【新型ノア情報ゲット!! ジムニー対抗の軽SUVは2021年冬!?】噂のスクープ最新情報!!

 スズキ ジムニー対抗の軽SUVは? ノア/ヴォクシーは新型で統合される? など噂のスクープ情報の気になる実態はどうなっているのだろうか。

 本稿では、本誌スクープ班が総力をあげて収集する、数々のスクープ情報にまつわる疑問に対して、前編に引き続きQ&A形式で、現時点での最新情報をお答えします!

文/写真:ベストカー編集部
ベストカー 2020年3月26日号

【画像ギャラリー】いつ出る!? 噂のスクープ俎上にあがる全6車種の予想CG&写真!!!


【Q1】ジムニーに対抗できる軽SUVは出る?

かつてのテリオスキッドを思わせるジムニー対抗モデルも浮上!?(予想CG)

 ダイハツが開発を進めているとされる軽自動車ベースのSUVがそれにあたる。

 ダイハツの軽SUVというと、東京オートサロンに出展されたタフトがあるが、この開発中の新型軽SUVは、さらにオフロード走行を重視したモデルとして、2021年冬に登場してくる。

こちらはタフト。性格としてはハスラーの対抗モデルであり、ジムニーの競合車とは立ち位置がやや異なる

 FFをベースに、ロッキーでも採用されている前後輪の駆動力を制御する「ダイナミックコントロール4WD」を採用。オンロードでの快適性も充分確保したうえで、悪路走破性が大きく高められる。

 硬派一直線のジムニーとは真正面からぶつかるモデルではないが、販売面では充分対抗できるだろう。

【Q2】アルトワークス以外にも軽のMTスポーツは登場する?

東京オートサロンに出展されたN-ONE カフェレーサーコンセプト

 MTの軽スポーツで今後注目すべきはホンダの新型N-ONEだ。

 N-ONEは現行型ではCVTのみの設定だが、2020年の東京オートサロンで新型を突如公開。6MT搭載の「カフェレーサーコンセプト」として出展されたのだが、この6MTは新型の市販車でも採用することが決まっている。

 新型は外観がほとんど変わってないように見えるが、新型プラットフォームを採用するなど中身は一新。デザインはキープコンセプトだが、新型はスポーティ性も重視して生まれ変わる。

【Q3】小型で手軽なSUV、この先はどんなモデルが出る?

1L直3ターボ搭載も噂されるホンダの小型SUV(予想CG)

 ロッキー/ライズのヒットを見てもわかるように、ユーザーはリーズナブルな価格のSUVを求めている。

 当然、メーカーもそこに狙いを定めたモデルを投入してくるわけだが、その先鋒となるのが今夏に登場する日産のキックスだ。

 全長4295×全幅1760×全高1590mmのボディを持つキックス。搭載パワーユニットは1.5L・NA、1.6Lターボ、1.2Lのe-POWERが用意される。

 もう1台の注目モデルは、2021年夏デビューが予定されているホンダのコンパクトSUVだ。5ナンバーサイズのボディに1Lの直3ターボ搭載が予定されているが、パワーユニットに関しては流動的で、1.5L・NAと1.5Lのハイブリッド「e:HEV」になる可能性もある。

 両車とも100万円台からの値付けでの登場が予想されている。

【Q4】新型N-ONEに続く軽トールワゴンの注目車は?

新型ムーヴの予想CG。正常進化でモデルチェンジへと開発が進む

 ワゴンタイプの軽自動車では今年、ムーヴがフルモデルチェンジする予定で、これが強力なモデルとなる。

 新型はDNGAコンセプトを全面的に採用。このコンセプトはすでにタントでも採用しているが、高剛性と軽量化を同時に進めたプラットフォーム、加速力や実燃費を両立したパワーユニットなどのDNGAの技術を取り入れるメリットはとても大きい。

 パワーユニットはターボとNAの2本立てで、遅れてハイブリッドも設定される予定。

【Q5】全店扱いでノア/ヴォクシー/エスクァイアの行方は?

3車種の統合が噂される新型ノア(予想CG)

 トヨタの販売店は現在、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つに分かれているディーラーチャンネルを今年5月に統一する(東京地区は昨年4月に統合)。

 これまでチャンネルごとの専売車が設定されていたのがなくなり、基本的にどこの販売店でも同じトヨタ車が買えるようになるので、姉妹車を設定する必要がなくなるのだ。

 そのためノア/ヴォクシー/エスクァイアも、次期モデルではノアに統一される可能性が高い。

 その新型ノアは現在のコンセプトを継承し、ノーマルとカスタムのふたつのボディタイプを用意。

 パワーユニットは2Lガソリンと2Lハイブリッドで、ハイブリッドにはリアをモーターで駆動させる4WDも設定される。質感が大幅に向上するというから期待大だ。

【Q6】世界で流行るクーペSUV 国産でこの先出るのは?

RAV4との棲み分けでクーペSUVルックに生まれ変わる新型ハリアー(予想CG)

 国産車でもクーペSUVは徐々に増えつつあるが、トヨタの次期型ハリアーがクーペスタイルへと変身することになりそうだ。

 昨年復活したRAV4がオフロード志向のSUVとして登場。同クラスSUVであるハリアーはより明確に棲み分けされ、さらにシティ派の雰囲気を高めたクーペSUVへと生まれ変わるというのだ。

 その次期型の基本コンポーネンツはRAV4と共通だが、トルクベクタリング4WDは非装着になる見込み。デビューは2020年6月と予想。

【画像ギャラリー】いつ出る!? 噂のスクープ俎上にあがる全6車種の予想CG&写真!!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ