を積み、昨年はSF直下のスーパーフォーミュラライツ(SFL)にも参戦。雨のレースで2勝しランキング4位となったが、三宅の今季SFへのステップアップが正式に決定したのは、開幕の準備ギリギリの2月に入ってからだ。

 SFL時代そして現在もSGTで三宅を擁するチームの田中哲也監督も「この逸材がSFに上がれないとしたら、それは何かがおかしい」と三宅のステップアップを後押ししていたが、もしチームGOHがチーム無限からの分離独立せず2台体制でもなければ、この非凡な才能の走りをSFで見ることはなかったかもしれない。

 しかし幸いなことに、三宅はSFではホンダ系、SGTではトヨタ系のドライバーとして両メーカーの「選手紹介」欄に登場する希有な存在となった。

次ページは : ■モータースポーツにおける若手育成