新型ヴェゼルが2021年春登場! コンパクトSUVの勢力図はどう変わるのか?


 コンパクトSUV市場は、2019年11月に登場したトヨタライズ、2020年6月30日に日産キックス、2020年8月31日に発売したヤリスクロスと、新型車が続々登場し、最激戦区となっている。

 そのなかにあって、登場から7年が経つホンダヴェゼルの動向が注目される。

 ヴェゼルは、2013年12月に登場し、デビュー直後から爆発的な人気を得ており、2014~2016年と2019年にSUV販売台数NO.1を達成。すでに登場から7年が経っているのにもかかわらず、いまだにその勢いは衰えていない。

 その最激戦区に、2021年春に投入されるのが、新型ヴェゼルだ。はたして、コンパクトSUV市場はどう変わるのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 ホンダ

【画像ギャラリー】新型ヴェゼルはこうなる! ライズ、ヤリスクロス、キックスに勝てるか?


2021年春に登場予定の新型ヴェゼル

発売から7年が経過したヴェゼルだがいまだに人気は高い
2021年春の登場が予定されている新型ヴェゼル(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 小型/普通車で人気の高いカテゴリーとして、コンパクトカーとSUVが挙げられる。

 この2つの要素を併せ持つコンパクトSUVの売れゆきも好調だ。ヤリスクロスとライズは登録台数を大きく伸ばし、キックスもハイブリッドのe-POWERのみを搭載しながら中堅水準に位置する。

 そして2021年春に、ヴェゼルがフルモデルチェンジを行って次期型に刷新される。

 販売店では「メーカーから次期型の情報をまだ聞いていないが、現行型の発売から7年を経過したので、2021年春頃に登場することは間違いないでしょう」という。

 ちなみに現行ヴェゼルは2013年12月に発売され、2014年には1ヵ月平均で約8000台を登録した。2015年も約6000台で、今日のシエンタやフリードと同等の売れゆきだった。2020年は下がったが、それでも1ヵ月平均で2700台を維持している。

 ヴェゼルは人気カテゴリーのコンパクトSUVで、現行型も好調に売れたから、次期型に乗り替えるユーザーも多い。次期型も好調に売れる可能性が高い。

フィットと同様、センタータンクを採用して室内空間が広い現行ヴェゼルのコクピット。新型となってもこの特徴は継承されるだろう

 現行ヴェゼルの一番の特徴は、運転しやすく価格も割安なコンパクトSUVでありながら、実用性も高いことだ。フィットと同様、燃料タンクを前席の下に搭載して空間効率を向上させた。ボディサイズの割に車内が広い。

 例えば身長170cmの大人4名が乗車した時、ヴェゼルの後席に座る乗員の膝先には、握りコブシ2つ半の余裕がある。

 この広さは、ボディがひとまわり大きなCR-Vと同等だ。燃料タンクが前席の下にあるから、SUVでは荷室の床が低く、リアゲートを開いた時の床面地上高は650mm。重い荷物を積む時も、高い位置まで持ち上げる必要はない。

 後席を床面へ落とし込むように畳むと、ボックス状の広い空間になる。荷室高も約830mmあるから、大きな荷物を積みやすい。

 このほか燃料タンクが前席の下にあることで、後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。居住性はミドルサイズSUV並みに優れ、荷物の積みやすさとシートアレンジはミニバンに準じる。

 これらの特徴はヴェゼルの大切なセールスポイントだから、次期型にも継承される。現行型から次期型に乗り替えるユーザーも、そこに期待している。

 新型になって後席が狭くなったり、シートアレンジが大幅に単純化されることは考えにくい。

 そのうえでデザインや各種の技術は、昨今のホンダのトレンドに沿って仕上げる。まず外観は、大幅なマイナーチェンジを受けたオデッセイを参照するとわかりやすい。

 フロントグリルが強調され、水平基調のスリットが入る。現行型のグリルは鋭角的でスポーティだが、次期型は切り立った垂直に近い形状になり、存在感を強める。スポーティというよりプレミアム感覚だ。

 居住空間は前述の通り広い。ただしさらに広げると、CR-Vを超えるから、現行型とさほど変わらない。

 それでも走行安定性を確保するため、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)を拡大する可能性はある。現行型は2610mmだが、次期型はC-HR(2640mm)よりも少し長い2650mm程度になるだろう。

 内装の質感は、競争の激しいカテゴリーでもあるから現行型以上に熟成させる。

新型フィットと同じe:HEV(ハイブリッド)が搭載される。1.5Lのe:HEVは1.5L、直4 (98ps/13.0kgm)と2モーター(109ps/25.8kgm)のため、かなりパワフル

 メカニズムで大きく変わるのがハイブリッドシステムだ。現行型は1.5L、直4エンジンをベースに、7速DCT(2組のクラッチを使う有段AT)を組み合わせた。

 それが次期型では、フィットやインサイトと同様のe:HEVに進化する。1.5Lエンジンは主に発電機の作動に使われ、モーターがホイールを駆動する。

 高速巡航時には、エンジンがホイールを直接駆動する場合もある。そのほうが効率が高まるからだ。e:HEVはモーター駆動が基本だから、加減速の仕方は電気自動車と基本的に同じ。

 モーターはアクセル操作に対する反応が機敏で、加速感は滑らかだ。ノイズも小さく、運転感覚が上質になる。

 このほか現行型と同様の1.5L、NAエンジン、1.5Lターボも用意される。エンジンはe:HEVを含めて3種類から選ぶことが可能だ。衝突被害軽減ブレーキも基本的にフィットと同じタイプに進化する。

 現在のホンダセンシングでは、自車が右左折する時に、直進車両や歩行者に対して衝突被害軽減ブレーキが作動することを明言していない(開発者によると対応は行っている)。ヴェゼルではそこを明らかにする可能性が高い。

新型ヴェゼルの登場によりコンパクトSUVの勢力分布はどう変化する?

2020年12月の新車販売台数は8910台。ライズと2台差でSUV販売2位だった
2020年の新車販売台数2位、SUV販売1位に輝いたライズ
タイ生産で輸入する形式を取るため販売台数の調整が厳しいキックス
ヤリスクロス登場以降のコンパクトSUVの新車販売台数。ライズとヤリスクロスが11月以降デッドヒート!

 そしてヴェゼルのフルモデルチェンジにより、コンパクトSUVの勢力分布も変化するのだろうか? 現時点で最も登録台数の多い車種は、ライズだ。

 2020年1~12月の登録台数では、ライズが総合2位で12万6038台で圧倒し、年間SUV販売NO.1に輝いている。ちなみに年間SUV販売2位は6万6067台でハリアー、3位は5万4848台でRAV4。

 ヤリスクロスが発売された2020年8月31日以降の2020年9月~12月の販売台数を見ると、直近の12月では、ヤリスクロスが8910台、ライズが8912台と、ライズがヤリスクロスと2台差でコンパクトSUV販売NO.1! そのほか、キックスが3529台、ヴェゼルが2205台、C-HRが2185台と続く。

 ホンダの販売店舗数は約2100ヵ所、ヤリスクロスとライズを扱うトヨタは約4600ヵ所という販売網の違いも考えると、ヴェゼルがヤリスクロスとライズの売れゆきを超えることは難しそうだ。

 おそらく新型ヴェゼルは、この2車種に続いてコンパクトSUVの3位に入る可能性は高い。ファミリーカーとして使う場合、ヤリスクロスとライズでは後席と荷室が狭いが、ヴェゼルなら余裕があるからだ。

 コンパクトなボディに広い室内を備えた本格的なSUVはヴェゼルのみだ。ほかの車種では得られない機能があるため、順調に売れゆきを伸ばす。

 C-HRは今では飽きられはじめ、同じトヨタのコンパクトSUVにユーザーを奪われた。そうなるとコンパクトSUV市場は、次期ヴェゼル/ヤリスクロス/ライズ/キックスの4車種で争うことになりそうだ。

 キックスの荷室長は、現行ヴェゼルよりも長い。後席の足元空間は、逆にヴェゼルが上まわる。キックスはe-POWERのみでノーマルエンジンを用意しないから、販売面で不利が伴うが、ヴェゼルとは商品特徴が似ていて激しい競争を展開するだろう。

 そして次期ヴェゼルの売れゆきには、ホンダの販売方針も影響する。2020年におけるホンダの国内販売状況を見ると、N-BOXが32%を占めており、軽自動車全体なら53%に達する。

 同じ状態が今後も続くと、次期ヴェゼルが登場しても、従来ほど売れゆきを伸ばせない可能性がある。

 N-BOXのヒットや軽自動車の販売比率が高まった結果、ホンダのブランドイメージが小さな実用車に偏ってきたからだ。現行ヴェゼルが7年前に登場した時と今では、取り巻く状況がかなり変わった。

 優れた商品を開発すれば、必ず売れるとは限らない。発売時期、販売方法、ローンの金利、さらにほかのホンダ車の売れゆきなども大きな影響を与える。

 トヨタも全店が全車を扱う体制に変わり、人気の高いアルファードと伸び悩むヴェルファイアでは、基本的に同じクルマなのに7~8倍の販売格差が生じた。次期ヴェゼルが好調に売れるホンダであってほしい。

ライズ、ヤリスクロス、キックス、現行ヴェゼルのスペック比較

【画像ギャラリー】新型ヴェゼルはこうなる! ライズ、ヤリスクロス、キックスに勝てるのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ