絶好調シエンタ新型へチェンジで狙えミニバントップの座!!

■「顔」の変更と2列シートが登場

 2018年1〜6月の車名別累計販売台数で、1位セレナ(56,095台)、2位ヴィクシー(47,702台)に続く、日本で3番目に売れているミニバン、トヨタ・シエンタ(45,417台)が、この9月11日、マイナーチェンジを発表、同日より発売した。

新型シエンタ。新設定された5人乗りの「FUNBASE G(2列シート車)」というグレード。お値段234万360円。1.5Lガソリン+モーターのハイブリッド車です

こちらはマイチェン前のシエンタ。グリル回りが大きく変わっているのがわかると思います

 今回のシエンタ、大きな改良点は「フロントマスクの変更」と「2列シート車(5人乗り)の新設定」。

【外観デザイン変更】
 フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤランプ、ホイールキャップの意匠を変更。外板色にツートン全6色を新設定。モノトーンは新規設定色ベージュなどを含む全10色を設定。

こちらリアスタイル。5人乗りでも7人乗りでも全長4260×全幅1695×全高1675mmは変わりません。CMタレントは渡辺直美さん

【2列シート車を新設定】
 2列目シートを倒すことで、フラットで最大荷室長2065mmの大容量ラゲージを実現し。26インチのマウンテンバイク2台の積載や、車中泊なども可能になった。デッキサイド両側には、ユーティリティホールが9個ずつ装備。

「3列シート車を買ったものの、3列目は畳っぱなしで使ってない」という人は多いのではないでしょうか。そういう人には2列シート5人乗りをどうぞ

【安全装備も充実】
 アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を新設定。

 歩行者(昼間)検知機能を追加した、Toyota Safety Senseを設定。

 車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターをオプション設定。

【快適機能も追加】

 パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作)を新設定。パワースライドドアのクローズ中に施錠操作を行うと、クローズ後の施錠を予約できる。

 後席への荷物の置き忘れを通知する、リヤシートリマインダーを日本初採用。後席ドアの開閉でシステムが作動し、走行後、車両を停車しイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示される。

 車両本体価格は177万6600円〜253万2600円。トヨタ全店扱いで、月販目標はかなり強気な7600台。

 それだけトヨタも自信のあるマイチェンだということで、しばらくしたら街中で多く見かけることになりそう。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ