リッターSSが尖りすぎて日本勢もキレた!!! 「キレッキレッ」のカワサキ新型ZX-10R/RRスクープをキャッチ

リッターSSが尖りすぎて日本勢もキレた!!! 「キレッキレッ」のカワサキ新型ZX-10R/RRスクープをキャッチ

 チャンピオンメーカー、カワサキが動く。2021年に向けて新型ZX-10R/RRをリリースするという噂はあったが、ここにきてそれらしき車両写真が出回り話題となっている。

 その写真を元に、2021年型ZX-10RRのイメージCGを作成。見えてきた具体像をお伝えするとともに、競争が加熱する1000ccスーパースポーツの行方も占う。

文/市本行平、CG/SHIN GRAPHIC、写真/KAWASAKI、BMW、DUCATI、HONDA

【画像ギャラリー】ニッポンの誇りを胸に!! 新型ZX-10R/RRスクープ独占画像に大注目


■新型ZX-10R/RRはH2を踏襲したスタイルにイメージチェンジか

新型ZX-10RRを写真を元にCGで再現。ヘッドライトとシートカウル両側にダクト状のウイングを配置しダウンフォースを稼ぐ。メーターは画面の大きな液晶タイプを装備するが、燃料タンクは従来型を引き継ぐようだ。(CGイラストは編集部が制作したもの)
新型ZX-10RRを写真を元にCGで再現。ヘッドライトとシートカウル両側にダクト状のウイングを配置しダウンフォースを稼ぐ。メーターは画面の大きな液晶タイプを装備するが、燃料タンクは従来型を引き継ぐようだ。(CGイラストは編集部が制作したもの)

 新型ZX-10R/RRのCGでまず目を引くのはスタイリング。これまで通り顔の中央に吸気ダクトを置きつつ、アゴが突き出たH2のイメージを受け継いでいる。一方、シャーシやエンジンは現行型を踏襲しているようで、新型は改良型ということが分かる。

 現行ZX-10R/RRは2011年型がベースとなっており、登場から10年の節目でフルモデルチェンジするという予想もあった。

 しかし、2020年も世界最高峰のプロダクションレース、スーパーバイク世界選手権(SBK)で6連覇する強さを見せているだけに、大きな変更は必要ないという判断のようだ。

こちらは現行ZX-10RRで、2019年に500台限定で発売。この年式でエンジンが大幅に改良され、さらにRR専用のチタン製コンロッドなどで204psを発揮している。価格は298万1000円だ。
こちらは現行ZX-10RRで、2019年に500台限定で発売。この年式でエンジンが大幅に改良され、さらにRR専用のチタン製コンロッドなどで204psを発揮している。価格は298万1000円だ。

 2011年からの10年間でカワサキは、スーパーバイク世界選手権のライダータイトルを計7回獲得。この圧倒的な強さに対抗するためライバルメーカーはマシンを強化し、参戦車両となる1000ccスーパースポーツモデルは各段にレベルアップを果たしている。

 中には保安部品付きの状態で車重が200kgを切り出力は220ps以上というモデルもあり、ひと昔前のモトGPレーサーと変わらない性能と言っても過言ではない過熱ぶりなのだ。

 これを迎え撃つカワサキが王座を守り抜けるかどうかは、新型ZX-10RRの進化にかかっている。

次ページは : ■カワサキ包囲網狭まる!?  BMWはついにMモデルを初めてバイクに投入

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ