SUBARUの水平対向エンジンは果たして生き残れるのか!?


 アメリカでスバルの新型WRXが公開され、日本では今年11月下旬にもその日本仕様となる新型WRX S4がデビューする予定だ。今後、EVのSUVであるソルテラの登場でCAFE(企業平均燃費)対策を行うとみられるスバルだが、その真意はどこにあるのか、また2030年までに水平対向エンジンは販売されなくなってしまうのか、国沢光宏氏が検証する。

文/国沢光宏
写真/西尾タクト、スバル、STI

【画像ギャラリー】スバルのボクサーエンジンにKOは無い! しぶとく生き残る戦略に迫る!!


■スバルのエンジン戦略、地域戦略を斬る!

 ここにきてスバルが日本市場にもパワフルなエンジンを投入し始めた。新型BRZに搭載されているFA24は先代より大幅にパワーアップした235ps。そして275psを発生するFA24ターボも、新型WRX S4だけでなくレヴォーグへ追加搭載されるという。一方、我が国は2030年代半ばにエンジン搭載車の販売を終了するという動きもある。

新型WRXに搭載されるFA24ターボ。日本ではレヴォーグにも追加搭載予定である。スバルのメインマーケットである北米では6気筒エンジンに変わる主力エンジンとしてほぼすべての車種に搭載

 スバルのエンジン戦略はどうなっているのだろうか? さて、パワーユニットの行方に影響を与える要因を挙げるなら、燃費規制(CAFE=企業平均燃費)とカーボンフリーのふたつになる。前者についていえばエンジン車を販売しつつ、二酸化炭素を排出しない電気自動車の投入で平均燃費を向上させていけばよい。後者は電気自動車一択。

 もうひとつの要因がある。地域戦略だ。欧州市場に対応するとなれば、直近だと電気自動車+PHVの投入しか方法がない。アメリカ市場は緩く、最も厳しいカリフォルニア州+12州で2035年のエンジン搭載車新車販売を禁止する動きを見せているのみで、バイデンさんの大統領令も「2030年までは50%を電気自動車に」。半分はエンジン車でOK。

各国、地域の規制をにらみつつギリギリまでガソリンエンジンを販売する戦略

 そして我が国だけれど、欧州とアメリカの中間をイメージしていただければいい。2030年代半ばに新車でエンジン搭載車を買うことはできなくなるが、それまでの間についちゃ燃費規制をクリアできていれば自由。つまり、欧州のように電気自動車を販売しなければならないが、それによって平均燃費がよくなればエンジン搭載車を売ってもいい。

 このふたつを考えれば自動的にパワーユニット戦略は決まってくる。現在スバルにとってダントツの稼ぎ頭になっているアメリカ市場を見ると、すぐ電気自動車という流れになっていない。むしろ直近についていえばパワー競争という雰囲気。だからこそスバルは大半の車種にFA24ターボ搭載モデルをラインナップしている。

アメリカ専用車「アセント」。ランクル300にも匹敵するボディサイズのSUVだが、アメリカではミドルサイズの部類に入る。エンジンはもちろんFA24ターボを搭載

 アメリカも2050年くらいまでにはカーボンフリーなんだろうけれど、少なくとも今後10年くらい普通にFA24ターボを販売できると思う。EJ系のエンジンは1989年から30年間改良しながら使ってきた。FA24も改良を加えつつ(ハイブリッドにはならない)エンジン車販売禁止までスバルの主力エンジンになることだろう。

次ページは : ■日本ではトヨタとの提携メリットを活かし新型ボクサーハイブリッドを開発?