ホンダ新型シャトル先行公開!! 地味だけどキラリと光る名門車

■いまや数少ないコンパクトワゴンの雄

ホンダは2019年3月21日、5ナンバーワゴン「シャトル」のマイナーチェンジモデルを今年5月10日に発売する、と発表。同時に公式写真を数点公開した。

内外装の変更…ということだが、ぱっと見は現行型とあまり違いはなさそう(とはいえホンダは、細かい改良を積み重ねるのがすごく得意なので、今回も使い勝手等はめちゃくちゃ上がっていると予想する)

シャトルはフィットをベースにしたコンパクトクラスの5人乗りワゴンで、ホンダ得意のセンタータンクレイアウトによる広い室内スペースと、多彩なシートアレンジが特徴。レバーを引くだけの簡単操作で後席を前に折りたたむと、最長184cmのフラットな荷室空間が生まれる。

今回のマイチェンの詳細はまだ発表されていないが、内外装の変更を中心に実施するもよう。

シャトルは2015年5月に現行型が発表され(先代までは「フィットシャトル」という車名だった)、ちょうど丸4年でのマイチェンとなる。

こちらはリアスタイル。カローラフィールダーも次期型からは3ナンバーになることが決まっており、5ナンバーのコンパクトなワゴンは貴重な存在となる

ホンダは今年、(シャトルのベース車である)フィットのフルモデルチェンジを計画しており、シャトルの次期型もこの新型フィットがベースになるはず。今回のマイチェンで化粧直しをして、モデル末期を乗り越える戦略だろう。

今回の発表にともない、ホンダは新型シャトルのティザーサイトを公開。

以後、5月10日の正式発表を前に、順次新型の情報を上記サイトにて公開していく予定だとか。

まずはデビューを楽しみに待ちたい。

内装も発表。室内の広さや遮音性の高さ、インパネの使い勝手のよさなどはホンダの得意技

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ