180SXとシルビアのいいとこどり 伝説の「シルエイティ」が今も買えるって本当か?


 S13シルビアの姉妹車として販売された180SX。S14シルビア不人気の影響もあって人気を持続し続け、S13型シルビアの顔を180SXのボディに改造するシルエイティも流行した。

 当時を振り返りながら、180SXの現在の中古車相場はどうなのか、シルエイティは人気なのか? 

 また逆パターンであるシルビアに180SXの顔にしたワンビアの現状、中古車相場、さらにはシルエイティを製作するショップにも取材した。

文/伊達軍曹
写真/日産自動車 TSRプロジェクト

【画像ギャラリー】今見てもカッコいいワンエイティ&シルエイティを写真でチェック!


180SXはなぜ延命されたのか?

S13シルビアの姉妹車、180SXは9年8ヵ月にわたって販売された

 いわゆるひとつのデートカーとして1988年に登場した「S13」こと5代目日産シルビア。それはデートカーであると同時に、いわゆる走り屋にも愛されたクルマだった。

 その当時すでに希少だった「程良いサイズ感+FR+5MT+パンチのあるエンジン」というパッケージが、峠やサーキットで(というか主に峠で)走りを極めたいと考える青年の心をわしづかみにしたのだ。

 そんなS13とコンポーネントを同じくする姉妹車として、1年遅れて1989年5月に登場したのが日産180SXだ。

 2ドアクーペであったS13シルビアに対してこちらはファストバックの3ドアハッチバッククーペで、ヘッドライトもリトラクタブル式。

 エンジンも、自然吸気も用意されていたS13シルビアに対して180SXはターボのみ(※1996年8月からの後期型では自然吸気の2Lもラインナップ)。S13シルビア同様に180SXも当時の走り屋青年たちに愛された一台だった。

ボディサイズは全長4520×全幅1695×全高1290mm、車重は1220kg。1.8LターボのCA18DET型は175ps、2LターボのSR20DET型は205psを発生

 1991年1月にはマイナーチェンジが行われ、エンジンを最高出力205psのSR20DET型2L直4ターボに一新。また従来のHICAS-IIも、このタイミングで「Super HICAS」に進化した。

 そして1993年途中にシルビアがS13からS14へのフルモデルチェンジを受けると、姉妹車である180SXのほうもモデルチェンジされるか、あるいは廃番になるかと思われたが、180SXはモデルチェンジされないまま販売を続行。

 1996年8月にはビッグマイナーチェンジが実施され、リアコンビネーションランプがスカイライン風の丸型になるなどと同時に、自然吸気のSR20DE型2L直DOHC(最高出力140ps)を搭載するタイプSも設定された。

 このような形で地道な改変を受けながら9年8カ月の長きにわたり販売が続けられた日産180SXでしたが、1998年12月、S15型日産シルビアに統合される形で生産終了となってしまった。

 S13からS14に変わる際に180SXがモデルチェンジされなかった直接の理由は、おそらくは「ニッチな姉妹車ゆえの予算不足」であったと思われる。だがその後1999年まで長らく延命された理由は、ひとえに「S14シルビアがひたすら不人気だったから」だ。

 そのコンパクトさこそが魅力だったボディはS14から3ナンバーサイズとなり、キャラクター的にも「ありがちなクーペ」へと変わってしまったS14は、当時の青年たちの心に響かなかった。

 そして青年たちは「5ナンバーサイズであり、FRであり、チューニングに適したパワフルなターボエンジンであり、なおかつ比較的安価でもある」という180SXの魅力に気づき、180SXの人気は再び高まってしまった……という寸法だ。

左が180SX、右がS13型シルビア

180SXの中古車は今いくらで買える?

上の写真をクリックすると180SXの中古車情報が見られます!

 そして、日産180SXの価値、すなわち「ジャストサイズなFRスポーツである」という価値は2020年の今となってもさほど減じていないせいか、その中古車は今なお豊富に流通しており、カーセンサーnetにおける5月下旬現在の掲載台数は104台。S13シルビアの掲載台数が50台なので、180SXのほうが倍以上多いことになる。

 全体の相場は70万~360万円と上下に幅広いが、「ボリュームゾーン」というのは特になく、この価格帯の中にまんべんなく物件が散らばっているという相場状況だ。

次ページは : シルエイティは今でも中古で買える?

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ