新型登場が確約されたフェアレディZの中古車が熱い!! 絶品ものは2000万円超!!

  2020年5月28日の決算会見で、その存在が明確にされた新型フェアレディZ。

 日産が配信したわずか60秒程度のyoutube動画の最後には、「Z」の1文字とともにロングノーズ&フェアストバックのシルエットが浮かび上がっていた。

 2021年末までに新車種としてフェアレディZを日産が投入することを暗示したものだ。

 そこで、祝・新型フェアレディZ発売決定記念として、歴代Zの中古車を取りあげたいと思う。

 今、手に入れるとすれば、S30型、S130型、Z31型、Z32型、Z33型、Z34型と、果たして歴代モデルのなかで、どの世代が狙い目なのだろうか?

 自らS30型240ZGオーナーでもあるモータージャーナリストの岩尾信哉氏が徹底解説する。


文/岩尾信哉
写真/ベストカーweb編集部 日産自動車

【画像ギャラリー】6代51年に渡る歴代フェアレディZはどのモデルが一番売れたのか?


どの世代が人気なのか?

1969年12月にデビューしたフェアレディZ。現在51周年を迎えた訳だが、次期Zのデビューも決まりひと安心

 大手中古車情報検索サイトを覗くと、データとしては歴代フェアレディZ全体の流通台数は約700台、平均価格は208万円(90万~608万円)と出てきた。

 そこで、流通台数、最低価格と最高価格、平均車両本体価格(数量が限られているため、初代S30と2代目S130を除く)を調べてみた。

 なお、最高価格車では、基本的に年式、グレード、走行距離などを確認できるものを選択している。

 トヨタ2000GTは7000万円以上、ハコスカGT-Rも2000万円以上、ケンメリGT-Rにいたっては4000万円はくだらないといわれているなか、フェアレデイZの中古車はいくらなのか、気になるところだ。

初代S30型:1969年12月~1978年8月

1969年12月にデビューしたS30型フェアレディZ

S30型の中古車情報はこちらをクリック!

流通台数:45台、中古車流通価格帯:268~2700万円

 1969年10月の東京モーターショーでデビューしたS30型初代フェアレディZは、“Zの父”と呼ばれる「Mr.K」こと故片山 豊氏が「広く手の届くスポーツカーを売りたい」という信念のもと、米国市場での日産(DATSUN)の販売を強化するために生み出された。

 足回りを前後ストラットと複雑な形式を避けたのもコストを抑えることを狙っているし、手許にあった2LのL20型直6(北米仕様には2.4LのL24型を設定)を設定したことも同様だ。

 なお、初期のグレードはZ(4速MT)、Z-L(5速MT、3速ATを設定)、Z432(5速MT)で構成されていた。

 なかでも日本のモータースポーツでの活躍を狙って仕立てられた、初代ZのトップモデルであるZ432は別格といえる。

フルレストア済みで2700万円というZ432が歴代Zの最高価格といえるだろう。もちろん、Z432-Rの出物があればさらに高い

 “箱スカ”スカイラインGT-Rから受け継いだS20型2LDOHC直6を搭載するなど、いまやヒストリックカーとして、高価格な輸入スポーツカーを扱うショップやディーラーでも扱いがあるなど、いわゆる「ASK」「応談」として出回ることが定着しつつさえあるのだから、もはや庶民からは遠い世界へと離れつつある。

 1971年11月にはL24型直6を搭載した240Z/240ZGが追加されている。なおGS30型と呼ばれる“2+2”、4シーターの2by2仕様は1974年1月(2.4Lには設定なし)にラインナップされた。

 いきなりで恐縮だが、歴代Zの最高価格モデルはZ432であることは疑いようもない。

 「ASK」モデルを確認してみると、Z432が1969年式で距離不明のフレストア車両で2700万円、3000万円の正札を掲げるショップがある。

 これにレース用ホモロゲーションモデルとして仕立てられたZ432-Rと240Zのレース仕様が加わると、いったいどこまでいくのやらということになる。

 240ZGでは1972年式走行距離7万km(!)の車両(全塗装済とのこと)が1080万円への正札を掲げている。

 要は半世紀を生き残ったヒストリックスポーツカーの栄誉として、通常の中古車市場から離れた位置づけにあるということだ。

 それでも一台“手頃な”モデルを挙げておけば、1977式のGS30型2.0 Z-L 2by2は7.7万kmの走行距離の価格は550万円。

 2オーナーのフルレストア済みとのことだった。これでも良心的に思えるのは、筆者が240ZGオーナーであるゆえのバイアスがかかっていることについては否定するべくもない。

岩尾信哉氏が所有する240ZGの中古車価格は軽く1000万円オーバーという状況

2代目S130型:1978年8月~1983年9月

シルバー/ブラックのツートンカラー、マンハッタンカラーが懐かしい280Z- Tバールーフ

S130型の中古車情報はこちらをクリック!

流通台数:19台、中古車流通価格帯:140.8万~363万円

 成功を収めた先代のイメージを引き継ぐかたちで登場したS130型Zは、S30からの変化として、いかにも北米市場を意識した、分割脱着式ルーフのTバールーフの採用(1980年11月に国内市場に追加装備)したことが大きい。

 足回りも変更を受け、マクファーソンストラット、セミトレーリングアームを備える点を見れば、もっと評価されてよいと思うのだが、19台と流通台数が想像以上に少ない。

 やはり、排ガス規制を受けたエンジンのひ弱さが流通台数が少ない理由になるだろうか。つい30年ほど前に29万円とか、49万円で売られていたのを思い出す。

 ボディタイプは2シーターと2by2。標準のZ(2Lモデルのみ)と追加装備を与えたZ-LとZ-Tを用意。

 トランスミッションは5速MTと3速ATを設定した。1982年10月には日本車初のターボエンジン、2L直6ターボのL20ET型を搭載する200Z-Tが追加された。

 S130型Zの中古車情報検索サイトを調べると、最高額車だったのは、1984年式の280Z(2シーター)。

 走行距離は6.9万kmで363万円。ただし、他の出回っているS130と同様にエアロパーツの装着やエンジン回りなどに手が加えられている場合が多いので、程度の確認には最新の注意が必要になるだろう。

L型2.8Lエンジンのチューニングが流行したのもこのS130型

3代目Z31型:1983年9月~1989年7月

半開きのリトラクタブルヘッドライドが特徴のZ31型

Z31型の中古車情報はこちらをクリック!

流通台数:41台、中古車流通価格帯:89万~439万円、平均中古車価格:177.5万円

 ともかく仕様の千差万別加減が甚だしいのがZ31の特徴といえる。半開き(?)のリトラクタブルヘッドライトをはじめ、当時流行のデザインを採り入れたことで、Zに新たなイメージを与えた。

 初期型のグレード構成は、2L、V6ターボをZ、ZS、ZGに、3L、V6ターボを300ZXに与え、5速MTと4速ATと組み合わせた。

 ボディタイプはZの基本通り2シーターと2by2を用意。日本市場では1984年2月からTバールーフが追加設定された。

 Z31のトピックとしては、ZRシリーズの導入が見逃せない。1985年10月のマイナーチェンジから直6を復活させて登場した200ZRを追加設定。

 タービンローターをセラミック製とした“セラミックターボ”を備えたRB20DET型2L直6ターボを搭載。180ps/23.0kgmを発生する(この時点で2L、V6ターボ廃止)。

 なお、グレード名として、ZR-Iが標準ルーフ、ZR-IIがTバールーフの仕様を意味する。

1986年10月のマイナーチェンジでブリスターフェンダーが与えられた

 続いて、ビッグマイナーチェンジが行われた1986年10月以降のモデルでは、3Lモデルのエクステリアにブリスターフェンダーが与えられ、200ZR-Iを除いてTバールーフも設定された。

 同時に設定された300ZRは新たにVG30DE型3L、V6(190ps/25kgm)を搭載した(300ZXと併売)。3Lモデルは4速ATが設定された。

 個人的には、ブリスターフェンダー装着のビッグマイナーチェンジ後の3Lモデルがほぼ出回っていないことは残念。いずれにしてもこのビッグマイナーチェンジ後のブリスターフェンダーモデルは今見てもめちゃくちゃカッコいい。

 Z31の流通上の最高額車は、R33型GT-R用RB26DETT用パワートレーンに換装したもので438万円(1986年式、ベースはZR-IIの2シーター、走行距離は9.6万km)。

 とはいえ、流通している中古車の多くは300万円以下で入手できる。旧車の扱いに心得があれば、まだまだおもしろい選択肢といえそうだ。

R33型GT-RのRB26DETTを搭載したZR-IIが438万円という最高価格

4代目Z32型: 1989年7月~2000年9月

1989年7月にデビューしたZ32。歴代モデルのなかで最もデザインが斬新

Z32型の中古車情報はこちらをクリック!

流通台数:62台、中古車流通価格帯:46万~398万円、中古車平均価格:145.7万円

 スポーツカーとして進化を遂げたZ32はスポーツカーとしてのZを際立たせる役割を担って登場した。

 目指すライバルとしてポルシェ944を挙げるなど、イケイケだったこの時代の日産の意欲作である。

 前後マルチリンクのサスペンションを新開発したシャシーに、自然吸気3L、V6の300ZX、ツインターボの300ZXツインターボ(日本初の280psエンジン)を設定した。

 2シーター/2by2、ノーマルルーフとTバールーフの“定番設定”は3代目と共通だ。5速MTと4速ATのトランスミッションに変更はない。

 中古車市場に出回っているのは、そのほとんどが2by2のTバールーフ仕様。

 1992年8月に追加された300ZXをベースとしたコンバーチブル(2シーターのみ)はあっても数は限られている(Tバールーフと併売)。

 Z32の中古車で最高額となったのは、398万円の東京で販売されていた1991年式300ZXツインターボ 2シーターTバールーフ(記録簿付きの走行距離3.4万km!)。

 一方で1991式の300ZX 2by2 Tバールーフ(走行距離3.4万km)で150万円、ボディカラーがレッドという魅力的な車両を発見。

 とはいえ、所在が熊本となっていて価格に地域差が生まれてしまうのは致し方ないが、まだまだ粘って「掘り出し物」を探すことが可能かもしれない。

Z32は2シーターと2by2モデルをラインナップ

5代目Z33型:2002年9月~2008年11月

2シーター専用ボディとなったZ33型

Z33型の中古車情報はこちらをクリック!

流通台数:291台、中古車流通価格帯:18.9万~429万円、平均中古車価格:74万円

 Z32の生産中止から約2年を経て復活したZ33は、強く初代を意識したエクステリアとインテリア(3連メーターなどを模倣)のデザインとともに、プラットフォームもFR-Lを新たに採用。日産の復活を牽引するイメージリーダーとして登場した。

 パワーユニットは初期型では3.5L、V6のVQ35DE型エンジンを搭載。その後、VQ35HR型ではついに300psオーバーを実現している。

 トランスミッションは6速MTと5段ATを搭載。足回りも前:ダブルウィッシュボーン、後:マルチリンクと一新された。

 20年近く前に生まれたZ33は、流通量に関しては当然豊富で、中古車の最高価格車は2007年式の380RSニスモ(3.8L仕様。走行距離:3.3万km)の429万円。

 数ある流通車両でもスペシャルモデルであることを考えれば当然か。ちなみに、ロードスターが設定されたのもトピックのひとつといえる。

モダンなデザインだがロングノーズショートデッキのZ伝統のスタイルを継承している

6代目Z34型:2008年12月~

登場から早12年が経過している現行Z34型

Z34型の中古車情報はこちらをクリック!

流通台数:228台、中古車流通価格帯:90万~608万円、平均中古車価格:209.3万円

 先代のZ33から外装を中心として手を加え、ホイールベースを100mm短縮するなど、走りの改善への意欲が見えた現行モデル。

 パワートレーンも排気量を3.7Lに拡大したVQ37VHR型に6速MTと7速マニュアルモード付きATを組み合わせている。

 中古車の最高額となったのは先のZ33と同様にニスモの「370RS」。

 2020年式の走行距離6000kmというから、程度に不安はないはず。そのほか「バージョンニスモ」や「40thアニバーサリー」、「50thアニバーサリー」もすでに新古車レベルで出回っているから、スペシャルモデルを狙うのも選択肢となるはずだ。

50周年アニバーサリーモデル(左)と筆者所有のS30型240ZG(右)

 未だにモデルチェンジをしていないことに改めて驚かされるが、ようやく先の日産の発表によってニューモデルが計画されていることが確認できたので、ほっと胸をなで下ろしたファンも多いだろう。

 こうして中古車市場を見ていくと、意外にZ31とZ32が健闘しているように感じられる。

 あえて初代にモチーフを求めたレトロに近い雰囲気を与えられたZ33とZ34がスペシャル感(と品質感)が薄いようにファンに受け取られたのかもしれない。

 ベストカーの新型スクープイラストを見ると期待できそうだが、スポーツカーとしての伝統と斬新さを併せ持つように「7代目」が仕上げられることを願いたい。

次期フェアレディZの予想CGイラスト(ベストカーが製作したもの)。2021年末までにデビュー予定。フルモデルチェンジだと信じたいが、ビッグマイナーチェンジの可能性もある

【画像ギャラリー】6代51年に渡る歴代フェアレディZはどのモデルが一番売れたのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ