次期アルトワークス&スイフトスポーツ続報! スズキの韋駄天2台 どう進化?

■コスパの高さはそのままに正常進化! 次期スイフトスポーツも期待大!!!

 前出のアルトワークスが貴重なベビーギャングなら、求めやすい価格で買うことができる現代版ボーイズレーサーがスイフトスポーツだ。

 こちらもいよいよニューモデルに切り替わる。

現行型のイメージを色濃く残したエクステリアデザインとなる新型スイフトスポーツ。新規プラットフォームを採用することで軽量化を達成しながらも、操る楽しみを持ったモデルに仕上げてくるのは現行型同様だ(画像はベストカー編集部による予想CG)
現行型のイメージを色濃く残したエクステリアデザインとなる新型スイフトスポーツ。新規プラットフォームを採用することで軽量化を達成しながらも、操る楽しみを持ったモデルに仕上げてくるのは現行型同様だ(画像はベストカー編集部による予想CG)

 ベースとなるスイフトは来年(2022年)7月に登場予定だが、「スイフトスポーツ」はスイフトから遅れての追加設定車となり、2023年夏頃にデビューする見込みだ。

 新型スイフトスポーツも、現行型同様コストパフォーマンスに優れたスポーツモデルという点においてキープコンセプトとなる。

 現行型は歴代で初めてのターボエンジン、1.4Lターボの直噴BOOSTERJET(140ps/23.4kgm)を搭載しているが、新型はこのエンジンをさらに洗練させて継続して搭載されそうだ。

1.4L直噴ターボのBOOSTERJETは継続して採用されるが、各部を見直して搭載
1.4L直噴ターボのBOOSTERJETは継続して採用されるが、各部を見直して搭載

 気になるのは新開発となる新型プラットフォーム。

 新型スイフトが完全に新開発のものを採用するのか、それとも現行型のプラットフォームを改良して採用するのか、現段階では判明していない。

現行スイフトスポーツのHEARTECTプラットフォーム。現段階では新型はこの改良版か、完全新規版になるのかは未定
現行スイフトスポーツのHEARTECTプラットフォーム。現段階では新型はこの改良版か、完全新規版になるのかは未定

 ただ、現行モデルではMT車で1000kgを切る970kgという軽量さを達成しているだけに、いずれにせよ新型でも現行並みの車重プラスαくらいには抑え、軽量なスポーツモデルとして登場させてくるだろう。

 また、200万円前後という非常に良心的な価格設定ながら、6速MTに6速ATという2種類のトランスミッションが用意されるのも現行モデルと同様だ。

 日本車の至宝ともいうべきモデルだけに、そのデビューが今から待ち遠しい!

●スイフトは来年夏にモデルチェンジ!

 ベースのスイフトは2022年7月にフルモデルチェンジを予定。パワートレーンは直3、1.2L NAとその1.2Lをベースとするマイルドハイブリッドを継続して設定することになる。

 両エンジンとも大幅な改良を受けることで、燃費性能やパワーフィールなどを向上させてくる。現行モデルのストロングハイブリッドは残念ながら設定が見送られそうだ。

ベース車の進化も楽しみ。登場は来年夏頃(画像はベストカー編集部による予想CG)
ベース車の進化も楽しみ。登場は来年夏頃(画像はベストカー編集部による予想CG)

●スズキ 新型スイフトスポーツ
・全長×全幅×全高:3900×1740×1500mm
・ホイールベース:2480mm
・車両重量:980kg
・エンジン:直4、1.4L+ターボ
・最高出力/最大トルク:145ps/24.0kgm
・駆動方式:FF
・予想発売時期:2023年夏頃
・予想価格:200万~220万円

【画像ギャラリー】現行型の画像も交えスズキの新型予想CGをギャラリーでチェック!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します