屋根を開けると容量ゼロ!? 荷室が最も狭い国産車 ワースト5

屋根を開けると容量ゼロ!? 荷室が最も狭い国産車 ワースト5

 荷物を積むラゲッジスペースは広いに越したことはないが、クルマの性格や使われ方、ユーザーの要求に対する折り合いが付くなどすれば、必ずしも広い必要はない。

 本稿では、そうした事情も踏まえつつ、「現役日本車ラゲッジ極狭ワースト5」を調査。結果的に、荷室の優先度が相対的に低いスポーツモデルが該当することになったが、その潔い割り切りと、意外に異なる最低限の実用性を判断する目安として以下、ご覧いただきたい。

文/永田恵一、写真/編集部、TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】本文未収録の荷室写真あり!! 激狭ラゲッジ国産車を写真で見る


■5位/レクサス LC

レクサス LC 荷室容量:LC500/197L、LC500h/172L、LC500コンバーチブル/149L 富裕層が使用するグランツーリスモとしては荷室の狭さはちょっと痛い

 レクサスLCのラゲッジスペースは、V8とハイブリッド、クーペとオープンのコンバーチブルというボディタイプによって幅はあるが、平均すると4位のGRヤリスに僅かに勝るため5位とした。

 この種のクルマは主に富裕層となるユーザーが長期間の旅行に行く足として使うケースもあり、その際には着替えも多く、鞄も大きくなりがちなので、ラゲッジスペースの狭さはちょっと痛い。

 しかし、その替わりLCにはコンバーチブルでも狭いながらリアシートがあり、荷物はリアシートにも置くことができる。LCの立派なリアシートに立派な鞄を置くという組み合わせはキャラに合う感じもする。

■4位/トヨタ GRヤリス

トヨタ GRヤリス 荷室容量:174L リアシートを倒せばスペースが確保できるので、ラゲッジスペースの狭さはあまり気にならない

 GRヤリスは全長が短いことに加え、リアオーバーハングも短く、フロアも高いため、ラゲッジスペースは174Lとコンパクトカーとして見ても極狭。アルトやミライースといった軽セダンよりも狭い。

 それでもFFとなる「RS」はラゲッジアンダーボックスがあり、それなりの容量があるのでだいぶ救われる。

 しかし、1.6Lの4WDターボ車となる「RC」と「RZ」系は、ラゲッジアンダーボックスの部分にバッテリーを搭載。グレードによってはインタークーラーウォータースプレーが入るので、パンク修理キットと小物しか入らない。

 筆者はGRヤリス「RZハイパフォーマンス」に1年近く乗っているが、クルマに常備しておきたいものをラゲッジスペースに置くと、ラゲッジスペースは3分の2程度のスペースしか残っていない。

 しかし、GRヤリスは後方にいくに従ってルーフが下がっているものの、リアシートに2人が乗れるクルマなだけに、リアシートを倒せばキャビン部分にタイヤ4本が積めるスペースを確保。3人乗車までなら3人分の荷物も充分積める。

 実際、筆者はリアシートを使うことがほとんどないこともあり、今のところGRヤリスの積載性に不満を感じたことはない。

次ページは : ■3位/マツダ ロードスター

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ