【話題のホンダe、新型ノート】今年続々発売 新コンパクト激戦の予感

 新型フィット&ヤリス以外にも実は続々登場!? 今年の新車市場はSUV“以外”も大きな動きあり!! キーワードは「コンパクト」。

 昨今の新車におけるトレンドといえば「SUV(スポーツ多目的車)」。確定しているだけで、日産のキックス、トヨタのハリアー、軽自動車ではダイハツのタフトなど、数多くのSUVが2020年内のデビューを控えている。

 ただ、SUVだけが盛り上がっているかといえば答えは「否」! 実はその他カテゴリーからも多くの新車投入され、また今後発売が予定されている。

 なかでも特に動きが目立つのは「コンパクトカー」。2月にはホンダの新型フィットとトヨタの新型ヤリスが“ほぼ同時デビュー”し、話題をさらったばかりだが、両車を含めてコンパクトカーの大物が年内に続々デビューしそうな気配だ。遠藤徹氏が最新動向を解説する。

文:遠藤徹
写真:HONDA、編集部/CG:ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型フィット&ヤリスにノート!! 注目新車をさらに詳しく写真で見る!!


後輪駆動の小型EV!! ホンダeは10月発売予定

■ホンダe/2020年10月発売予定

ホンダe/全長4m以下のコンパクトな車体に後輪駆動と、環境と走りを両立した新感覚のEVとして注目の存在。モータートルクは315Nm(約32.1kgm)に達する

 ホンダ初の量産電気自動車「ホンダe(ホンダイー)」は、2020年秋の10月にも発表・発売する方向でスケジュール調整が進められている模様だ。

 2019年秋開催の『東京モーターショー』に参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容で市販化する見込み。

 丸みを持たせたエクステリアデザインにEV専用のプラットフォームで5ドアハッチバックレイアウトのコンパクトサイズ。

 フロントマスクはキュートな丸型2灯式式ヘッドランプを横長楕円グリルデザインで囲んでいる。リアのコンビランプも2灯式丸型でフロントマスクとフロントと似せたデザインが特徴。

 ボディサイズは全長が3900mmを切り、全幅は1700mmを超える3ナンバーサイズを採用。ホイールベースは2500mmでフィットよりも短い。

 メカニズムは、リチウムイオンバッテリーを床一面に配置し、フロントにインバータや車載充電器、リアにモーターを積むことで、前後の重量配分を50:50としている。

 駆動方式は後輪駆動で、3Lガソリンエンジン以上の高トルクを発揮するモーターは「スタンダード」と「ハイパワー」の2タイプを設定。

 一充電航続可能距離はWLTCモードで200km以上と高効率なシティコンパクトのコンセプト仕立てとしている。30分で約80%の急速充電が可能となっている。

 車両本体価格は350万~400万円程度の設定になると思われる。当面は月販500台程度と小規模な販売からスタートするものと思われる。

新型フィットは約2.5万台超!? ヤリスは約3.7万台!! 両車ともに受注好調

■新型フィット/2020年2月14日発売

新型フィット/通算4代目はスタイル・システムともに大幅刷新。ハイブリッドも一新され、受注台数は2万5000台に達しているという

 新型フィットは2月13日に発表し、翌14日に発売開始した。先行予約の受付は2019年12月下旬にスタートし、月販目標1万台に対して、3月上旬現在までに推定2万5000台の受注累計に達している見込み。

 これまでのところ半分以上がハイブリッド車で占められる。納期は3か月待ちの6月上旬となっている。

 新シリーズの最大の売りはクオリティアップと1.5Lハイブリッドを従来の1モーター2クラッチから2モーター方式に切り替え、低燃費と高性能を高次元で両立させていること。

 コストアップで価格は高くなったが、ハイブリッド車の販売構成比は従来モデルより10ポイント程度高くなっている。3月いっぱいの受注分については残価設定クレジットを組むと実質年利は1.9%と通常よりも1.6ポイント引き下げて設定している。

■新型ヤリス/2020年2月10日発売

新型ヤリス/フィットほぼ同時に発売され、こちらも受注は好調! 現時点でフィットを上回るとみられる約3万7000台の受注を集めている

 ヴィッツの後継モデルである新型ヤリスは2020年2月10日に発売開始。2019年12月上旬から先行予約の受付をスタートさせ、月販目標台数の約8000台に対して、3月9日時点で約3万7000台の受注台数に達したとトヨタからも発表された。

 新型フィットよりも売れ行きが好調といった印象だが、必ずしもそうとは言い切れない状況にある。発売時期は同じでも先行予約の開始時期が約1か月早く始めているので現段階では比較が難しい。今後半年程度の状況を見ないと正確な評価はできないともいえる。

 新型ヤリスの売りはコンパクトクラスと思えない異次元のクオリティ、走り、燃費の良さといえる。

 新型フィットがオーソドックスで女性を含めた幅広いユーザー層へアピールしているのに対して、新型ヤリスは個性的でスタイリッシュな仕立てで男性好みといった違いをアピール。

 室内の広さでは新型フィット、走りと燃費では新型ヤリスが先んじている印象がある。値引きは新型ヤリスが15万円以上と好条件のケースが多い状況にある。

新型ソリオも発売!? 新型ノートはどうなる??

■新型ソリオ/2020年内発売の可能性も?

現行型ソリオ バンディット/モデルサイクルから考えると新型は2021年登場となるが、トヨタのルーミー/タンクが好調とあって投入が早められる可能性も

 スズキ ソリオは、現行モデルの登場が2015年8月25日であるから、普通に考えれば次期型に引き継ぐのは2021年夏と予想できる。

(編注:一部情報筋からの話として、登場時期は流動的ながら2020年内に発売される可能性も出てきている)

 現行モデルは人気の高いモデルであるから、エクステリアデザインはキープコンセプトで世代交代するはずである。

 同じコンセプトで2016年11月9日に発売したトヨタのルーミー/タンク、ダイハツ トールは1年強新しいぶん、若干サイズアップし、室内の広さ、使い勝手、走りの良さを強調。販売で大幅にリードされているから、こちらと対抗させた仕立てをするはずである。

  現行シリーズのパワーユニットは、1.2L・NAエンジンと1.2Lストロングハイブリッドを搭載している。これに対してライバルのルーミー/タンク、トールは1L・NAと同ターボエンジンを搭載している。

 この1Lターボはスズキも持っており、クロスビーやバレーノに積んでいる。したがって次期型ソリオがどれをチョイスするのか注目される。

■新型ノートの年内発売は間に合うか!?

新型ノート(予想CG)/画像のスライドドア仕様は遅れて追加の公算が高いが、標準モデルは年内に発売される可能性が高まっているという

 次期型ノートがいつ登場するのか現段階では明確な情報はまだ流れていない。ただ、年内で9月ないしは12月あたりに発売する可能性が強まっている。

 ジュークの後継モデルで新型コンパクトSUVの「キックス」は、2020年5月中旬に発表、6月3日に発売されるのが、ほぼ決まっている。

 このキックスに搭載するのは大幅に改良したe-POWERであり、同ユニットは次期型ノートにも積まれるので、両モデルはセットで開発プロジェクトが動いているはずである。

◆  ◆  ◆

 2020年はSUVの注目新車が数多く発売される見込み。ただ、実は本稿のとおり、フィット&ヤリスに加えて、日産のノートも年内ギリギリのタイミングで新型が登場する可能性があり、“コンパクトカー”も要注目のカテゴリーとなる!

 昨今の燃費&環境規制の強化という流れのなかで、特に台数の出る小型車は電動化技術を投入し、メーカー全体の平均燃費を底上げしやすいという背景もあるだろう。

 そうしたなかで、後輪駆動EVのホンダeや進化したe-POWERの搭載が確実な新型ノートなど、単に環境という視点だけではなく、クルマとしてもエポックメイキングなモデルが出てくるのも面白いところ。

 日本でも扱いやすく、比較的安価なコンパクトカーが、SUV以上に2020年の新車市場を盛り上げる!

【画像ギャラリー】新型フィット&ヤリスにノート!! 注目新車をさらに詳しく写真で見る!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ