新型レクサスNX先行受注開始!初PHEV登場&驚愕な中身とは

大ヒット確実! 新型レクサスNXが8月19日から先行受注スタート! 価格は455万円~ レクサス初のPHEVも登場 その驚愕な中身とは

 レクサスのミドルサイズのSUV、レクサスNXが約7年ぶりにフルモデルチェンジし、先行受注受付が2021年8月19日からスタートした。ディーラーからの情報によると、正式発売は2021年10月7日となる。合わせて価格も明らかになっている。

 さて、このモデルから「レクサスの新しい幕開け」とされる期待の新型NX。レクサス初のPHEV、「レクサスエレクトリファイド」を搭載するNX450h+を筆頭に、どんなラインナップとなっているのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】正式発表ではもう遅い!? 新型『 NX 』の世界初公開 写真をチェックして先行商談へGO!!


■8月19日から先行受注スタート! 見積り書の作成も可能

2021年6月12日に世界初公開された新型NXの先行受注受付が8月19日から始まった。写真はNX350h
グリルのメッキ枠を廃止し、塊感の存在感を強調することで、シンプルな構成と軽量化を実現。グリルパターンは立体感のある縦長U字型ブロックを採用し、下部にはスリット状の開口を設け、冷却性能を向上させるとともにSUVにふさわしい力強さを演出

 レクサスNXはミドルサイズのSUVだ。以前からレクサスの売れ筋車種だったが、発売されたのが2014年とあって設計の古さが目立っていた。そこで約7年ぶりにフルモデルチェンジを受ける。

 新型NXの発売は、販売店によると2021年10月7日だが、8月19日に予約受注を開始した。店舗には簡易カタログが用意され、価格も明らかにして見積り書の作成も依頼できる。

 まず新型NXのボディサイズは、全長が4660mm、全幅は1865mm、全高は1660mmだ。従来型とほぼ同じ大きさになる。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2690mmで、従来型に比べると30mm伸びた。

 プラットフォームは基本的に現行型のハリアーやRAV4と共通で、ホイールベースも等しい。全長はRAV4よりも60mm前後長く、ハリアーに比べると80mm短い。SUVの中心的な大きさだ。

バックドア中央に向けてスピンドル形状をモチーフに絞り込み、さらにリアフェンダーをスピンドル形状を挟み込む造形とすることでリアキャビン回りの凝縮感とタイヤの張り出し感を強調。リアコンビランプはフルLEDで、L字型と一文字の組み合わせがNX独自の個性を表現。また刷新したリアのLEXUSロゴはブランドの新たな始まりを印象付けている

 外観は従来型を踏襲している。先ごろ発売された新型アクアもそうだが、目新しさを表現するのではなく、従来型の個性を進化させた。

 変わったのはボディパネルの見せ方だ。従来型はシャープさを強調したが、新型は少しソフトな印象を受ける。特にボディサイドは、従来型ではドアパネルの下側からリアフェンダーにかけて、後ろに向けて持ち上がる明確なキャラクターラインを入れていた。そこが新型では、緩やかな曲面を描いている。マツダ3やCX-30に似たところもある。

NX350hの三面図
NX350、NX350h、NX450hに設定されるFスポーツ
AVS機能が備わるFスポーツ専用フロントサスペンション

 Fスポーツは外観が専用デザインになり、フロントグリルはメッシュ(網目)形状だ。タイヤサイズは、標準グレードは18インチで、FスポーツとバージョンLは20インチになる。

 そしてFスポーツは、乗り心地を妨げずに走行安定性を向上させるパフォーマンスダンパーをボディ下側の前後に装着した。ショックアブソーバーの減衰力を走行状態に応じて変化させるAVSも備わる。

ドライバーがクルマとより深く直感的につながり、意のままに操ることを目指すレクサスの新しいコクピット思想「Tazuna Concept」に基づいて設計。14インチディスプレイオーディオPlus用タッチディスプレイやカラーヘッドアップディスプレイ、デジタルインナーミラーなどを装備する

 内装は外観以上に大きく変わった。インパネの中央に装着されるモニター画面は、従来型は10.3インチのみだったが、新型は2種類を用意する。

 標準グレードが装着するのは、9.8インチのディスプレイオーディオだ。カーナビはGリンクの通信機能で表示され、Gリンクのサービスを解約するとカーナビも使えない。

 FスポーツとバージョンLは、サイズの大きな14インチのディスプレイオーディオプラスを装着する。インパネにノートパソコンを設置したような感覚で、視認性も優れている。地図データも備わり、Gリンクにかかわらずカーナビを使える。

 メーターはすべてTFT液晶タイプで、多彩な情報を表示できる。Fスポーツはレッドが鮮やかな専用タイプとした。

 居住性はホイールベースが2690mmに拡大されたこともあり、余裕が生じている。ホイールベースの数値が等しいハリアーやRAV4と同じく、後席の足元空間も十分に広い。大人4名が乗車して、長距離を快適に移動できる。

 シートの生地は、バージョンLでは本革を採用する。Fスポーツも本革で、シート形状はバケット風になり、サポート性も向上する。

NXのインテリアカラー、ブラック
Fスポーツの専用インテリアカラー、ホワイト

■パワーユニットは4種類! 2.5LのPHEVもラインナップ!

NX350 AWDには279ps/43.8kgmを発生する2.4L、直4ターボを搭載する。組み合わせるトランスミッションはダイレクトシフト8速AT
各グレードのラインナップとパワートレイン表

 パワーユニットは4種類を用意した。すべて直列4気筒で、2.5LNA、2.4Lターボ、2.5Lハイブリッド、2.5Lプラグインハイブリッドだ。駆動方式は前輪駆動の2WDとAWD(4WD)で、ハイブリッド(プラグインを含む)のAWDは、後輪をモーターで駆動するE-Fourになる。

 NX250が搭載する2.5LNAエンジンはA25A-FKS型で、RAV4の北米仕様なども搭載している。高効率吸気ポート、マルチホール直噴インジェクター(燃料噴射装置)などを採用して、最高出力は201ps/6600rpm、最大トルクは24.5kgm/4400rpmを発揮する。

 2.4Lターボは、新開発されたT24A-FTS型だ。ツインスクロールターボ、インタークーラー、センター直噴システムなどを採用して、最高出力は279ps/6000rpm、最大トルクは43.8kgm/1700~3600rpmに達する。自然吸気のNAエンジンに当てはめると、4Lに匹敵する性能だ。

 そのために2.4Lターボを搭載するNX350は、グレードがFスポーツのみになる。駆動方式もAWDに限定した。ATはNX250を含めて8速で、2.4Lターボは、高い動力性能に合わせた専用タイプだ。AWDシステムも同様で、専用開発された電子制御式フルタイムAWDを搭載する。

 NX350hのパワーユニットは、2.5Lハイブリッドで、エンジンはA25A-FXS型だ。エンジン/モーター/バッテリーの性能に基づくシステム最高出力は243psとされる。基本的にはハリアーやRAV4のハイブリッドと同じタイプだが、リチウムイオン電池を見直すなど性能を引き上げた。

 ハリアーとRAV4ハイブリッドのシステム最高出力は、2WDが218ps、AWDは222psだから、NX350hは動力性能を20ps以上高めている。

450h+には2.5LのPHEVを搭載。大容量高出力のリチウムイオンバッテリーにフロントおよびリアにモーターを搭載し、クラストップレベルのEV走行可能距離とパワーを両立。また、シーンに応じてEV/AUTO EV・HV/HV/セルフチャージの4つのモードから選択可能
NX450h+の普通充電システム。200V/16Aは約5時間30分、100V/6Aは約27時間

 そしてNX450h+が搭載する最上級のパワーユニットが、A25A-FXS型をベースにした2.5Lプラグインハイブリッドだ。RAV4 PHVと同様にフロントモーターの動力性能を高め、システム最高出力は309psに達する。そのためにNX350と同じく、駆動方式はAWDのみとした。

 プラグインハイブリッドの機能で注目されるのが「先読みエコドライブ」だ。カーナビと連携させ、運転履歴や交通状況をベースに、エンジンを停止させた電気自動車モードとハイブリッドモードを自動的に切り替える。

 市街地や渋滞など走行速度が低い状況では、モーターのみで走り、高速道路などに入って速度が上昇するとエンジンも作動させる。充電された電気を有効に活用できる機能だ。

 装備については安全性を高めるレクサスセーフティシステムプラスに注目したい。衝突被害軽減ブレーキは、昼夜の車両/自転車/歩行者に加えて、昼間の自動2輪車も検知できる。自車が交差点を右左折する時、直進してくる対向車や横断している歩行者や自転車を検知することも可能だ。

 緊急時操舵支援機能も用意した。衝突被害軽減ブレーキに加えて、状況に応じてステアリング操作による衝突回避も支援する。この機能はバージョンLとFスポーツに、セットオプションとして設定した。

 セットオプションには、緊急時操舵支援機能のほかに、交差点の進入時に左右から車両が接近することを知らせるフロントクロストラフィックアラート、高速道路などで車線変更時の支援を行うレーンチェンジアシスト、ドライバーの死角に入る車両の周囲を分かりやすく見せるパノラミックビューモニター、後退時に車両の後ろ側に近付く車両や歩行者に対応するパーキングサポートブレーキが含まれる。

 運転支援で目新しいのは、アドバンストパークのリモート機能だ。スマートフォンを使ってアプリケーションを操作することにより、遠隔操作で車庫入れや出庫、縦列駐車を行える。

 ドライバーは車外にいて、運転席には誰も座っていない状態で、クルマを動かせるわけだ。車庫の幅が狭くドアを開けない時など、駐車前に降車して、アドバンストパークで入庫させると便利だ。出発する時も、車庫から出した後で乗車できる。

 また、高度運転支援技術アドバンストパーク[Lexus Teammate Advanced Park](リモート機能付き)も注目の装備だ。支援シーンを拡大し、並列駐車シーンにおいて前向き駐車/バック出庫/前向き出庫が新たに可能になった。

 カメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援。ハンドル操作、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジの全操作を車両が支援するとともに、俯瞰映像に車両周辺の死角や目標駐車位置などを常に表示し、安全/安心でスムーズな駐車を実現。

 また、メーカーオプション(購入3年は無料で利用可能)のデジタルキーは、専用のスマートフォンアプリをインストールすることで、スマホをスマートキーやカードキーの代わりとして利用できる。

 スマートフォンを携帯していれば画面操作なしでロック、アンロック、エンジンスタートができ、所有するデジタルキーに対応したクルマが複数ある場合でも1台のスマートフォンだけで操作できる。

 スマートフォン間でデジタルキーの受け渡しが可能なため、家族や友人間で離れた場所での車両の貸し借りも容易に行えるのが便利だ。

高度運転支援技術アドバンストパーク[Lexus Teammate Advanced Park](リモート機能付き)。支援シーンを拡大し、並列駐車シーンにおいて前向き駐車/バック出庫/前向き出庫が新たに可能になった。カメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援
安心降車アシスト(ドアオープン制御付)[SEA]はドアを開けようとした場合は、e-ラッチと連携してドア開放をキャンセル。ブザー、アウターミラー内のインジケーターの点滅、メーターの表示、音声通知で乗員に告知

次ページは : ■価格は2.5L、直4、NX250 455万~NX450h+ Fスポーツ AWD 738万円