ホンダオデッセイ 起死回生なるか!? 劇的チェンジで復権の狼煙!!

ホンダオデッセイ 起死回生なるか!? 劇的チェンジで復権の狼煙!!

 2020年11月6日、ホンダは、上級ミニバン「ODYSSSEY(オデッセイ)」をマイナーモデルチェンジし、同日より発売開始した。

 主な変更点は、エクステリアデザインの刷新のほか、インテリアの質感向上、コンビメーターパネル内の高精細フルカラー液晶パネルの大型化、そして、ジェスチャーによって操作ができるパワースライドドアや予約ロックの採用による使い勝手の向上など、だ。

 こうして書くと、よくあるマイナーチェンジの内容にみえるが、その中身は想像を超えていた。詳細を見ていこう。

文/吉川賢一、写真:HONDA、奥隅圭之

【画像ギャラリー】旧型から大きく進化&激変!! 蔵出し画像で新型オデッセイの細部をチェック!!


マイチェンで再起なるか!?

2013年にデビューした現行オデッセイは、細かくマイチェンなどが施されてきたが、7年目でビッグマイチェンによりイメージ一新された
2013年にデビューした現行オデッセイは、細かくマイチェンなどが施されてきたが、7年目でビッグマイチェンによりイメージ一新された

 5代目である現行型がデビューしたのは2013年11月のこと。すでに7年が経過したモデルだ。

 歴代オデッセイは、「低床ミニバン」を技術キーワードに、「家族のみんなが使いやすいクルマ」を目指し、時代に合わせてその姿を変え、ユーザーの支持を得てきた、7~8人乗りのミニバンだ。

 なかでも、初代オデッセイの人気は凄まじく、発売翌年の1995年には、登録車販売台数ランキングで4位にランクインするほどの人気ぶりで、当時はエスティマよりも人気があった。

 しかしいまは、背高ミニバンやSUVが全盛の時代。オデッセイのような比較的背の低いミニバンは、いまや風前の灯火だ。

 このカテゴリの雄であったトヨタエスティマも、2019年12月をもって生産終了、ラージミニバンのアルファードにその座を奪われている。

2モーターハイブリッドはe:HEVの名称に変更されている。いっぽう、2.4L、直4DOHCエンジンは直噴がラインナップから消滅
2モーターハイブリッドはe:HEVの名称に変更されている。いっぽう、2.4L、直4DOHCエンジンは直噴がラインナップから消滅

 背が低いミニバンといえば、日産エルグランドも忘れてはならない。エルグランドは、アルファードに市場を奪われてから、「背高」に対抗するかのように低床化。

 今回、奇しくも、同じ運命をたどっているオデッセイと同じタイミング(2020年10月)で、マイナーチェンジとなり、エルグランドは、アルファードを刺し返さんとばかりに、ド派手フェイスに生まれ変わっている。

 今回の改良型オデッセイは、マイナーチェンジ前後で基本構成の変更はない。

 2Lガソリン+2モーターハイブリッドのe:HEVと、2.4Lガソリンエンジンを備えた7/8人乗りの3列シートミニバンで、FFもしくは4WD(2.4Lのみ)となる。

 WLTC燃費はe:HEVは20.2km/h(e:HEV ABSOLUTE 7人乗り)、2.4Lガソリンは12.8km/h(ABSOLUTE FF 7人乗り)。ボディカラーは全5色、新色としてオブシダンブルー・パールが加わった。

オデッセイの登録台数/現行オデッセイはデビュー翌年の2014年は3万台以上を販売。多くはないものの毎月500~900台がコンスタントに売れており、一定の需要がある
オデッセイの登録台数/現行オデッセイはデビュー翌年の2014年は3万台以上を販売。多くはないものの毎月500~900台がコンスタントに売れており、一定の需要がある

次ページは : 本気で変えてきたエクステリアデザイン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!