待ってたぜ日産! 2021年が復活の年になる!? 日産の新型車は期待できるか?

待ってたぜ日産! 2021年が復活の年になる!? 日産の新型車は期待できるか?

 日産にとって、2021年は間違いなく復活の年になりそうだ。

 2020年6月24日に発売した新型コンパクトSUV、キックスは2020年11月24日に発表、そして12月23日に発売した新型ノートのフル販売を皮切りに、2021年に発売する新型車は、2月19日、新型ノートに4WD車やオーテックバージョンの追加設定。

 3月中旬にはノートベースの新型プレミアムハッチバック、6月には電気自動車の新型SUV、アリアを発売、9月にはエクストレイルがフルモデルチェンジ! 

 そして年末にはフェアレディZのフルモデルチェンジ、軽自動車ベースの新型電気自動車の発売と、これまでの鬱憤を晴らすかのように、怒涛の新車ラッシュとなる!

 さあ、日産が復活をかける2021年にデビューする注目車はどんなクルマなのか、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤徹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 日産自動車

【画像ギャラリー】 驚天動地の新車ラッシュ! 日産が2021年に登場させる新型車画像全25枚を一挙公開!!


新型ノートベースのプレミアムハッチバックは2021年3月中旬発売予定

現在発売されている新型ノートをベースにした上級版が登場。3ナンバーサイズとなり、価格はノート Xに対して40万~50万円アップする見込み
現在発売されている新型ノートをベースにした上級版が登場。3ナンバーサイズとなり、価格はノート Xに対して40万~50万円アップする見込み

 現在の動向からチェックしていきたい。キックスはタイからの輸入モデルであり、新型コロナウイルス蔓延の影響もあり、当初生産が軌道に乗るのが遅れ、納期が4ヵ月待ちで販売は月販3000台規模にとどまっていた。

 それが2019年11月頃から増産態勢が組めるようになり、最近は5000台規模の供給で推移している。これによって今年は年初から月販4500~5000台レベルに拡大、納期も1ヵ月以内に短縮できる方向にある。

 新型ノートは当面月販計画を8000台に設定している。2月19日には4WDやオーテック仕様がラインナップに加わるので、これによって月販1万台態勢の確立を目指すことになる。

 さらにノートベースの新型プレミアムモデルがラインナップに加わる。ワイドフェンダーやバンパーの大型化などで全幅1740mm程度の3ナンバーボディに拡大、室内は上質のシートや内張によってクオリティアップを図った仕立てとなる。

 タイヤのインチアップや1.2L、e-POWERの制御の見直し、足回りの強化などで走行性能の向上も狙う。車両本体価格はノートの上級仕様の「X」に対して40万~50万円アップした設定となる見込み。

 まだノートのネーミングを冠するかどうかは明らかになっていない。2020年2月上旬にも販売店向けの商品説明会を開催し、以降ティザーキャンペーンや先行予約の受付を開始するものと思われる。

次ページは : 電気自動車の新型SUV、新型アリアは2021年6月発売予定

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!