新型プラドにも好影響!? ダカールラリーでハイラックス連覇の快挙……そこに隠れるトヨタの「もっといいクルマづくり」

新型プラドにも好影響!? ダカールラリーでハイラックス連覇の快挙……そこに隠れるトヨタの「もっといいクルマづくり」

 16日間、8500kmを競うダカールラリーが閉幕した。世界一過酷なラリーとしても知られるダカールラリー。2023年はサウジアラビアで開催され、トヨタが日本勢としては多くの功績を収めた。市販車開発にも大きな影響を与えるダカールラリーを振り返る!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ

■圧倒的なハイラックスの性能と進化

史上最強のハイラックス「T1+」。時には100mレベルの高さの砂壁を登りきる
史上最強のハイラックス「T1+」。時には100mレベルの高さの砂壁を登りきる

 2023年はTOYOTA GAZOO Racingから3台のGRダカールハイラックスT1+がワークスとして出場。ナッサー・アル-アティヤ/マシュー・ボーメル組が昨年大会に引き続き2連覇と偉業を達成した。

 アル-アティヤ/ボーメル組はステージ3で首位に立ったあとは、一度もその座を譲ることなく、2位に1時間以上の差をつけての優勝を達成。ベテランのジニエル・ド・ヴィリエール/デニス・マーフィ組が4位、ダカールラリー3度目の挑戦であるヘンク・ラテガン/ブレット・カミングス組が5位フィニッシュとなった。

ダカールというと砂漠というイメージが多いが岩場などもステージにある
ダカールというと砂漠というイメージが多いが岩場などもステージにある

 3台そろっての上位入賞はやはりハイラックスの勝負強さを見せつけたところ。ダカールラリーに使われるハイラックスは「T1+」と呼ばれるモデル。心臓に3.5LのV6ツインターボを搭載。これはランクル300と同様のエンジンとなる。

 2022年にデビューした「T1+」は2シーズン目を迎えてさらなるブラッシュアップが加えられている。これが意味するものはハイラックスを鍛え、そしてランクル300の心臓を鍛えるということ。

 8500kmのとてつもない酷路で全開で走り続けるダカールラリーを走り切ることはハード面での開発にも大きな成果になるし、ソフト面でも「ダカールラリーで鍛えた」という称号は世界的に大きな実績になることも忘れてはならない。

■ランクル開発ドライバーがダカールに挑む意義

トヨタオートボデーのランクル300。市販車に近いクラスで出場している
トヨタオートボデーのランクル300。市販車に近いクラスで出場している

 今回のダカールラリーにはトヨタボデー(トヨタ車体)から2台のランクル300が出場し、市販車部門で10連覇を達成した。日本人ではトヨタ車体の社員でもある三浦昴選手が参戦しており、三浦選手は市販車のランクルを開発するドライバーでもある。

 今回は三浦選手の駆る246号車は第1ステージでの横転という大きなアクシデントもあったが、メカニックたちの修復により修理をして再始動。見事2位完走をしている。横転後に三浦選手は後半戦の展望をトヨタに向けて下記のようなメッセージを送ったという。

市販車部門V10を達成したトヨタ車体。ランクル80から続く勝利をランクル300に繋げた
市販車部門V10を達成したトヨタ車体。ランクル80から続く勝利をランクル300に繋げた

=========

 ランクルはどこへでも行き、そして、帰って来られるクルマ……、まさに“そんなランクル”に助けられた前半戦でした。今年のダカールは本当に厳しく、全てが順調に進んでいるわけではありませんが、そんなラリーだからこそ、ランクル300を鍛えるためにふさわしい舞台になっていると思います。

 後半戦まだまだ難しいステージがありますが、ここまで来たら“とことん難しいステージ来い!”と思っています。

 そんなステージこそ、ランクル300のポテンシャルを発揮するチャンスだと僕たちは信じていますので、後半戦、改めて集中して挑みたいと思います。

=========

次ページは : ■豊田社長のコメントがランクル/ハイラックスユーザーには誇らしい!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ