新型プリウス掴んだ!!! トヨタのエースが革新的変化で2023年春登場

新型プリウス掴んだ!!! トヨタのエースが革新的変化で2023年春登場

 5月31日配信のスクープ「新型クラウン最新情報!!! 発表秒読みでもまだ未確定情報多数!! わかってること全部出します!!」は混迷極まるクラウンの3つのトピックを解説したが、同時に、これもトヨタの重要モデル、プリウスの最新情報が入ってきた。

 デビューは2023年春、ボディはファミリーハッチバックからスポーティな4ドアクーペへと進化し、燃費も走りも大幅に進化すという。その中身を詳報!

※本稿は2022年5月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】現行型ともじっくり比較! 次期型プリウスの予想CGをギャラリーでチェック!!!(14枚)画像ギャラリー

■デビューは2023年春! 気になる燃費はどうなる?

 ベストカーでは次期プリウスのスタイリングに関する確定的な情報を入手。

 それを再現したのがここに掲載しているCGで、超スタイリッシュなクーペデザインに生まれ変わることがわかる。

 ある程度居住性が犠牲になることは織り込みずみの大胆な変化で、プリウスはファミリーハッチバックからスポーティな4ドアクーペに華麗なる転身を遂げる。

ワンモーションに近い未来的なフォルムに生まれ変わるトヨタの次期プリウス。居住性が少々犠牲になってもスポーティでスタイリッシュなデザインを優先する。それがこれからのプリウスが生きる道なのだ(画像はベストカー編集部による予想CG)
ワンモーションに近い未来的なフォルムに生まれ変わるトヨタの次期プリウス。居住性が少々犠牲になってもスポーティでスタイリッシュなデザインを優先する。それがこれからのプリウスが生きる道なのだ(画像はベストカー編集部による予想CG)

 それは同時に、プリウスそのものの立ち位置が変化するということでもある。

 トヨタにしてみれば、実用性を重視したクルマはSUVに任せ、従来のセダンやハッチバック車は今後スポーツモデルに特化させるということだろうか。そこに存在意義を見出しているように思える。

 とはいえ、プリウスにとって燃費性能の高さは譲れない部分。

 現行モデルはWLTCモード燃費が27.2~32.1km/L(FF車)となっているが、もちろん、そこは超えるのが至上命題だ。

 パワーユニットは直列4気筒の1.8Lハイブリッドで、それだけなら現行型と同じだが、ハイブリッドシステムが新しいタイプに切り替わる。

 社内では「第5世代のハイブリッドシステム」と呼ばれているもので、新開発のリチウムイオンバッテリーをはじめ、すべての電動モジュールを刷新する。

 新型ノア/ヴォクシーに初搭載されたシステムで、登場時期の関係からプリウスは第2弾となるが、ノア/ヴォクシーでは燃費性能が23%アップしたとされており、単純計算で当てはめると、次期プリウスのWLTCモードは35.3~39.4km/Lとなる。

 ここまでくれば40km/L以上を表示するのは確実だろう。

次ページは : ■走りも大幅に進化 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!