次期型WRX S4&STI その姿が見えた!! ワンランク上のスポーツセダンへ!

ワンランク上のスポーツセダンへ! 次期型WRX S4&STI その姿が見えた!!

 EJ20型エンジンを搭載するスバル『WRX STI』はすでに2019年末に「ファイナルエディション」を555台限定受注して、これの納車をもって生産を終了している。

 長らくスバルの主力エンジンとして、また、WRCをはじめとするモータースポーツ参戦車には欠かせないパワーユニットとして進化を遂げてきたEJ20ターボは、これをもって生産を終えることとなった。

 スバルWRXはその後もS4が継続して生産、販売されてきたが、いよいよ2021年1月24日をもって受注を終了した。つまり、VAG/VAB型WRXは国内での販売をすべて終了した、ということである。

 こうなると俄然気になってくるのが次期型WRXのデビュー時期と、その内容だ。

 すでにさまざまな情報が飛び交っているが、ベストカースクープ班は、独自の情報網を駆使して、新型WRXについての最新情報に迫ることができたので、お伝えしていこう。

※本稿は2021年2月のものです
文/ベストカー編集部
写真/SUBARUCG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年2月26日号

【画像ギャラリー】筋肉質な力強いフォルムが魅力的!! 次期型WRX S4の写真をまとめてチェック!!


■VIZIVテイストを継承! レヴォーグセダンではないスタイルに

 新型WRXの全貌を予測するに際し、2020年秋にフルモデルチェンジした新型レヴォーグを念頭に置くことは間違いない。実際、レヴォーグの開発と新型WRXの開発は同時並行的に進められ、SGPを使ったプラットフォームや、ボディ骨格構造などの基本は同様である。

 気になるのはエクステリアデザインだ。すでに海外で擬装を施した新型WRX S4の目撃情報も出ているが、スクープ班が接触した関係者は、すでに市販型に向けた最終デザインモデルを見ているという。

 「全体的にはVIZIV(ヴィジヴ)パフォーマンスコンセプトのデザインを上手に踏襲しているという印象」と証言する。

新型レヴォーグと同時並行的に開発が進められてきた新型WRXだが、よりワイドタイヤを収めるために拡幅された前後フェンダーや、よりスポーティなイメージのバンパー開口部などにより、アグレッシブな印象となる
プラットフォームはレヴォーグ同様、最新版のSGP。さらに高い剛性を発揮する

 「フロントマスクは新型レヴォーグのイメージに近いものの、バンパー下部のデザインなど、VIZIVパフォーマンスコンセプトのイメージをプラスしていて、よりアグレッシブでスポーティな印象」と付け加える。

 「WRXは4ドアセダンなので、リアセクションが気になりますが、Cピラーの形状や、トランクリッドへつながるラインなどは、VIZIVパフォーマンスコンセプトそのものと言ってもいいです。また、シャープな、鋭角的なラインを描く特徴的なリアコンビランプも採用されています。もちろん、コンセプトモデルのような、大型のリアスポイラーやディフューザーはありませんが、バンパー下部のフロア下を流れた空気を効率よく吸い出す形状は、コンセプトモデルのディフューザーをベースに、市販モデルにふさわしい形状にアレンジしたものと感じました」と証言は続く。

 ボディサイズは全長4650×全幅1805×全高1450mm程度という情報だ。新型レヴォーグの全幅は1795mmなので、WRXは10mm程度ワイドになるが、それはフェンダーフレアの形状による。全高は50mm程度低くなるが、これはサスペンションの差異によるものであろう。ホイールベースは2670mmでレヴォーグと変わらない。現行型WRX S4と比べると、全長が55mm伸びるが、これは20mm延長されたホイールベースの影響もある。

全長はこれまでのWRX S4より55mm長い4650mm、全幅は新型レヴォーグより10mmワイドな1805mm程度になる。全高は1450mm程度で、重心の低いフォルムが印象的
ホイールベースはレヴォーグと同じ2670mmで従来型に対して20mm延長される。ワイドに拡幅された前後フェンダーがレヴォーグとは異なる印象を与える

■よりパワフルにより上質に! 2.4L直噴ターボは290psを発揮

 そしてエンジンの情報も本誌スクープ班はつかんだ。

 これまでの情報通り、北米向けアセント、さらには次期型BRZに搭載される水平対向4気筒2.4Lエンジンを直噴ターボ化したエンジンが搭載されることで間違いない。

 このFA24ターボはS4だけではなく、遅れて2022年に登場が計画される新型WRX STIにも搭載されることになる。

インテリアに関する情報は少ないのだが、縦型のモニター画面など、基本的にはレヴォーグのインパネを踏襲するとの情報だ(写真はレヴォーグ)

 S4とSTIでスペックは大きく異なり、CVTが組み合わされるS4は最高出力290ps、最大トルク42.0kgm程度となるのに対し、6速MTが組み合わされるSTIは最高出力が400psにまで引き上げられ、最大トルクも50kgm級になるという。ターボチューニングの差だけではなく、大パワー、大トルクに対応するピストンやコンロッドなどのパーツもSTIでは専用となり、事実上の「別モノ」となるという。

レヴォーグにも採用される電子制御サスペンションが新型WRXにも採用される。チューニングはスポーツセダンのS4に合わせた、よりスポーティ志向のものへと変更される
エンジンは北米向けのアセントや、2020年末に初公開された新型BRZなどに搭載される2.4L水平対向4気筒を直噴ターボ化した「FA24ターボ」が搭載されることになる

 前述のとおり、S4はCVTのみの組み合わせで3ペダルMTの設定はなく、逆にSTIは3ペダルの6MTのみの組み合わせというのは現行型同様だ。

 このS4用FA24ターボは、今後レヴォーグにも搭載が計画されている。新型WRX S4のデビューは2021年秋の予定。STIは来年、2022年前半に登場が計画されている。

 ボディを鍛え上げ、さらにハンドリング性能を高める新型WRXに期待したい!!

【画像ギャラリー】筋肉質な力強いフォルムが魅力的!! 次期型WRX S4の写真をまとめてチェック!!