世界よ聞け!! これが水素の咆哮よ……モリゾウさんがル・マンに刻んだ水素エンジンカローラの意義ある1周

■「水素エンジンでレースを!」 と提案した小林可夢偉選手も感慨深げ 

水素エンジンカローラでレースをやりましょうと提案した小林可夢偉選手(右)も感慨深げだった
水素エンジンカローラでレースをやりましょうと提案した小林可夢偉選手(右)も感慨深げだった

 水素エンジンでレースをやり、アジャイルな開発をすることでその可能性を探っていこうと提案したのは小林可夢偉選手。

 世界のサーキットを走り、それぞれのレースの重みやファンの受け止めを知る小林選手にとって、ル・マンを走ることの意味を誰よりも知っているはず。

 ドライバーとしてスーパー耐久で水素エンジンカローラに乗り、このプロジェクトを牽引してくれたモリゾウさんへの感謝を口にするとともに、「モリゾウさんひとりに頼るのではなく、みんながひとりひとり考え、レース活動をしていかないといけないと思います」と話してくれた。

BEVやFCVとの違いはサウンドがあること。モリゾウさんはあえて空吹かしして観衆にアピールした
BEVやFCVとの違いはサウンドがあること。モリゾウさんはあえて空吹かしして観衆にアピールした

 100周年を迎えたル・マンにとって、次の100年はカーボンニュートラルに貢献しつつ、どうしたら魅力的なレースをファンに見せていけるかという課題を抱えてのスタートとなる。たった1周だったが、水素エンジンカローラがル・マンに刻んだものは小さくないものだったはず。

 モリゾウさんはゴールを見ることなく、土曜日の夜にル・マンを後にし、帰国した。

FIAのスライエム会長もモリゾウさんのもとを訪れ“偉業”を称えた
FIAのスライエム会長もモリゾウさんのもとを訪れ“偉業”を称えた
【画像ギャラリー】世界に見せつける水素エンジン!! 次の100年に向けたワンラップ(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!