【次期ヴェゼルは2021年登場へ!!】新型フィット発売で動き出す派生車の今後

 いよいよ2月14日発売。ホンダの旗艦「新型フィット」のデビューで、人気SUV「ヴェゼル」など派生モデルの新型も、発売に向けた動きが加速!!

 ホンダは、人気コンパクトカーのフィットをモデルチェンジして2020年2月14日に発売。新型はハイブリッドの刷新を始め大幅に進化し、2008年以来となる販売台数No.1奪還を目指す。

 そうなると気になるのはフィットをベースとする“派生モデル”の動きだ。過去を振り返ると、2013年9月のフィット発売から約3か月後の同年12月に、早くもヴェゼルが発売。

 さらに、グレイスは2014年12月、シャトルは2015年5月に、それぞれ発売されている。

 ホンダ渾身の“新型フィットファミリー”は、いつ新型へと刷新されるのか? 現時点での最新情報を、販売現場に詳しい遠藤徹氏が解説する。

文:遠藤徹
写真/CG:ベストカー編集部、HONDA

【画像ギャラリー】間もなく発売!? 新旧フィット&派生モデルを詳しく見る!!


新型ヴェゼルは2021年明けの登場を販売店に通達!

新型ヴェゼルの予想CG。好評だった現行モデルに引き続き、クーペルックな基本デザインを踏襲しつつ、よりスポーティなデザインに一新される見込み

 ホンダがこのほど傘下ホンダカーズ店に伝えた2020年度(2020年4月~2021年3月)の主な新型車の投入内容は、2020年秋に軽自動車「N-ONE」のフルモデルチェンジはじめ、同じころN-BOXとオデッセイのビッグマイナーチェンジ、2021年初めにヴェゼルのフルモデルチェンジとなっている。

 したがってヴェゼルの次世代モデルは確実に存在するといえる。グレイス、シャトルも然りであり、各モデルの世代交代はグレイスが2021年7月、シャトルは2022年5月あたりになると思われる。

 ヴェゼルの現行モデル登場は、2013年12月19日だったから約7年ぶりの世代交代となる。
 新型フィットのファミリーモデルであるから、プラットフォーム、エンジンなど基本コンポーネントはかなり流用部分が多い。

 現行モデルの人気が高いので、全体的な仕立てはキープコンセプトで進化させる。直線と曲面を融合させたクーペテイストのボディシェルデザインは引き継がれる見込み。

 フロントマスクは、横長6角タイプのグリルの上部にメッキ板を走らせ、異形2灯式ヘッドランプを配したデザインはCR-Vを想わせる顔立ちとなりそう。

2018年8月、2年ぶりに日本市場“復活”となったCR-V。新型ヴェゼルも同車に近い意匠となり、ややスポーティ感を強めたフロントデザインになるという

 現行シリーズのボディサイズは全長が4340mm、全幅1790mm、全高1605mm。新型は全高をやや引き下げ、ライバル他車のように1600mmを切るレイアウトで仕立てるはず。最低地上高の185mmはラフロードでの走破性の良さを配慮し継承される。

 パワーユニットは1.5L・NAガソリン、同ハイブリッド、同ターボを搭載する。ハイブリッドは、当然のことながら新型フィットのように従来の1モーター&2クラッチ方式から2モーター方式に切り替えられる。

 これによって低燃費&高性能の両立をさらに高次元での両立へ進化させる。現行ヴェゼルは2WDと4WDをラインアップさせているが、実際の販売構成比は2WDが70%と高率となっている。

 次期型では4WD比率のアップとシリーズトータルの販売台数を引き上げ、同クラスコンパクトカーのトップセラーを確固たるものにしたい願いがある。このため別バージョンとしてワイルド感のある4WD中心モデルの設定で対応する可能性がある。

 こちらは全高を1700mm近辺に引き上げ、室内の居住空間を広くとり、オーソドックスなエクステリアデザインだが、よりレジャービークル志向を強めた仕立てとする。

 パワーユニットは標準バージョンと同じだが、1.5Lターボ比率を高めることを目指すものと思われる。

グレイス&シャトルも新型フィットベースで大幅進化!!

2019年11月にタイで発表された新型シティ。グレイスの海外名はシティとなっており、新型も基本的にはこのシティを踏襲することが確定的だ

 次期型グレイス&シャトルは、新型フィットの4ドアセダン&ステーションワゴンバージョンであり、プラットフォーム、パワーユニット、駆動系、トランスミッション、足回りなどが多くを共用している。

 ボディパネルは4枚ドアも同じと考えてよい。ただ、ホイールベースはフィットとシャトルは共通だが、グレイスは3ボックスレイアウトでトランクルームぶん長くなり、ほとんどヴェゼルに近い寸法となっている。

 パワーユニットはシャトル、グレイスとも共通で、1.5L・NAガソリンはCVT、1.5Lハイブリッドは電気式無段変速機との組み合わせとなる。新型フィットは1.3L・NAガソリンと1.5Lの2モーターガソリンであり、次期型でもNAは改良型の1.5Lガソリンエンジンが搭載される可能性が強い。

新型でフィットシャトルの車名復活も!?

カローラの3ナンバー化で希少な5ナンバーワゴンとなったシャトル。モデル末期ながら2019年は3万855台を販売するなど堅調な人気を誇る

 シャトルはフィットとの共通パーツが多く、前モデルでは「フィットシャトル」のネーミングでフィットシリーズの一員の時代もあった。シャトルとして独立したのはフィットがリコール問題でブランドパワーを一時落としたという経緯があった。

 新世代モデルでは商品力やイメージを回復させているので、復帰の可能性もある。

 新型フィットの人気は高いが、ライバルの「トヨタ ヤリス」も強力で今後登録車の車名別ランキングでトップ奪還が難しくなる可能性もある。こうなるとシャトルはまたフィットシリーズに復帰して戦略アップを目指すことも考えられる。

【証言:首都圏ホンダカーズ営業担当者】

 フィットファミリーは、(派生モデルである)あとの3車種とも2022年あたりまでフルモデルチェンジして世代交代すると予想している。

 ヴェゼルはSUV市場がまだまだ拡大基調にあるので、次期型への期待は大きい。

 レジャービークル的なコンセプトも盛り込まれており、用品の装着率が高いので、車両本体プラスアルファの収益も販売店にとっては助かる面がある。安全パッケージの「ホンダセンシング」もさらに進化したデバイスが装備されるはずである。

 シャトルは数少なくなったステーションワゴンのトップセラーを狙える人気モデルであるから、次期型はさらに期待をもっている。

 グレイスはセダン市場が低迷する中で、ホンダでは最も販売台数が多く見込めるモデルだから、次期型は引き続き存続させる方向で開発を進めている。

 フィットファミリーの有力な目玉のひとつは、1.5Lハイブリッドの2モーター化である。販売台数を伸ばすことでコストダウンによるリーズナブルな価格設定が可能になるはずである。

【画像ギャラリー】間もなく発売!? 新旧フィット&派生モデルを詳しく見る!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ