新型86&次期アルファードはいつ発売?? トヨタの鍵を握る新型情報緊急キャッチ!!

新型86&次期アルファードはいつ発売?? トヨタの鍵を握る新型情報緊急キャッチ!!

 トヨタ 新型アルファード、スープラGRMN、86に関するスクープ情報をキャッチ! ライバル車、派生車などの情報と合わせ、じっくりとご紹介!

※本稿は2021年2月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年3月10日号

【画像ギャラリー】アルファード GRスープラ 86 正式発表待ち遠しい3モデルをギャラリーでチェック!!!


■アルファード、豪華さに磨きをかけて2023年フルモデルチェンジとの情報アリ!

●トヨタ 新型アルファード

 これまでの高級車=セダンという常識を打ち破り、新たな高級車の形を世に知らしめたアルファード。

 現行3代目は周囲を威圧するかのような迫力ある顔つきがウケたのか、登場から6年が経過しているにもかかわらず、月によってはいまだ1万台以上を販売する、驚異の人気モデルとなっている。

 それだけに次期型の開発も力を入れて進められているわけだが、どうやら2023年にはその姿を我々の前に見せてくれることになりそうだ。

基本的にキープコンセプトとなる次期型だが、Aピラーは空気抵抗軽減のためより強く寝かされ、前面から見た印象は現行とはかなり異なるという(画像はベストカー編集部による予想CG)
基本的にキープコンセプトとなる次期型だが、Aピラーは空気抵抗軽減のためより強く寝かされ、前面から見た印象は現行とはかなり異なるという(画像はベストカー編集部による予想CG)

 既報のとおり次期型からはヴェルファイアとの兄弟車関係をやめ、2車はアルファード1本に統合される。

 ヴェルファイアのテイストを好むユーザーには、新設定される「カスタム」が受け皿となる予定だ。

 新型の売りは、さらに迫力ある顔つきとなる外観もそうだが、やはりTNGA思想に基づいて作られた新プラットフォームの採用にある。

 エンジン搭載位置を下げ、低重心化を実現するとともにサスジオメトリーも変更。操安性を追求する。特にリアサスはアームの取り付け位置や取り回しを最適化することで、操舵に対してリニアに反応する追従性のみならず、乗り心地の改善も実現している。

現行と似た印象を与えるリアビュー。足回りは大きく進化し、操舵に対する追従性、乗り心地などが改善されている(画像はベストカー編集部による予想CG)
現行と似た印象を与えるリアビュー。足回りは大きく進化し、操舵に対する追従性、乗り心地などが改善されている(画像はベストカー編集部による予想CG)

 その新型プラットフォームに搭載されるエンジンは、すでにRAV4やハリアーにも採用されている直4、2.5Lエンジンベースのハイブリッドのほか、新開発の直4、2.4Lターボが用意される。

 この2.4Lターボは現行モデルにあるV6、3.5L NAに代わるもので、320ps/45.0kgm級の出力を目指して開発が進められている。外観に見合う迫力の走りをアルファードに求める層には、魅力的に映るはずだ。

 最後にもうひとつ、次期型アルファードにはロングホイールベース仕様が設定されるとの話がある。

 これは中国などで販売されている高級ミニバン、レクサスLMの次期型のための開発というのが大方の予想だが、アルファードのボディバリエーションのひとつに加えられる可能性はある。

アルファード/ヴェルファイアをベースに開発されたレクサスLMの現行型。→
アルファード/ヴェルファイアをベースに開発されたレクサスLMの現行型。→
→もちろん次期型LMが日本で売られるようになるという可能性もある
→もちろん次期型LMが日本で売られるようになるという可能性もある

 そのモデルは延長されたホイールベースを持ちながらも豪華装備&ゆったり座れる4人乗りとされたVIP仕様で、価格も1000万円を軽く超えると予想されるが、併せて期待したい。

●ライバル、エルグランドも次期モデルを開発中

 初代でLクラスミニバン人気に火を点けたエルグランドだが、現行3代目は2010年8月に登場して以降、10年間にわたって販売されているご長寿モデル。そんなエルグランドも2022年、ようやく新型に切り替わる。

 基本的なプロポーションは現行を継承するが、フロントフェイスなどはアルファードよりもシャープで個性的な仕上がりとされる。居住性についても改善され、3列目シートはゆったり座れる作りとなり、1列目と2列目にはロングスライド機構が採用される。

 気になるパワーユニットは直4、2.5Lガソリンのほか、1.5Lターボ+前後2モーターの新たなe-POWERの搭載が噂されている。現行型も走りに対する評価は悪くなかっただけに、新型がどのような走りを見せてくれるのか、期待が高まる。2022年が待ち遠しい。

アリアにも採用される最新の運転支援システム、プロパイロットを搭載する(画像はベストカー編集部による予想CG)
アリアにも採用される最新の運転支援システム、プロパイロットを搭載する(画像はベストカー編集部による予想CG)

●トヨタ 新型アルファード
・全長×全幅×全高:4960×1880×1940mm
・ホイールベース:3050mm
・車両重量:2180kg
・エンジン:直4、2.4L+ターボ
・最高出力/最大トルク:320ps/45.0kgm
・駆動方式:FF/4WD
・予想発売時期:2023年
・予想価格:380万~800万円

次ページは : ■2023年 最後のスープラが直6ターボ、520馬力の「GRMN仕様」で登場!!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ