次期アクア2021年登場か!? 最新開発情報入手!! 車体が巨大化する可能性あり?? 


 トヨタは新型ヤリス(旧名ヴィッツ)を公開し2020年2月から販売する。ヴィッツがヤリスとなり一新されたのに対し、アクアは次期モデルが存在せず、現行モデルのみを売り切って生産中止となる、という噂も出ていた。

 しかし、ベストカーWeb編集部では新型ヤリスの公開時に、トヨタの開発者から次期アクアの状況について、『現在開発中です』という前向きな証言を得た。

 そう、次期アクアは存在するのだ。そこで販売現場に強いパイプを持つ遠藤徹氏に販売現場から次期アクアについての最新情報を探ってもらった。

文:遠藤徹/写真:TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタアクアの進化の系譜


ベースとなるのは新型ヤリス

新型ヤリスは全長3940×全幅1695×全高1500mmとヴィッツと比べると全長が5mm短くなっただけだが、ホイールベースは40mm延長の2550mm

 トヨタのコンパクトクラスにおけるフルモデルチェンジパターンから予想すると、アクアの世代交代は2020年12月発表で発売は2021年2月頃となる。つまりヴィッツの後継モデルである「ヤリス」のちょうど1年後となる。

 2021年2月の発表、発売になることもあり得る。というのもヤリスの発表、発売が離れ、変則的なスケジュールになっているのは第46回東京モーターショー開催が関係しているからだ。2020年は同ショーを開催しないので発表、発売が同日になる可能性がある。

アクアはトヨタの新世代プラットフォームであるTNGAを採用したヤリスがベースとなるので走りのポテンシャル、乗り味、質感は現行を凌駕するのは間違いない

 次期型アクアは当然のことながら、新型ヤリスと同じ「TNGA」プラットフォームでパワートレインも新開発の3気筒1.5L直噴の2モーターリチウムイオンバッテリーを移植する。

 燃費もFFの最良値がJC08モードで44.0km/L、WLTCモードで35.8km/Lとヤリス並みに空前の低燃費を実現させる見込みだ。

新型ヤリスのハイブリッドには新世代の1.5L、直3DOHCのダイナミックフォースエンジンが組み合わされハイブリッドシステムも一新される。これにより世界最高レベルの燃費を実現。このハイブリッドシステムと同じものが次期アクアにも搭載されることになる

新型ヤリスとモロに競合

 ただコンセプトは若干路線変更される可能性がある。現行アクアはこれまでトヨタ全系列店併売でヴィッツはネッツ店の専売だったから、同じハイブリッドで両モデルが競合しても差し支えなかった。

 ところが新型ヤリスになると東京以外の他地域については2020年4月まではネッツ店の専売だが、2020年5月から全国規模でアクアと同じ全系列店扱いになる。これだと次期型アクアは新型ヤリスとの競合を避ける必要が生じてくる。

 これまでのヴィッツはガソリン車がベーシックコンパクトカー志向で小回りが利き、室内が広く、タウンカー的な要素が強く、女性ユーザーが比較的多く愛用していた。

 これに対してハイブリッド車は低燃費だが、価格がガソリン車より40万~50万円高いため、相応の所得が多めの若い男性の販売比率が高い。この差別化は後継モデルの新型ヤリスも同様といえる。

次ページは : 新型ヤリスとの差別化がカギ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ