ランクル最長4年? ヤリスクロスも半年待ち! 最新納期は半導体不足で大混乱!?

新型ランクル4年待ち? ヤリスクロスも半年待ち!! トヨタ人気車 納車待ち最前線 半導体不足で大混乱!!

 半導体不足により、自動車の生産が大きく遅れている。

トヨタでは、8月に高岡工場(編注:カローラ/カローラツーリングを生産)が、5日間停止した。6月には、トヨタ自動車東日本の岩手工場と宮城大衡工場を、一時停止したばかりだ。

 また、新型コロナウイルスの影響で、需要が先細りすると考えられていたが、予想とは逆にマイカー需要は増大。部品不足、需要増で、新車の納期は延びるばかりだ。現在、トヨタ車の納期はどの程度長くなっているのだろうか。人気車種の納期とその動向について解説していく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】受注2万台!! 新型ランドクルーザーの納車はいつ?写真32枚


新型ランクルは4年待ちも? トヨタ人気車の納期はどうなっている?

新型ランドクルーザーの受注台数は、年間生産計画を超える約2万台。単純計算では、納期するまでに4年の歳月を要する

 現在、納期が最も長いクルマは、8月2日に発表された新型ランドクルーザーである。メーカー発表で、「納期は1年以上となる見込み」となっており、販売店でも細かな納期を説明できない状況だ。

 ランクルは、年間生産計画5000台のところに2万台近くの注文が入った。単純計算では、現在までの注文を捌き終えるのに4年かかる。

 トヨタは、新型ランクルへ注文が集中したひとつの要因として、転売目的での購入をあげている。そこで、注文者に対して転売しない旨を記載した誓約書を提出してもらい、誓約書をメーカーが直々に管理するという異例の態勢をとる。

 転売ユーザーを洗い出し、一日でも早く、本当にランクルに乗りたい人へクルマが届くようにしたいというメーカーの努力が見える。ランクルの納期については、早期に状況が改善することを祈るばかりだ。

人気モデルの納期概ね順調もヤリスクロスHVなど6か月超

人気SUVのヤリスクロスはガソリン車こそ通常納期(1~2か月程度)だが、ハイブリッドは6か月以上の待ちが発生している模様

 傍らで、その他の人気車は、ガソリンモデルを中心に、順調な生産を続けている。

 工場出荷まで1~2か月程度の、通常納期を維持しているのは、ルーミー、ヤリスクロス(ガソリン)、アルファード、RAV4(ガソリン)、ライズ、そして新型アクアだ。

 ヤリス(ガソリン)、アルファード(エグゼクティブラウンジ)、プリウス、ハリアーなどは3か月程度の時間を要するが、この辺りまでは、人気車の通常納期と言ってもいいだろう。

需要の大きさに対して、供給量が合わず、シエンタ(HV)、RAV4(HV・PHEV)は、工場出荷までに4か月かかる。さらにヤリスとヤリスクロス(両車ともHV)は6か月以上待ちとなる

 心配なのは、工場出荷目途まで4か月を超えるクルマだ。シエンタ(ハイブリッド)、RAV4(ハイブリッド・PHV)等が当てはまる。全体的にハイブリッドモデルは、需要の大きさに対して、供給量が合っていない。

 そして、ヤリスHVとヤリスクロスHVは、6か月以上待ちとなる。ガソリンモデルとハイブリッドモデルの納期差が大きく、改善の兆しも見えてこない。この先1年程度は、現在の状態が続くであろう。

次ページは : なぜ不足する? クルマに使われる半導体

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ