快進撃続く‼ 売れまくりアルファードの買い時とヴェルファイアの命運


 トヨタのアルファードが売れまくっている。2020年には1~12月の累計販売台数で9万748台を売り上げ、登録車販売台数ランキング第5位(前年比132.1%)。日本のミニバンカテゴリー最大の販売台数となっている。この勢いは2021年1月に入ってさらに加速しているという(本文内で解説)。

 そのいっぽうで、ヴェルファイアの車名廃止の情報も、何度も入ってきている。近い将来、アルファードに車名を統合されることがアナウンスされているヴェルファイア、その「Xデー」はいつなのか。

 このアルファードとヴェルファイアの販売状況最前線事情を、毎日ディーラーを回って「生の声」を集める流通ジャーナリスト・遠藤徹氏に伺った。

文/遠藤徹 写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】売れ行き好調も納得! トヨタのミニバン兄弟 アルファード・ヴェルファイア


■ヴェルファイア廃止、アルファードへ一本化

 トヨタの最上級ミニバン、アルファード/ヴェルファイアが、この2021年4月下旬にも一部改良し、商品ラインアップを再編する…という情報が入ってきた。

 アルファードは一部グレードとボディカラーの削減、ヴェルファイアは特別仕様車のみに統合するなどが中心となっている。これらはなにを意味するか。

 トヨタは年内にもアルファードへ1本化し、ヴェルファイアを廃止する。

 次期型(フルモデルチェンジ)は2022年中盤か2023年初めに発表され、世代交代する。そのための「地ならし」が狙いと思われる。

 アルファードは今や月販1万台規模をコンスタントに売る超人気モデルとなっている。したがって、現在行われている一部改良へ向けてのラインアップ再編期が購入のベストチャンスのタイミングといえるだろう。

快進撃続く‼ 売れまくりアルファードの買い時とヴェルファイアの命運
月販1万台規模をコンスタントに販売している超人気モデル

 今年(2021年)1月の登録車における車名別ランキングによると、アルファードはヤリス、ルーミーに次いでなんと第3位の1万11台を記録。前年同月に比べて94.5%増と2倍近くの急増ぶりとなっている。

 一方、ヴェルファイアは対照的な成績で、なんとたったの994台、同50.3%減の大幅マイナスで42位へ後退。極端に明暗を分けている。この両兄弟車はボディパネル、エンジンなど基本コンポーネントを共用し、グレード構成、価格帯も同じモデルだ。

 (編集部注/当社関係者(アルファードユーザー)が2021年1月に車検のため都内トヨタ店を訪れたところ、営業マンから「ヴェルファイアはお客さんにあまり薦めるな、と言われている」という証言を得ている。近い将来消滅する車種よりも、同内容同装備のアルファードを薦めたほうが、今後のメインテナンスサービスに有利だから、というのがその理由だとのこと)

■従来モデルは大幅値引きが確実となる

 2019年末までは一貫してヴェルファイアのほうが好調に売れていた。

 ところが2019年12月18日に内外装を一新したマイナーチェンジで、フロントデザインをアルファードはそれまでのおとなしめの顔立ちから、ワイルド感のある個性的なマスクに変更。ヴェルファイアは逆に個性を抑えたオーソドックスな仕立てとしたことで、両モデルの売れ行きが逆転した。

 2020年5月にはトヨタブランド車の全系列店併売制を全国規模で導入したことで、以降両モデルの明暗は一段と加速拡大する状況になっている。

 今回の一部改良はモデルそのものの内容を変えずにグレードやボディカラーの廃止、名称変更などで商品ラインアップを再編する。

 具体的にはアルファードだとガソリンG、ハイブリッドのS、G、SR、ボディカラーはラグジュアリイクリスタルシャイン、スチールブロンドメタリックの2色を廃止する。

 ヴェルファイアは特別仕様車「ゴールデンアイズII」を、内容を変えず名称だけ「ゴールデンアイズIII」に変更し、他の標準カタログモデルをすべて廃止する。

 つまり今回の一部改良は商品内容を変えず、一部グレード&ボディカラーの再編、名称変更のみとなる。従来モデルはすでに枠を限定した生産に切り替わっているので、これを狙えば大幅値引きが確実にゲットできる状況にあるといえる。

次ページは : ■値引額はいかほどか..!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ