ランクルプラドは2024年以降?? 国内クルマ業界最新動向

ランクルプラドは2024年以降に?? 軽自動車の電動化はどうなる?? 国内クルマ業界動向最前線

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、早ければ来年の登場が目されていたトヨタ ランドクルーザープラドが、2024年以降に?? という、狙っていた人からすればなんとも切ない話題から。

 ほか、たびたび取り上げている軽の電動化、新型セレナ、新型シャトル、それらの話題のなかで消えゆくクルマたち…などなど、国内メーカーの最新情報をピックアップ!

※本稿は2021年9月のものです
文/遠藤徹 予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月10日号

【画像ギャラリー】今後の国内クルマ情勢はどうなる!? 各メーカーの動向をギャラリーでクイックチェック!!!


■次期型ランドクルーザープラドは2024年以降の投入に???

 これまで2022年か2023年頃に発売されると見られていた次期型ランドクルーザープラドの国内仕様モデルの投入は2024年夏以降に先延ばしされる見通しとなっています。

 上級バージョンのランドクルーザー300が絶好調の立ち上がりで、現段階の納期が2年以上となっています。

 次期型ランドクルーザープラドを従来のように1~2年遅らせ2022年から2023年夏頃に投入すると、ランドクルーザー300の納期と重なり、販売政策上得策ではないとの判断があるためと思われます。

新型プラドは現行の人気の高さ、新型ランクル300の好調な販売により、2年程度販売を遅らせる可能性が高くなった(画像はベストカー編集部による予想CG)

■軽自動車の電動化はマイルドハイブリッドが基本 スズキはどうでる??

 地球温暖化防止の一環として、2030年代までに100%ガソリン車をなくすとの政府方針に軽自動車メーカー各社は苦慮しています。スズキはモーターアシスト方式のマイルドハイブリッドを基本に対応策を急ぐ方針です。

 現在同社の軽乗用車でマイルドハイブリッドを設定しているのはスペーシア、ワゴンR、ワゴンRスマイル、ハスラーの4車種で、あとはアルト、アルトラパン、ジムニー、エブリイワゴンなどが残っています。

スズキ ジムニー。マイルドハイブリッド化で魅力が半減??

 このうちアルトラパンは2022年中盤のフルモデルチェンジで対応し、エブリイワゴンも追って搭載モデルを設定する方向で開発を進めているものと思われます。

 問題は主軸モデルのひとつであるアルトをどうするかです。同モデルは女性、農村地区、近郊都市など大衆の足として欠かせない位置付けとなっていて、安さ、ランニングコストの低さが売りです。

 マイルドハイブリッドは約20万円の値上げとなり、現行モデルの85万~90万円が100万円以上になるので、従来のように売れるかどうかが問題になりそうです。

 またジムニーはターボによるオフロードでの走破性の高さがセールスポイントなので、マイルドハイブリッドにすれば、走りの魅力が半減することにもつながりそう、という懸念もあります。

次ページは : ■ダイハツは軽自動車の電動化をどうするのか?