日産マーチ一時生産中止で改良型投入への道 待望の新型どうなる?

 日産の名門コンパクトカー「マーチ」が、発売10年目で待望の改良モデルを発売へ。名門モデルの今後はどうなる?

 2010年7月に現行モデルが発売され、すでに10年目へ突入。2013年6月以来、大がかりな改良も行われず、新型の登場に関しても、現在までのところ明確な情報は伝えられていない。

 しかし、3月末時点で日産の公式HP内、マーチのページに「一部、仕様・グレード・カラーについては、生産上の都合でご用意できない場合がございます。詳しくはお近くの販売店にお問い合わせください」との文言が。

 さらに、本稿著者の取材によると、マーチは現在、一時的に生産調整が行われ、また2020年夏にも改良モデルが発売される可能性が高いことがわかった。

文:渡辺陽一郎
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】初代から欧州の新型マイクラまで! 歴代マーチの歴史を写真で一挙振り返る!


月1万台超を売った人気車マーチの「現在」は?

左から順に初代、2代目、3代目、そして4代目(現行モデル)の歴代マーチ(海外名:マイクラ)。すでに欧州では新型マイクラへと移行している

 全長を4m前後に抑えた5ナンバーサイズのコンパクトカーは、今も昔も売れ筋のカテゴリーだ。マーチはその主力車種になる。

 初代マーチは1982年に発売され、人気を高めてコンパクトカーの分野を活性化させた。

 1992年に発売された2代目マーチは、1993年から1997年まで、月平均で1万1000台前後を登録。2019年に登録車の販売1位になったプリウスの月販平均が1万500台、2位のノートが1万台だから、当時のマーチは絶好調に売れていた。

 2002年登場の3代目マーチも好調で、2003年には月平均で1万300台を登録。この時点で背の高いコンパクトカーの2代目 日産キューブが売れ行きを伸ばし、2004年には内外装が上質な日産ティーダも発売。マーチはこれらのコンパクトカーに需要を奪われたが、月平均で2500台前後は保っていた。

 ところが2010年発売の現行型4代目マーチは、内外装の質が下がり、3気筒エンジンのノイズも耳障りだ。多くのユーザーが求める衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備も追加装着されていない。

 その結果、2018年の月販平均は1000台、2019年には800台まで下がった。16年ほどの間に、月平均で1万台以上を売った人気車が、1000台以下の不人気車に転落した。マーチの知名度は高いが、進化を怠ると売れ行きを大きく下げてしまう。

マーチは一時生産調整も廃止せず存続へ

現行型のマーチ。2013年のマイナーチェンジで日産車共通アイコンの「Vモーショングリル」を採用するなど外観も一新された

 このような事情もあり、マーチは国内仕様の生産を終えた。日産の販売店に今後の予定を尋ねると、以下のような返答だ。

「現行マーチはタイ製の輸入車だが、日本仕様の生産はすでに終わり、在庫販売になった。その在庫車も今は減り、マーチはほとんど売っていない。

 今後の予定もメーカーから聞いていない。現時点で改良やフルモデルチェンジを行う話は出ていないから、仮に実施するとしても6月以降だろう」

 とのことだ。

 日産の関係者によると「キューブは生産を終えたが、マーチはマイナーチェンジを行って今後も売り続ける。廃止はしない」という。

 先の販売店のコメントにあった通り、マーチはタイ工場で生産され、海外でも売られるからだ。国内向けのキューブと違って廃止されにくい。

 また、マーチはコンパクトカーのなかでも低価格だから、法人が社用車として使うケースも多い。法人は一度に複数の車両を入れ替えることもあるから、なるべく供給を絶やしたくない。

 仮にマーチの購入が困難になり、ノートでは予算をオーバーすると、その法人は同等の予算で買えるトヨタ パッソに乗り替えることもある。そうなるとトヨタの販売店のやり方次第では、同じ法人が使う商用バンの日産NV150ADまで、トヨタのプロボックスに切り替わるかもしれない。

 車種ラインナップに穴が空くと、そこから需要が漏れ出すわけだ。スバルが軽自動車の開発と製造を終えた今でも、ダイハツ製OEM車を売る背景には、需要を繋いでユーザー離れを防ぐ目的もある。

マーチ 改良モデルは8月にも登場の見通し

ここ数年、大きな改良が行われていなかったマーチだが、ついに改良が行われるという。気になるその内容は?

 以上のような事情からマーチは今後マイナーチェンジを行うと思われるが、今の日産タイ工場は、新型コロナウイルス問題によって操業の中止・減産を行っている。

 この影響でマーチのマイナーチェンジも先送りされる可能性が高い。それでも8月中頃までには改良を終えて、9月の中間決算フェアには間に合わせたいだろう。

 マイナーチェンジの内容は、今のマーチに欠けている要素を補うことだ。

 まず衝突被害軽減ブレーキを採用する。現行型では赤外線レーザーを使った簡易型も装着していないが、マイナーチェンジ後は、ルークスと同じ単眼カメラとミリ波レーダーを併用した先進的なタイプが備わる。

 仮にそれが無理でも、単眼カメラを使った歩行者も検知可能な衝突被害軽減ブレーキは用意する。このほか曖昧な操舵感、粗さの感じる乗り心地なども改善される可能性がある。

マーチNISMO S。このようなスポーツモデルを持つ、奥行きの深さも日産らしいマーチの魅力。こちらについても改良に期待したい

 価格は、安全装備を充実させても、値上げ幅を最小限度に抑える。現行マーチの発売は2010年で、その後の10年間に、ほかのコンパクトカーは走行性能、内外装の質、安全装備、燃費などを幅広く向上させた。価格も高まったが、機能の向上や装備の充実を考えると、割高にはなっていない。

 これらの基本設計を刷新したライバル車にマーチがマイナーチェンジで対抗するには、衝突被害軽減ブレーキを標準装着したうえで、値上げ幅を最小限度に抑える必要がある。

 基本設計が古いと改良にも限度があり、ライバル車に対する強みは価格の安さに絞られるわけだ。安全装備を充実させた上で、ノートよりも明らかに安く売れば、マーチも存在感を発揮できる。

 このようにマーチは、マイナーチェンジを行うべきだが古さは隠せない。生産を終えたティーダやキューブの穴を埋める意味でも、新しいコンパクトカーが欲しい。

新型マーチはどうなる? 欧州仕様マイクラ導入の可能性

欧州で販売されているマイクラ。3ナンバー車でありながら、スタイリッシュな外観も含めて正統派コンパクトとして大きく進化を遂げたモデルといえる

 そこで注目されるのが、欧州で売られるマイクラだ。全長は3995mm、全幅は1743mm、全高は1455mmになる。全幅は1700mmを少し超えて3ナンバー車になるが、全長は4m以内に収まり、4100mmのノートと比べても短い。

 マイクラのエンジンは直列3気筒1Lターボで、トランスミッションは5速マニュアルだ。そこが日本導入を困難にしているようだが、日産が国内市場を重視すれば対応も変わる。CVT(無段変速AT)や有段式ATも用意してマイクラを導入するだろう。

 あるいは業務提携を結ぶルノーのトゥインゴを日産ブランドで買えるようにする手もある。ルノー ルーテシアも優れたコンパクトカーだ。ルノーの魅力は少々分かりにくいが、車両開発の考え方は、日本メーカーでいえばマツダに似ている。

 例えばルノーメガーヌは、以前からドライバーが座る前席を車両の中心に近づける設計を行ってきた。運転感覚は自然な印象で車両との一体感も得やすい。一方でルノーは、カングーのような楽しいクルマも用意している。

5ナンバーサイズで小回りも利き、扱いやすさが身上のルノー トゥインゴ。こうしたモデルを活用したシナジー効果にも期待したいところだ

 今のメーカー別国内販売ランキング順位は、1位:トヨタ、2位:ホンダ、3位:スズキ、4位:ダイハツ、5位:日産となる。

 2007年頃までの日産はトヨタに次ぐ2位だったが、次第に順位が下がり、2011年以降は新型車の発売が1~2年に1車種まで減って販売下降が一層激しくなった。

 日産がこの低迷から脱するには、再び新型車の投入を増やすしかない。さまざまな販売キャンペーンでも売れ行きを伸ばせるが、あくまでも販売支援に過ぎず、新型車の発売に勝る効果は得られない。

 今はクルマの価格が全般的に上昇して、軽自動車とコンパクトカーの注目度が高まった。日産は軽自動車としてデイズとルークスを用意するから、次はコンパクトカーのマーチに大幅な改良を行い、ティーダの代わりにマイクラも導入したい。

 新型車には、既存のクルマの売れ行きを活性化させる効果もあるからだ。

 自動車メーカーは、新型車を売らないと始まらない。ハイブリッドのe-POWERも、ノートに搭載して予想以上に注目され、売れ行きも伸びたことからセレナにも採用された。新型車が意外な効果を生み出すことは多い。

【画像ギャラリー】初代から欧州の新型マイクラまで! 歴代マーチの歴史を写真で一挙振り返る!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ