次期シビックタイプR全情報!! 開発は進んでいるのか? 2LターボHV説は本当か??

2LターボHV? 1.5LターボHV?? 2L NA??? 情報錯綜! 次期タイプR最新情報

 マイナーチェンジ版の発売が当初の予定から昨年(2020年)10月へとずれ込み、またその上であっという間に完売してしまったことも記憶に新しい、ホンダのシビックタイプR。

 かねてより2022年の発売が濃厚とされる次期型だが、その中身が錯綜している。

 ベストカーでは、次期型は「2Lターボハイブリッド」が半ば既定路線のようになっていたし、そのようにお伝えもしてきたのだが、ここに来て、「1.5Lターボハイブリッド」説、さらには「現行型同様、直4、2LターボのFF」なんて話まで飛び出してきた。

 いったいどういうことなのか? 総力を上げて追求です!

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/HONDA、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】現行型 予想CG テスト走行モデルを比較! シビックタイプRをギャラリーで見る


■昨年11月のMCは“即完” コロナ禍などによるライフサイクルのねじれも背景に

 現行型シビックタイプRは、マイナーチェンジを実施したと思ったら、その瞬間に予定数の受注に達し、即完売となってしまった。

 これには、コロナ禍による生産現場の操業停止やその後の混乱などで、本来計画されていた昨年4月の販売開始が大幅に遅れ、11月にずれ込んでしまったという事情もある。

昨年発売されるや“即完”状態になってしまった、マイナーチェンジ版のシビックタイプR

 シビックタイプRの生産は英国工場だが、ホンダは英国工場の閉鎖を決定しており、これに伴って(タイプRのベース車でもある)シビック5ドアの生産が終了となる。

 そうした状況のなか、英国工場の生産キャパシティの問題もあり、日本向けタイプRの生産台数にも制限があったのだ。

 英国工場の閉鎖に加えて想定外のコロナ禍により、ホンダの商品戦略に大きな乱れが生じたことは想像に難くない。

 だがそれにしてもシビックは2020年1月にシリーズのマイチェンを実施しながら、同8月に4ドアセダンの国内販売を終了。

 その直後の11月18日には北米で11代目となる「新型シビックセダン」をワールドプレミアするという混乱ぶり。

最新の情報をもとにした次期型シビックタイプRのエクステリア(予想CG)。だがパワートレーンについて、ここにきて情報が錯綜している(画像はベストカー編集部による予想CG)

 もともと現行型シビックは日本未導入のまま2015年にデビューし、モデルライフ2年目となった2017年6月に日本導入されたことも、そのサイクルに対する印象をややこしくしている部分もある。

 グローバルモデルとしてのシリーズ全体でのモデルライフサイクルと、国内でのモデルサイクルがずれているため、国内モデルを基準に見ると短期間でマイナーチェンジを繰り返したり、突如生産を終了したかのように見えるのだ。

 とはいえ、現行型シビックはグローバルではすでに「モデル末期」と呼べる段階に入っており、来年にも新型にモデルチェンジをするということを忘れてはならない。

■さて次期型はどうなる? 当初は2Lターボハイブリッド説が「既定路線」だったが

 これまでベストカーがつかんでいる情報では、次期型シビックタイプRは2022年前半にデビューの計画。

 現行型同様の直4、2Lターボを搭載し、後輪は独立した2モーターを組み合わせたハイブリッドになる、というもの。

 この情報の根拠は、すでに退社した、当時のシビック開発中枢の人物に近い関係者によるもの。

「今後のカーボンニュートラルに向けて、ピュアEVでタイプRのパフォーマンスを達成することは可能だが、タイプRに求められるものは、単なるパフォーマンスだけではない」という言葉と、さらに「電動化は不可避。そのメリットを生かしてタイプRを強化していく必要がある」という開発現場の共通認識による。

 情報源の確かさから、この方向性が濃厚と判断したのであった。

次期タイプRも、これまでと同様5ドアハッチバックをベースとする。生産はアメリカになるとみられるが、日本の寄居工場の可能性もあるという(画像はベストカー編集部による予想CG)

次ページは : ■ここにきてなんと「1.5Lターボハイブリッド説」も浮上!