【新型スバルWRX STIは400馬力!!】EJ20の後は新開発の2.4Lターボ降臨!!

 限定555台の特別仕様車、EJ20ファイナルエディションが即完売した後、カタログモデルも2019年12月23日の注文受付けも終了し、間もなくEJ20エンジンを積んだWRX STIの歴史が幕を閉じる。

 さて、次のWRX STIはどうなるのか? EJ20に代わるエンジンは? いつデビューするのか?

 いま、ベストカーが掴んでいる情報のすべてをお伝えしていこう!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年3月10日号

【画像ギャラリー】WRX STI EJ20ファイナルエディションと次期WRX S4の未公開写真


名機EJ20の後はFA24型2.4Lターボか!?

2019年12月23日をもって注文受付けを終了したWRX STI(カタログモデル)

 EJ20は1989年1月にデビューした初代レガシィの時代からスバルの主力エンジンとして搭載され、インプレッサWRX、さらにSTIバージョンにも搭載されるなど、長年にわたり進化を繰り返してきた歴史ある名機だ。

 レガシィ、インプレッサがWRCで活躍した時代を支えたのがEJ20エンジン。耐久性に優れるなど、基本的な設計素性のよさにより大パワー、大トルクにも充分対応し、ハードなモータースポーツでの使用にも高い信頼性で応えた。

 しかし、さすがに基本設計の古さから、今後の燃費規制に対応させることが難しくなり、現行型WRX STIを最後についにその歴史に幕を下ろすこととなったのは既報のとおりである。

 北米向けWRXに搭載される2.5LのEJ25ターボは今後もしばらくは生産が継続されるということだが、WRXシリーズのフルモデルチェンジを機にこちらも生産を終了することとなろう。

 ちなみにEJ20型エンジンはボア=92.0mm、ストローク=75.0mmの超ビッグボア&ショートストロークが特徴的。

 総排気量は1994㏄で1989年1月にデビューした初代レガシィに搭載された時は220ps/27.5kgmというスペックだった。最終モデルとなる現行型WRX STIでは308ps/43.0kgmにまでパワーアップされている。

30年の長きに渡り自動車ファンに深い感銘を与えた名機「EJ20」。初代STiで250ps/32.5kgmだった出力は、最終型となるWRX STIでは308ps/43.0kgmまで向上している

2021年登場の次期型WRX STIは!?

次期レヴォーグのデビューは2020年12月頃。エッジの効いたシャープなフロントマスクのラインやフォルムはWRXにも受け継がれる

 まずは今年末に登場する新型レヴォーグが次期型WRXシリーズの『基本骨格』となることは間違いない。ツーリングワゴンのレヴォーグに対し、そのセダンバージョンがWRXという関係性は現行型でも同様だ。

 SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用する新プラットフォームは基本的にレヴォーグと共通だし、インナーフレーム構造を持つ強靱なボディ構造もレヴォーグと同様となろう。

 レヴォーグとWRXシリーズはどちらがベースということではなく、並行して開発が進められていると理解したほうがいい。

 新型レヴォーグでは、新開発される1.8L水平対向4気筒エンジンが搭載されることが明らかにされている。これは現行型の1.6Lターボと2Lターボを置き換える形で、燃費の引き上げが最大の開発テーマだという。

 しかし、新型WRXでは燃費とともにパフォーマンスも求められる。現行型S4のエンジンはFA20ターボのみであり、レヴォーグに搭載される新開発の1.8Lターボではパフォーマンスダウンは否めない。

スバルグローバルプラットフォームをSTIモデルとして初めて採用される次期WRX STI。当然STI専用に強化されるはずだ (CGイラストはベストカーが製作したもの)

 あるスバル役員は「スバルの"不文律"としてモデルチェンジをしてパフォーマンスダウンはあり得ない」と熱く語る。

 もちろん詳細を口にすることはないが、S4のエンジンは最低でも現行型と同じFA20ターボをチューニングしてパフォーマンスアップして搭載することとなろう。

 またベストカーが関係者から伝え聞いた情報では、北米向けアセントに搭載されているFA24型ターボをベースにハイパワー化して、320ps/45.0kgm程度のパフォーマンスを引き出す新エンジンをS4用に開発中、という。

 FA20エンジンはボア=86.0mm、ストローク=86.0mmのスクエア比で総排気量1998cc。FA24型はストロークは86.0mmのままボアが94.0mmとなり、総排気量は2387ccだ。

新型WRX S4にはFA20型ターボに代わり、FA24型ターボが搭載される可能性が濃厚。WRX STIではこのFA24ターボをベースにピストンの重量合わせやクランクシャフトのダイナミックバランス取りなどを実施し、ターボの過給圧アップなどとあわせて400ps/50.0㎏m程度のパワーを発揮することになる

STI専用にチューニングしたFA24ターボ搭載!

 軽量、コンパクトを狙ったFB型水平対向4気筒エンジンとは異なり、FA型シリーズはハイパワー化にも対応するエンジンでボアピッチも大きく、ブロックの強度にも余裕がある。

 もしS4にFA24ターボが搭載されれば、このエンジンをベースにSTIがピストンの重量合わせやクランクシャフトのダイナミックバランス最適化、バルブや吸気ポートなどヘッド周りのファインチューニングを実施して次期型WRX STIの新たなパワーユニットとする、というのが、現在ベストカーが掴んでいる情報を総合した結論だ。

 「メルセデスベンツAMGは現在2Lターボで421ps、最大トルク51.0kgmを出しています。STIモデルのエンジンが、最強とはいかなくても、大幅に負けるわけにはいかないというのが、開発現場の気持ちです」という関係者の言葉を聞いた。

 新型WRX STIに搭載されるFA24ターボはS4用よりも大幅にパフォーマンスアップされ、最高出力400ps級、最大トルク50㎏mに迫るパフォーマンスとなることは間違いないだろう。

キープコンセプトながら、スバルの最新デザイン、ダイナミック×ソリッドを採り入れながら進化する(CGイラストはベストカーが製作したもの)

【画像ギャラリー】WRX STI EJ20ファイナルエディションと次期WRX S4の未公開写真

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ