クラウン ランクルプラド LF… 今年と来年姿を表すトヨタ・レクサスのSUVたち4選


■レクサス LF(2023年春)

●レクサスの存在感を世界にアピールする高級SUV!

 世界的にブランドの認知度を向上させているレクサス。現在レクサスのフラッグシップSUVはLXだが、市場ではさらに最上級クラスのクロスオーバーが求められている。

 ベンツにはGLSがあり、BMWにはX7があり、ロールスロイスではカリナンなどがプレミアムサルーンをベースにしたクロスオーバーSUVとして支持されている。

 そこでレクサスが送り出すのが、2018年のデトロイトショーで出展した「LF-1リミットレス」を市販モデルに仕上げた「レクサスLF」だ。早ければ来年春に投入される見込みだ。

 ベースとなるのは、レクサスLSのGA-Lプラットフォーム。海外のクロスオーバーSUVと同じくFR系のプラットフォームを採用するのがポイントだ。

 パワートレーンは基本的にはLSと同じで、3.5L V6ターボと、3.5L V6ハイブリッドとなる。さらに上級グレードの「Fスポーツ」では、新開発の4L V8ツインターボの搭載も計画されているようだ。

世界のプレミアムクロスオーバーSUVに真っ向から対峙するレクサス渾身の一台がLX。価格もプレミアムで、1500万~2000万円との予想。レクサスのグローバルでの存在感を示すためのモデルとなる(画像はベストカー編集部による予想CG)

■トヨタ ランドクルーザープラド(2023年 夏)

●本格派ヘビーデューティSUVが、さらにタフに進化する

 2021年8月にフルモデルチェンジしたランドクルーザー300に続き、使いやすいサイズ感で人気のプラドがモデルチェンジを行う。

 デザインなどは基本的にキープコンセプトとなる。現行型プラドで評価の高いヘビーデューティ性能と、大きすぎないサイズ感を受け継ぎながら、最新の先進安全装備など、時代にマッチしたクロカンSUVへと進化する。

 ランクル300で新開発されたTNGAに基づいたラダーフレームを採用するが、これは設計段階でプラドへの採用も考慮されていたもの。フロントサスはダブルウィッシュボーン、リアサスは堅牢な車軸式と現行型同様となる。

 ボディサイズは現行型とほぼ同寸の全長4820mm、全幅1890mmとなりそうだ。

 パワートレーンは、ランクル300にも搭載される3.3L V6ディーゼルターボを搭載。トランスミッションは10速ATで、副変速機を組み合わせたフルタイム4WD、いわゆるテレインコントロールシステムが採用され、あらゆる路面コンディションで高い走破性を発揮する。

ランクルプラドの予想CG。エクステリアデザインは基本的に現行型からのキープコンセプト。全長4820×全幅1890mm程度のボディサイズで、ランクル300より小型なので、国内では使い勝手がいい
【画像ギャラリー】早ければ今年来る? トヨタ・レクサスの新型SUVをギャラリーでチェック!(8枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ