最強SUV 新型ランクル300発表は2021年夏!! 最新情報入手!! 

最強SUV 新型ランクル300発表は2021年夏!! 最新情報入手!! 

 これまでランドクルーザーのフルモデルチェンジ(次期型ランドクルーザー300の発表)は、「今年(2020年)夏頃」という情報が入っていた。これは一昨年頃から販売店幹部にもたらされていた情報で、一部有力顧客にもそのようにアナウンスされていたそう。しかし今年に入ってから販売店幹部に取材を重ねていった結果、最新の有力情報では「新型ランドクルーザーの発売は、2021年夏頃」だとわかった。

 以下、本企画のために改めて集めた情報をすべてお伝えしたい。

【ランドクルーザー200(現行型)のスケジュール】
2007年9月 先代型(100)からフルモデルチェンジして発表発売
2009年4月 一部改良
2010年7月 一部改良
2011年12月 マイナーチェンジ フロント周り一部デザイン変更
2013年1月 一部改良
2013年8月 一部仕様変更
2015年8月 マイナーチェンジ 前後デザイン変更
2017年7月 一部改良
2018年8月 一部仕様変更(公式アナウンスなし)

■【画像ギャラリー】……世界のSUVファンを魅了し砂漠でも活躍するランクル200の雄姿

文:遠藤徹 写真:TOYOTA、ベストカー編集部

■ランクル200は今年5月に小変更を実施

 現行モデルのランドクルーザー200は今年(2020年)5月上旬にも仕様変更する。

 今回は燃費の測定方法を従来のJC08モードから、WLTCモードに切り替える。この他の部分はほとんど変更ないと思われる。WLTCモードに切り替えるだけといっても、メーカーにとっては新たなモードにするために綿密な測定のし直し作業をするわけだから、かなりの手間暇がかかる。
(ランドクルーザー200の前回の改良は2017年7月の一部改良、2018年4月の安全装備変更)

2015年8月時点でフロントマスクを改良した現行型ランドクルーザー200。トヨタブランドで最高峰のSUV

 改良モデルは3月末にも車両本体価格、オプション&付属品の価格を決め、4月上旬から見積書の事前作成が可能になる見込みで、これが実質的な発売開始となりそう。正式な発売スタートは5月中旬頃になる。生産立ち上がりは6月初めを予定している。

 これを受けて、全国の販売店では(従来モデルの)新規の販売受付を絞っている。販売台数は3月中旬現在、全国で30台程度と極端に減少中なこともあり(2020年1月のランドクルーザー200の月販台数は170台)、現時点で購入を考えている方は、改良モデルを待ったほうがお勧めといえるだろう。仕様変更といってもモデルそのものは古いので、車両本体から25万円引き程度からの購入交渉の立ち上がりとなるはず。

 次期型である「ランドクルーザー300」(仮称)は現行200の現行モデルの登場が2007年9月18日であったから、実に14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

ベストカー編集部による、次期型ランドクルーザー(300)の予想CG

 次期型は(外観デザインは)あくまでキープコンセプトでの世代交代だが、中身はガラリと変える。国際的に信頼度の高いラダーフレーム構造は引き継ぐものの、トヨタの新しいクルマ作りの考え方である「TNGA」によるプラットフォームを採用。ボディシェルは直線と曲面を融合させたSUVデザインで仕立てる。

 フロントマスクはトヨタの最近の大型グリルではなく、従来モデルのオーソドックスな横長小型グリル枠に横線基調とさらに小さめの横長アンダーグリルをバンパーに埋め込み、両側に配置したヘッドランプも横長のグラスケースに3眼LEDヘッドライトのデザインでまとめている。

 歴代ランドクルーザーのワイルド感よりもかなりシンプルで落ち着いた佇まいといえる。

次期型ランドクルーザー(300)のリアスタイル予想CG。全体的にキープコンセプト

 ボディサイズは現行モデルの全長4950mm、全幅1980mm、全高1870mm、ホイールベース2850mm、トレッド1635~1650mmに大幅な変更はない。あるとすれば全高が若干低くなるくらいである。全長は5m、全幅は2mといった制約を守りたいとの願いがあるためだ。最低地上高の225mmも維持し、引き続き国産ラフロードSUV最高の走破性を確保することになる。

次ページは : ■ランクルならではのハードルがある

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ