業界の革命児 2年目で続く快進撃 スズキハスラーはなぜ売れ続けているのか?


 スズキハスラーが売れ続けています。ハスラーは2014年1月に「軽ワゴン」と「SUV」を融合させた新しいコンセプトの軽自動車として登場。大ヒットモデルとなり売れ続けたまま、2020年1月に現行型(2代目)へとフルモデルチェンジ。登場から1年半たったいまでも売れ続けています。

 なぜハスラーは売れ続けているのか。どれくらいの実力があって、どこがそんなに魅力的なのか。モータージャーナリストの竹岡圭さんとともに、忖度なしでチェックしてみました。【PR】

文/竹岡圭
写真/中里慎一郎、SUZUKI
動画/倉田篤史、奥野大志

【画像ギャラリー】楽しくて使えてカワイイ!! ハスラーの魅力を伝える画像(24枚)

■「指名買いする軽自動車」として人気を確立

「スズキハスラーとかけまして、ティラミスと解きます。そのココロは、どちらも業界の革命児でしょう~!」…って、ティラミスに入るのは、パンケーキでもマカロンでもいいのですが、ナタデココではダメなんです。

 その理由は、ティラミス、パンケーキ、マカロンは、革命的な一大ブームを巻き起こしたまま、人気者として定着したから。同じくハスラーも、軽自動車界に「指名買い」という革命を巻き起こし、そのままばく進し続けている大ヒットモデルなのです。

 2014年に登場した初代ハスラーは、生活の足として実用性や利便性を重視しての軽という選択ではなく、軽や登録車という枠を超えて「ハスラーが欲しい!」と指名買いされるほどの大人気車種となりまして、2世代目もその人気をしっかりと保っています。

モータージャーナリストの竹岡圭氏と、ハスラーで丸一日取材。じっくり使ってその実力を体感。これは確かにすぐれもの!!

 データ的に見ますと、2021年1~8月累計販売台数 61102台(前年同期比116.1%、月販平均7637.7台、軽で累計5位!)。ちなみに、2020年の年間販売台数 は80114台だそうなので、コロナ禍の影響を超えたすばらしい人気ぶりですよね。

 というわけで今回は、スズキハスラーの人気の理由は、果たしてどこにあるのか。ワタクシなりに分析してみたいと思います~♪

デビュー初年度よりも2年目である今年(2021年)のほうが売れているハスラー。その要因のひとつが、より「ハスラーらしさ」を強調した特別仕様車「J STYLE」にある。2020年11月の設定以来、この特別仕様車が売れまくっているようです

■カワイイだけじゃなく実力も本格派

 まず人気の理由その1。とにかくカッコよくカワイイデザイン!

「クルマの購入動機は見た目が8割」というのは、私がこのお仕事を始めてからずっと言い続けている格言?! なんですけど、四角いボディにまぁるいお目目というのは、甘すぎない程度のかわいらしさがあり、生き物っぽく愛着が生まれやすい、絶妙なフレンドリーデザインだと思うのです。

 特に軽自動車は、あらゆる分野のクルマの中でも、毎日を共にする相棒感が強いカテゴリーですよね。ということで、ここでまた、私の格言!? その2が登場するわけですが(笑)、「心通わせられるものには愛冠がつく」。つまりクルマには「愛車」と愛がつけられる。だからこそ、軽自動車には愛着感が非常に大切。この点ハスラーは満点なんです♪

 そして、実は見た目だけではありません。機能性とデザイン性が融合しているところがスゴイ。ハスラーはSUVにカテゴライズされるのですが、180mmの最低地上高を持ち、アプローチアングル29°、デパーチャーアングル50°と、かなりの本格派。何を隠そう、カッコだけの街乗りSUVだと、このアングル角の数値を発表しないモデルも多いので、これは自信の証拠なんですよね。

見た目がキュートなだけでなく、SUVとしてしっかりした性能も持つハスラー。「本物」だから売れているんですね…

 また、4WDを選べば3つのモード(スノーモード、グリップコントロール、ヒルディセントコントロール)が追加され、SUVらしい「遊べる用途」を支援します。見かけだけじゃなくて走破性も高い。アウトドアでも大活躍。本格派なんですね。

 この自信と実力を持ってタフなところに行けるからこそ、枝葉などが引っかかりにくいスクエアなカタチを持ち、バンパー下部やタイヤハウスは傷が目立ちにくく、万が一の時でも対処しやすい樹脂製を採用しているというわけなんですよ。カワイイだけじゃなく、しっかり意味を持ったデザインだからこそ、老若男女多くの方に求められているのではないか。さらに、さまざまな趣味に応えられるよう、アースカラーからポップカラーと多様なボディカラー、さらに塗り方もワントーンからツートンまで揃っているので、幅広い方に愛着を持って選んでいただけているのではないかと、ワタクシ思っている次第です。

4WD車に装備される「グリップコントロール」で滑りやすい路面でも安心。高い4WD性能は安全にも寄与します

 さらに、ルーフレールや専用のメッキフロントグリル、「HUSTLER」アルファベットエンブレムなどが採用された特別仕様車「J STYLE」が、先代に引き続き大人気なのも、より自分だけの1台が欲しいというニーズの表れだと思うんですよね。まさに愛車です。

次ページは : ■室内の使い勝手で車中泊だって余裕しゃくしゃく