ノート セレナ スカイライン…怒涛の新車ラッシュ! ニッポンの日産が帰ってくる! 

 日産はここ数年、日本市場を軽視していると言われてきた。2018年は新車ゼロ、2019年も新型デイズのみ1車種に留まり、キューブやジュークも2019年内に生産が終了と、国内市場への新車投入が滞っていた日産だが2020年から国内に向けた新車が続々とデビューする。

 ついに、ニッポンの日産が帰ってくるのだ。はたして、どんな日産車がデビューするのだろうか、今わかっていることすべてをお伝えしよう。

※これはあくまでも現時点での情報をまとめた予想であり、コロナ禍により生産計画が変わったりプロモーション戦略がとれないことなどの理由で、後ろ倒しされる可能性があります。

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年5月10日号

【画像ギャラリー】待ってました! これから出る注目の日産車一覧


ジュークに変わりキックスが登場!

■キックス/2020年5月20日発表、6月10日発売予定

2020年5月20日に発表、6月10日に発売予定。全長4290×全幅1760×全高1610mmでホイールベースは2620mm。ジュークよりもひと回り大きい。1.2Lエンジン+モーターのe-POWER

 日産は日本市場を軽視している。ここ数年にわたり、再三そう言われてきた。星野朝子日産自動車副社長は、国内販売担当役員の時代からこれに対し「そのようなことはない。日産にとって日本はホームカントリー。日本に魅力的な商品をしっかりとご提供していく」と答えていた。

 しかし現実的に、ここ数年を振り返っても、日産の新車投入の主戦場は中国や北米などで、国内での新型車投入はリーフやデイズシリーズのフルモデルチェンジ以外、スカイラインのビッグマイナーチェンジやセレナのマイナーチェンジなどに過ぎず、目玉となるような「ニッポンの日産ここにあり」といえるような、インパクトのある新開発モデルの投入はなかった。

 しかし、だ。やっと国内に向けた魅力的な新規開発車が登場してくる。

 今、日産が国内市場に向けて最も力を入れているのがSUVラインナップの充実。ジュークはすでに国内での販売を終了しており、エクストレイルもデビューから時間が経っており、ライバルに対するアドバンテージはない。

 まずはジュークに代わるコンパクトSUVのキックスを2020年5月20日に発表、6月10日に発売を開始する。

■日産クロスモーション/2021年10月登場予定

2018年のデトロイトショーで初公開されたクロスモーション。具体的なボディサイズは公表されていないが、見た目からはエクストレイルよりも大きく、レクサスRXやマツダCX-8などに近いサイズ感の大型クロスオーバーSUVである(予想イラストCGはベストカーが製作したもの)

 そして注目なのが「クロスモーション」。2020年2月に開催された決算発表会見の場で、「投入予定の新商品」として提示された。

 クロスモーションは、2018年のデトロイトショーに出展されたコンセプトモデルだが、エクストレイルよりひと回り大きいサイズで3列シートを備える。プロポーションからFFプラットフォームであると思われるが、ポジション的には「スカイラインクロスオーバー」で、レクサスRXやトヨタハリアー、マツダCX-8などの対抗になる。

 2020年2月に開催された日産の決算発表会見の場で「新商品」として今後の投入が明示された。

 デビュー時期は2021年10月というのが有力説。パワートレーンについては、BCスクープ班が掴んだ情報では2.5Lガソリンエンジン、さらに3.5Lハイブリッドというものだが、今後の展開としてe-POWER、あるいは三菱との共同プロジェクトによるPHEVの搭載も念頭に置かれたプラットフォーム開発となるはずだ。

 「開発は進んでいます。パワーユニットは新開発2.5Lガソリンエンジンが中心」と日産関係者は証言するが「電動化」を中期計画の中核に据える日産だ。2021年10月に投入する新型車に「電動車」が用意されないとは思えない。

 「新規開発の3.5Lハイブリッドも搭載される計画」と、先の関係者は補足するが、これはe-POWERではなく、1モーター2クラッチのパラレルハイブリッドだという。

スクエアなデザインが魅力のクロスモーション(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

■アリア/2020年9月登場予定

リーフに続くピュアEVとなりそうなのがミドルクラスのクロスオーバーSUV、アリア

 東京モーターショーでワールドプレミアされたピュアEV、「アリア」は2020年9月にデビュー予定。ボディサイズは全長4600×全幅1920×全高1630mmというクロスオーバーSUVだ。

 EV専用に新開発されたプラットフォームを採用し、前後に搭載されたモーターで走るAWD。フラットなフロアで、前後タイヤはぎりぎりまで四隅に配置され、室内空間は広い。

■IMQ/2021年7月登場予定

1.5Lのe-POWERを搭載するIMQも期待できそうなSUVだ

 2019年3月のジュネーブショーで初公開されたIMQはスポーティさを強調したSUV。欧州でのe-POWER投入をアピールするアイコン的モデルとしてジュネーブでのワールドプレミアとなった。

 IMQのパワーユニットは、前後それぞれに搭載された2モーターを1.5Lターボエンジンで発電して駆動するというもの。

 前後モーターは独立してトルク制御されるため、自由自在の前後トルク配分を与えることが可能。このAWD制御はアウトランダーPHEVなどで培った三菱の豊富な知見が大いに生かされる。

日産のスポーツ&GT編/スカイラインはどうなった?

■V38型スカイライン/2021年12月登場予定

待ち望んでいたV38型スカイラインがデビューする(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 さて、続いては、日産のスポーツ&GT。多くのニッポンの日産ファンが待ち望んでいるのが、新型スカイラインだろう。

 V37型のデビューは2014年2月なので、すでに6年が経過。昨年のビッグマイチェンでハイブリッドにプロパイロット2.0が搭載されたほか、待望のV6、3Lターボ搭載モデルが国内投入されるなど、話題性はあったが、やはりスカイラインのフルモデルチェンジは待ち望まれている。

 次期型もやはりインフィニティQ50との共通モデルとなるが、それだけにグローバルプレミアムスポーツセダンとして力を込めた開発となる。

 注目はパワーユニット。日産は中期計画で「2022年までにEVを5モデル、e-POWERを5モデル」投入するとしていることに加え、インフィニティは今後のニューモデルをすべて電動化すると明言している。

 そう、新型スカイラインは2L、直4のVC(可変圧縮比)ターボエンジンを発電用とした前後2モーターe-POWERを採用することになる。

 VCターボは高熱効率域を幅広い回転域で実現することが可能で、効率的にハイパワーモーターを駆動できる。

 新型スカイラインに搭載されるモーターは前後合わせて435ps/71.4㎏mを発揮するというから、その動力性能は5Lターボ並み。走りのインパクトも大きい。

2018年のデトロイトショーで発表された「Qインスピレーション」が新型スカイラインのスタイルベースとなる。パワーユニットはVCターボ+前後2モーターのハイパフォーマンスe-POWERとなる。システム出力は435ps/71.4kgm(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

忘れちゃいけないのがフェアレディZ

■フェアレディZ/2021年5月登場予定(ビッグマイナーチェンジ)

ビッグマイナーチェンジで現行Zと大きくイメージを変える(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 現行フェアレディZは、2021年5月、フロントマスクの大胆フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジが行われる。

 スカイラインに搭載されたV6、3Lツインターボが搭載される。304ps仕様と405ps仕様(400R)が用意されるのは現行型スカイライン同様だ。次期型Zのデビューは早くとも2022年以降になるだろう。

まもなく登場する日産車たち

 このほか、これからデビュー予定の期待の日産車を紹介していこう。

■ノート/2020年12月登場予定

3列シートとスライドドアを採用する次期ノート(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 2020年12月に新型に切り替わるノート。最大のポイントは3列シートとスライドドアの採用だろう。

 つまり、フリードやシエンタのライバルとなるということ。パワーユニットは好評のe-POWERが中心となる。

■セレナ/2021年4月登場予定

2021年4月にデビュー予定の次期セレナ(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 2021年4月にフルモデルチェンジが予定されているセレナは、人気モデルであるとともに「5ナンバーサイズの3列シートミニバン」という基本コンセプトがあるため、そう大きな変更はなく、デザイン的にもキープコンセプトのモデルチェンジとなる。

 パワーユニットは2Lマイルドハイブリッドと1.2Lエンジンによるe-POWERというのも現行型同様。

 室内では、ライバルとのガチ比較対象となる3列目シートの居住性と格納方法で、新たな工夫が盛り込まれるとの証言を得ている。プロパイロット2.0が搭載されることになる。

■新型エクストレイル/2021年2月登場予定

キープコンセプトとなる次期エクストレイル(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 クロスモーションとのポジショニングが微妙で、新型エクストレイル=クロスモーションとの情報もあったが、サイズ的にはひと回り小さく、2列シートに絞って、よりクロカン指向を強めるのが新型エクストレイルだ。

 三菱アウトランダーとプラットフォームを共用して開発。PHEVも設定されるのもポイントだ。早ければ2021年2月頃に登場する見込み。

■注目ポイント/日産が推進するEV戦略のここがポイント

 最後に日産が積極的に採用する電動化について解説しておこう。いち早くピュアEV「リーフ」を量販開始し、モーター動力で走るシリーズハイブリッドe-POWERも搭載車を拡大し、販売的にも大きな存在となっている。

 「国内向けシルフィが来年春にモデルチェンジする」との情報をつかんだのだが、現状、販売的に大きくないシルフィを? と思っていたが「新型シルフィはEVになる」といった追加情報を得た。

 シルフィはすでに中国向けが新型に切り替わっており、これをベースに日本仕様となるのだが、リーフのパワーユニットを移植してピュアEVとするという。

 オーソドックスな4ドアセダンのEVとすることで、さらなるEV販売の拡大を狙うことになる。

 そして軽自動車にもEVの波は押し寄せる。東京モーターショーで公開された「IMK」。

 ショーモデルでは軽枠を若干オーバーしていたが、EV専用に開発されたプラットフォームはもちろん軽自動車サイズを念頭に置いている。これが「デイズEV」として2020年12月にデビュー予定。

■NEWシルフィEV/2021年2月登場予定

2020年の上海ショーでデビューした新型シルフィ。これにリーフのパワーユニットを組み合わせて日本投入

■デイズEV/2020年12月登場予定

IMkで提案されたピュアEV軽自動車のコンセプトは「デイズEV」として2020年12月に市販開始予定

【画像ギャラリー】待ってました! これから出る注目の日産車一覧

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ