金メダリストが商用バン・サクシードに乗ってラリーチャレンジで爆走!!!!

金メダリストが商用バン・サクシードに乗ってラリーチャレンジで爆走!!!!

 昨年(2021年)、ハイエースがラリーに参戦して注目を集めたが、今年はサクシードが爆走する!

「エムリット・サクシード」は、哀川翔さんのラリーチームとして知られる「FLEX SHOW AIKAWA Racing」から、2022年7月2~3日に群馬県で開催されるラリーチャレンジ渋川伊香保に参戦する。ドライバーを務めるのはなんと、長野冬季オリンピックの金メダリスト、清水宏保さんというから、面白い!

文/ベストカーWeb編集部、写真/成田颯一

【画像ギャラリー】営業車として最適なのだからラリーでも最強…なのか??? サクシードラリー仕様の雄姿(12枚)画像ギャラリー

「自分を信じて走るスタイル」

美浜サーキットで縁石に乗り上げながら、コーナーを攻める清水氏の乗るエムリット・サクシード
美浜サーキットで縁石に乗り上げながら、コーナーを攻める清水氏の乗るエムリット・サクシード

 スピードスケートでオリンピック金メダルを獲得した清水宏保氏は、大のクルマ好きとして知られ、ヴィッツレースや86レースに参戦経験があり、昨年のラリーチャレンジ渋川伊香保戦でラリーデビュー。レースのような、相手との駆け引きよりも自分を信じて走るラリーのスタイルのほうがスケート同様、性にあっているのか、「ドはまりしました」と清水氏は語る。

 愛知県の美浜サーキットで行われたシェイクダウンには札幌の自宅を朝出発し、セントレアに降り立ち、夕方の便でとんぼ返りという強行日程で臨んだが、「興奮して疲れなんてありません!」と楽しそう。

 白いボディにたくさんのステッカーが貼られたサクシードは1.5LのCVT。見た目はほとんどノーマルで、2人乗りとなり、レカロのフルバケットにロールバーが組み込まれた室内は強烈なほどスパルタン!

 そのほかブリッツのダンパーとオクヤマのストラットタワーバー、クリムソンのアルミホイールとADVANの競技用タイヤA036を装着している点が主な変更点。マフラーはノーマルで、これから変更予定だという。

 清水氏は「とにかく余計なものがついていなくて軽いため、アクセルレスポンスがいいんですよ。荷重移動がまだうまくいかず、コーナーでロスすることもありましたが、セッティングが決まってきた後半は、手応えみたいなものを感じました。よくぶっ飛ばしているプロボックスやサクシードを見かけますが、急いでいるだけじゃなくて、運転していて楽しいんですよ。もちろんスピード違反はいけませんよ!」とうれしそうに語る。

 調べてみると車重は1090kgで最高出力109psと、パワーウェイトレシオはちょうど10㎏/psと商用車にしては数字が小さい。

『イニシャルD』の舞台にもなった渋川伊香保の地で商用車最速伝説を作りたいと意気込む清水氏
『イニシャルD』の舞台にもなった渋川伊香保の地で商用車最速伝説を作りたいと意気込む清水氏

次ページは : 絶版車サクシードをあえて選んだわけ?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ