ホンダオデッセイ 起死回生なるか!? 劇的チェンジで復権の狼煙!!


 2020年11月6日、ホンダは、上級ミニバン「ODYSSSEY(オデッセイ)」をマイナーモデルチェンジし、同日より発売開始した。

 主な変更点は、エクステリアデザインの刷新のほか、インテリアの質感向上、コンビメーターパネル内の高精細フルカラー液晶パネルの大型化、そして、ジェスチャーによって操作ができるパワースライドドアや予約ロックの採用による使い勝手の向上など、だ。

 こうして書くと、よくあるマイナーチェンジの内容にみえるが、その中身は想像を超えていた。詳細を見ていこう。

文/吉川賢一、写真:HONDA、奥隅圭之

【画像ギャラリー】旧型から大きく進化&激変!! 蔵出し画像で新型オデッセイの細部をチェック!!


マイチェンで再起なるか!?

2013年にデビューした現行オデッセイは、細かくマイチェンなどが施されてきたが、7年目でビッグマイチェンによりイメージ一新された

 5代目である現行型がデビューしたのは2013年11月のこと。すでに7年が経過したモデルだ。

 歴代オデッセイは、「低床ミニバン」を技術キーワードに、「家族のみんなが使いやすいクルマ」を目指し、時代に合わせてその姿を変え、ユーザーの支持を得てきた、7~8人乗りのミニバンだ。

 なかでも、初代オデッセイの人気は凄まじく、発売翌年の1995年には、登録車販売台数ランキングで4位にランクインするほどの人気ぶりで、当時はエスティマよりも人気があった。

 しかしいまは、背高ミニバンやSUVが全盛の時代。オデッセイのような比較的背の低いミニバンは、いまや風前の灯火だ。

 このカテゴリの雄であったトヨタエスティマも、2019年12月をもって生産終了、ラージミニバンのアルファードにその座を奪われている。

2モーターハイブリッドはe:HEVの名称に変更されている。いっぽう、2.4L、直4DOHCエンジンは直噴がラインナップから消滅

 背が低いミニバンといえば、日産エルグランドも忘れてはならない。エルグランドは、アルファードに市場を奪われてから、「背高」に対抗するかのように低床化。

 今回、奇しくも、同じ運命をたどっているオデッセイと同じタイミング(2020年10月)で、マイナーチェンジとなり、エルグランドは、アルファードを刺し返さんとばかりに、ド派手フェイスに生まれ変わっている。

 今回の改良型オデッセイは、マイナーチェンジ前後で基本構成の変更はない。

 2Lガソリン+2モーターハイブリッドのe:HEVと、2.4Lガソリンエンジンを備えた7/8人乗りの3列シートミニバンで、FFもしくは4WD(2.4Lのみ)となる。

 WLTC燃費はe:HEVは20.2km/h(e:HEV ABSOLUTE 7人乗り)、2.4Lガソリンは12.8km/h(ABSOLUTE FF 7人乗り)。ボディカラーは全5色、新色としてオブシダンブルー・パールが加わった。

オデッセイの登録台数/現行オデッセイはデビュー翌年の2014年は3万台以上を販売。多くはないものの毎月500~900台がコンスタントに売れており、一定の需要がある

本気で変えてきたエクステリアデザイン

新型オデッセイはグリルが大型化され、ヘッドライトデザインも一新されたて薄型となった。フェンダーラインまで変更する大掛かりな改良で、起死回生を狙う
ビッグマイチェン前のオデッセイ。新型とは明らかに違うフロントマスク。2017年のマイチェンで質感がアップしたが、新型はさらにその上を行く

 エクステリアの変更内容からは、今回の改良型オデッセイに賭ける、ホンダの意気込みがうかがえる。

 フード前端のプレスラインを持ち上げ、さらにはフロントフェンダーにも手を加えている。樹脂部品のバンパーやヘッドライトとは違い、プレス成型品となると途端にコストがかかる。オデッセイの起死回生を願う、ホンダの熱い思いを垣間見た気がした。

 これにより、改良型オデッセイは、風格あるスタイリングはそのままに、厚みのあるフードと大型グリル、そして薄型のヘッドライトによって、力強いフェイスとなった。

 ヘッドライト周りやブラック基調のグリルは、同社のインサイトやステップワゴンに似た雰囲気だ。

リアではリアコンビランプのデザインが一新されているのが目を引くが、リアウィンドウのデザインも一新されている

 リア周りも、リアコンビライト変更と合わせ、バックドアの形状が変更された。メッキ加飾も施され、シャープなスタイルとなっている。

 クルマの内側から外側へと流れるシーケンシャルターンシグナルランプを前後のウィンカーに採用。他にもパワーテールゲートを今回より採用した。

 大幅な変更が加えられたものの、改良型オデッセイのデザインは、オデッセイ本来の独自性がキープされた。

 ホンダ開発担当者に聞いたところ、某社の背高ラージミニバンの方向性は目指さなかったそうだ。どこかで見たような、「メッキ多用の鉄仮面」にならなくて、本当によかったと思う。

次ページは : インテリアも正常進化、お客様の声を取り入れた改良がいたるところへ!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ