緊急入電!! マジで「メグロ」が復活!! カワサキは自社の歴史を伝えるアイコンにメグロを選んだ

緊急入電!! マジで「メグロ」が復活!! カワサキは自社の歴史を伝えるアイコンにメグロを選んだ

 カワサキがニューモデルの「メグロK3」を正式発表した。内容はカワサキ「W800」のカラーリングやエンブレムを変更した追加バリエーションと言えるものだが、狙いはラインナップ拡充だけではない。

 伝統を具現化した一台でカワサキが得ようとしているものは何か。その新たな一手を読み解く。

文/市本行平 写真/KAWASAKI

【画像ギャラリー】カワサキの伝統を令和に伝えよ!! メグロK3詳細画像


■メグロK3で売りたいのは、カワサキのストーリー

11月13日にカワサキがSNSで配信した最初の1枚。メグロK3が写る背景の左に目黒製作所と創業年、右に川崎航空機工業(創業年は川崎築地造船所のもの)というふたつの名前を置いて、メグロK3のバックボーンを表している。価格は127万6000円で2021年2月1日に発売される
11月13日にカワサキがSNSで配信した最初の1枚。メグロK3が写る背景の左に目黒製作所と創業年、右に川崎航空機工業(創業年は川崎築地造船所のもの)というふたつの名前を置いて、メグロK3のバックボーンを表している。価格は127万6000円で2021年2月1日に発売される

 今回発表になった「メグロK3」は、1965年に発売された「カワサキ500メグロK2」の後継機という位置づけだ。簡単に言えばW800の追加バリエーションモデルだが、消えていたふたつの名前を再浮上させたことに大きな意味がある。

 ひとつは「メグロ」、もうひとつは「川崎航空機工業」だ。メグロは1964年に川崎航空機工業が吸収合併した目黒製作所のバイクブランド。メグロK3の発売は、このふたつを同時に語ることができる好機だ。

 まず、メグロK3の発売で強く訴えることができるのは、歴史である。目黒製作所は1924年(大正13年)に創業した日本およびアジア最古のメーカーだ。

メグロK3の前身となるカワサキ500メグロK2(1965年)は、36PSで最高速は165km/h。同年のホンダCB450は43PSで180km/hと、メグロが得意とする大型バイクにおいても新興メーカーが猛追していた。
メグロK3の前身となるカワサキ500メグロK2(1965年)は、36PSで最高速は165km/h。同年のホンダCB450は43PSで180km/hと、メグロが得意とする大型バイクにおいても新興メーカーが猛追していた。

 そのブランド名を復活させることは、国内二輪最古参の伝統を示し、結果的にはそれを吸収合併しているカワサキのブランドイメージ向上にも結び付くだろう。

 ちなみに欧米ではイギリスの「トライアンフ」、アメリカの「インディアン」など、受け継ぐ企業体が入れ替わりながらも歴史や知名度を足掛かりに事業展開している例に事欠かない。

 メグロも創業から数えれば間もなく100周年。この歴史的資産を生かさない手はない。

航空機部門が分離され1937年に川崎航空機工業が設立。1940年には、陸軍より戦闘機増産の要請を受けて明石工場が建設され、陸軍三式戦闘機「飛燕」(写真)などが生産された
航空機部門が分離され1937年に川崎航空機工業が設立。1940年には、陸軍より戦闘機増産の要請を受けて明石工場が建設され、陸軍三式戦闘機「飛燕」(写真)などが生産された

 もうひとつの川崎航空機工業は、1969年の統合によって川崎重工業に組み込まれ消えた社名である。メグロK3は、カワサキのバイクファンに対して改めて航空機メーカー由来のブランドだということを認識してもらう契機にできるはずだ。

 陸軍の戦闘機「飛燕」などを生産していた歴史を背景とするカワサキは、ホンダやヤマハ、スズキとはひと味異なる重みのストーリーを持っている。11月13日にSNSで発信した写真もこれを表現する1枚だった。

次ページは : ■新登場のメグロK3は2019年登場のW800を踏襲

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!