ジムニー対抗の軽オフローダー開発中!!? ほか、ダイハツ&スズキの新型スケジュールを暴く!

 昨年(2020年)秋から末にかけてのタント・ロッキー、いよいよ来月に迫った新鋭タフトなど、コロナ禍にあっても元気な印象のあるダイハツ。タフトのあとも、新型のムーヴ、更にはジムニー対抗の軽オフローダー、新規コンパクトミニバンも開発中だという。

 対するスズキはどうか。昨年末にハスラーがフルモデルチェンジを果たし、海外専売ながらビターラブレッツァ、そしてスイフト/スイフトスポーツがマイナーチェンジ。新型アルト、エスクードでさらなる飛躍を果たせるか?

 ここでは、ダイハツの新型軽オフローダー、ムーヴ、そしてスズキの新型アルトの3台を軸に、両社の新型スケジュールを見ていこう。

【画像ギャラリー】やはり永遠のライバル!!? ダイハツ&スズキの販売スケジュールを時間順にチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです/文・写真:DAIHATSU、ベストカー編集部/初出:『ベストカー』 2020年5月26日号


■ジムニー対抗の軽オフローダー開発中! ダイハツ新型軽SUV(2022年以降デビュー)

ジムニーを意識し武骨な印象に…? 楽しみな1台だ!!(画像はベストカー予想CG)

 時間軸としてはこちらがより先にはなるのだが、先にご紹介しよう。

 ダイハツは軽SUVのタフトをこの6月にデビューさせる予定だが、さらに新しい軽自動車ベースのSUVを開発しているという情報がある。

 それがジムニー対抗のオフロード走行を重視したモデルなのだという。とはいえ、ジムニーのようなラダーフレームやパートタイム4WDを採用した本格クロカンではないが、FRベースの4WDになる可能性もあるから注目。

 FFベースになる場合も、ロッキー同様に悪路に強い4WDを採用し、4WD中心のラインナップになりそうだ。

■DNGAコンセプト投入で大幅進化! ダイハツ NEWムーヴ(2020年12月デビュー予定)

パワーユニットはNAとターボ搭載(画像はベストカー予想CG)

 次期型ムーヴは「DNGAコンセプト」を全面的に採用。このコンセプトはすでにタントで採用されているが、高剛性と軽量化を高次元で両立させたプラットフォームや、力強い走りと実燃費のよさを併せ持つパワーユニットで、ムーヴも大幅進化する。

■軽量プラットフォームはそのままに進化! スズキNEWアルト(2020年12月デビュー予定)

スタイルはスズキらしいセンスあるデザインになるはず(画像はベストカー予想CG)

 アルトは年末にフルモデルチェンジするという情報がある。その中身についての確定情報はまだないのだが、次期型も現行型で刷新された軽量プラットフォームがそのままキャリーオーバーされることは間違いない。

 パワーユニットは新型ハスラーで採用された新開発のR06D型直3エンジンへと一新。

 もちろん、現行型で復活を果たした「ワークス」は次期型でも設定され、2021年に登場する予定。

■その他 ダイハツ スズキ期待の新型車たち!

・ダイハツ 新型ミニバン…ハイブリッドもあり!のコンパクトミニバンがスタンバイ(2020年12月デビュー予定)
・スズキ NEWエスクード…ハンガリーからの逆輸入SUVもフルモデルチェン(2020年10月デビュー予定)

【画像ギャラリー】やはり永遠のライバル!!? ダイハツ&スズキの販売スケジュールを時間順にチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ