起死回生なるか!? ホンダオデッセイが劇的チェンジで復権の狼煙!!

 2020年11月6日、ホンダは、上級ミニバン「ODYSSSEY(オデッセイ)」をマイナーモデルチェンジし、同日より発売開始した。

 主な変更点は、エクステリアデザインの刷新のほか、インテリアの質感向上、コンビメーターパネル内の高精細フルカラー液晶パネルの大型化、そして、ジェスチャーによって操作ができるパワースライドドアや予約ロックの採用による使い勝手の向上など、だ。

 こうして書くと、よくあるマイナーチェンジの内容にみえるが、その中身は想像を超えていた。詳細を見ていこう。

文/吉川賢一、写真:HONDA、奥隅圭之

【画像ギャラリー】旧型から大きく進化&激変!! 蔵出し画像で新型オデッセイの細部をチェック!!


マイチェンで再起なるか!?

2013年にデビューした現行オデッセイは、細かくマイチェンなどが施されてきたが、7年目でビッグマイチェンによりイメージ一新された

 5代目である現行型がデビューしたのは2013年11月のこと。すでに7年が経過したモデルだ。

 歴代オデッセイは、「低床ミニバン」を技術キーワードに、「家族のみんなが使いやすいクルマ」を目指し、時代に合わせてその姿を変え、ユーザーの支持を得てきた、7~8人乗りのミニバンだ。

 なかでも、初代オデッセイの人気は凄まじく、発売翌年の1995年には、登録車販売台数ランキングで4位にランクインするほどの人気ぶりで、当時はエスティマよりも人気があった。

 しかしいまは、背高ミニバンやSUVが全盛の時代。オデッセイのような比較的背の低いミニバンは、いまや風前の灯火だ。

 このカテゴリの雄であったトヨタエスティマも、2019年12月をもって生産終了、ラージミニバンのアルファードにその座を奪われている。

2モーターハイブリッドはe:HEVの名称に変更されている。いっぽう、2.4L、直4DOHCエンジンは直噴がラインナップから消滅

 背が低いミニバンといえば、日産エルグランドも忘れてはならない。エルグランドは、アルファードに市場を奪われてから、「背高」に対抗するかのように低床化。

 今回、奇しくも、同じ運命をたどっているオデッセイと同じタイミング(2020年10月)で、マイナーチェンジとなり、エルグランドは、アルファードを刺し返さんとばかりに、ド派手フェイスに生まれ変わっている。

 今回の改良型オデッセイは、マイナーチェンジ前後で基本構成の変更はない。

 2Lガソリン+2モーターハイブリッドのe:HEVと、2.4Lガソリンエンジンを備えた7/8人乗りの3列シートミニバンで、FFもしくは4WD(2.4Lのみ)となる。

 WLTC燃費はe:HEVは20.2km/h(e:HEV ABSOLUTE 7人乗り)、2.4Lガソリンは12.8km/h(ABSOLUTE FF 7人乗り)。ボディカラーは全5色、新色としてオブシダンブルー・パールが加わった。

オデッセイの登録台数/現行オデッセイはデビュー翌年の2014年は3万台以上を販売。多くはないものの毎月500~900台がコンスタントに売れており、一定の需要がある

本気で変えてきたエクステリアデザイン

新型オデッセイはグリルが大型化され、ヘッドライトデザインも一新されたて薄型となった。フェンダーラインまで変更する大掛かりな改良で、起死回生を狙う
ビッグマイチェン前のオデッセイ。新型とは明らかに違うフロントマスク。2017年のマイチェンで質感がアップしたが、新型はさらにその上を行く

 エクステリアの変更内容からは、今回の改良型オデッセイに賭ける、ホンダの意気込みがうかがえる。

 フード前端のプレスラインを持ち上げ、さらにはフロントフェンダーにも手を加えている。樹脂部品のバンパーやヘッドライトとは違い、プレス成型品となると途端にコストがかかる。オデッセイの起死回生を願う、ホンダの熱い思いを垣間見た気がした。

 これにより、改良型オデッセイは、風格あるスタイリングはそのままに、厚みのあるフードと大型グリル、そして薄型のヘッドライトによって、力強いフェイスとなった。

 ヘッドライト周りやブラック基調のグリルは、同社のインサイトやステップワゴンに似た雰囲気だ。

リアではリアコンビランプのデザインが一新されているのが目を引くが、リアウィンドウのデザインも一新されている

 リア周りも、リアコンビライト変更と合わせ、バックドアの形状が変更された。メッキ加飾も施され、シャープなスタイルとなっている。

 クルマの内側から外側へと流れるシーケンシャルターンシグナルランプを前後のウィンカーに採用。他にもパワーテールゲートを今回より採用した。

 大幅な変更が加えられたものの、改良型オデッセイのデザインは、オデッセイ本来の独自性がキープされた。

 ホンダ開発担当者に聞いたところ、某社の背高ラージミニバンの方向性は目指さなかったそうだ。どこかで見たような、「メッキ多用の鉄仮面」にならなくて、本当によかったと思う。

インテリアも正常進化、お客様の声を取り入れた改良がいたるところへ!

インテリアもダッシュボードを含めデザインを変更。ユーザーの意見を反映させて使い勝手を向上させ、質感を高めている

 インテリアでは、インパネの加飾パネルの変更に加え、メーター内の液晶モニタのサイズが3.5インチから7インチへと変更された。

 また、「収納がもっと欲しい」といったユーザーの声に応えるため、格納式ドリンクホルダーを運転席側に、リッド付きのインパネボックスを助手席側へと追加された。

 手を伸ばしたところにある車内収納は、いくらあっても困らないものだ。いかにうまく隠せるかは、メーカー技術者の腕の見せ所であるが、改良型オデッセイでは、見事なまでに自然に溶け込んでいた。

 また、純正アクセサリとして、ナビゲーションシステムにはこれまでの最大9インチサイズから、10インチの大型液晶モニタに変更した(税込27万5000円+取付アタッチメント税込4400円)。

 後席用の11.6インチモニタ(税込9万3500円+取付アタッチメント1万3200円)や、オデッセイ専用の音響チューニングがなされたハイグレードスピーカーシステム(税込4万5100円)も設定されており、車内のエンターテイメントも、ぬかりは一切ない。

エアコンの操作パネルは凹凸がなく質感が高くカッコよく見えるが、使い勝手に関しては少々疑問。ただしホンダの意気込みは感じる

 唯一、気になったのは、エアコンのコントロールパッドだ。操作しづらい低い位置にあることに加え、静電パッドによるスイッチなのだ。

 静電パッドは、凹凸がなくすっきりするため、デザイン的に採用したくなるのはわかるのだが、エアコンのような、運転中に操作する可能性が高い機能のスイッチは、運転中でも手探りで操作ができる物理的なスイッチであるべき。

 物理スイッチを外したいのであれば、音声操作可能にするか、動作時にクリック感を伴うタイプにする、などの工夫が必要だ。この点は、改良してほしい、ポイントだ。

ジェスチャー操作バックドア開閉はホンダらしい「遊び心」!!

 後席スライドドアは、ジェスチャー操作で開閉が可能な「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」が、なんと標準装備となる。

 スライドドアのウィンドウガラス下側に付いたセンサー部のブルーLED手を近づけ、ライトの流れに沿って手をスライドすると、ドアの開閉が可能だ。開閉途中でタッチすればストップもできる。

 最初は、「フットセンサーやタッチスイッチでもよくないか!?」と思ったが、実際に動作を見ると、実に面白く、そして動作条件もよく考えられている。

 手袋をしていてもOK、両手が塞がっていても肘で動作可能という。「他メーカーではやっていない」装備を、遊び心として入れる、ホンダのチャレンジングスピリットは実に好ましい。

ジェスチャー操作で開閉が可能な「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」は全車に標準装備される、新型オデッセイの目玉装備
スライドドアの開閉だけでなく、途中でストップさせることもできる。その後の作動方向もジェスチャーで選択可能となっている。LEDの青い光もムーディ

オデッセイの「素のよさ」を体感してほしい!

新型オデッセイは、ドライビングポジションなど、評価の高かった基本的な部分は踏襲し、新たなデザイン、機能を追加して魅力アップに努めている

 ホンダの開発担当者によると、マイナーチェンジによって改良した部分も大切だが、オデッセイがもともと持っていた「素の良さ」を再認識していただきたい、というのが、今回の改良型オデッセイのポイントだという。

 運転のしやすさ、ドラポジの取りやすさ、前・後席シートの座り心地、走りの気持ちよさ、そしてホンダセンシングの質の高さなど、従来型から評判のいい部分はそのままに、クルマを一層熟成させた、と話してくれた。

オデッセイと言えば走りのよさが魅力。ミニバンの走りに革命を起こしたアブソルートは新型オデッセイでも健在!!

 また、オデッセイの他社車に対する強みは「走りの楽しさ」と力強く語ってくれた。オデッセイに限らず、ホンダ開発陣の走りへのこだわりは強く、他社メーカーには絶対に負けたくないところだそうだ。その辺りは、今後公道試乗の際に確かめたいと思う。

 改良型オデッセイの希望小売価格は、e:HEVが419万8000~458万0000円、2.4Lガソリンは349万5000円~392万9400円。

ハイブリッドはシステムについては基本的に変更はない
最上級グレードのe:HEVアブソルートEXは7人乗りのみ、4WDは8人乗りのみの設定となる
ノーマルと差別化したい人には、ホンダアクセス製の専用グリル、バンパーをはじめ多くのドレスアップパーツがラインナップされている
リフトアップシートは、2.4L、直4DOHC搭載モデルに設定されている。価格は358万2000~378万2000円(写真はサイドリフトアップシート車)

【画像ギャラリー】旧型から大きく進化&激変!! 蔵出し画像で新型オデッセイの細部をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ