新型クラウン&シエンタ情報ほかスカイラインクロスオーバー復活説も!? 国内メーカー最新動向!!!

新型クラウン&シエンタほかトヨタ車最新情報にスカイラインクロスオーバー復活説も!? 国内自動車メーカー最新動向!!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 部品供給の遅れなどによる工場の停止によって、生産が予定どおりできないことで、新車の納車待ちの長期化が解消されない状況が続いているが、トヨタや日産は間もなくニューモデルを続々と投入する予定。

 そのほかにも、今回は新型車情報など、遠藤徹氏が入手した最新情報をお届け!!

※本稿は2022年5月のものです
文/遠藤徹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】各トピックを10秒でチェック! 国内メーカー最新動向をギャラリーで見る!!!(27枚)画像ギャラリー

■トヨタは6~10月に新型車攻勢を加速

 トヨタは6月〜10月に、主軸車種のフルモデルチェンジ、新規モデルや追加モデルの投入、一部改良などの新型車攻勢によって、大規模な増販作戦を展開する構えです。

 6月は新型クラウン投入、7月はシエンタのフルモデルチェンジ、そして8〜10月はカローラシリーズ、ヤリスクロス、ハリアー、RAV4などの追加モデルの設定や一部改良などによって、商品ラインナップを強化するスケジュールになっています。

トヨタは6月~10月に追加モデルやマイナーチェンジなどを含めたニューモデルを続々と投入する予定。新型クラウンは6月〜7月に登場する見込み

■トヨタランドクルーザー300を再び生産開始

 トヨタは休止していたランドクルーザー300の生産を再開しました。

 なお、生産休止していたこともあって、納期は5年後とさらに1年程度先送りになっています。

 受注累計は発売から5万台に達している模様です。上級グレードのZXとGRスポーツを中心に引き合いが多くなっています。

■トヨタは納車まで1年待ち以上のモデルが続出!

 トヨタは主軸モデルを中心に、納車まで1年以上待つ事態が続出しています。

 ランドクルーザー300以外だと、カローラクロス、ヤリスクロス、ハリアー、ノア/ヴォクシーハイブリッドなどの納期が1年以上待ちです。

 人気が高く引き合いが多いうえに、半導体を中心とした部品供給の遅れ、ロシアのウクライナ侵攻、新型コロナ蔓延などの影響が重なっていることが要因です。

 今後、納車遅れの車種数がさらに増える方向にあります。

■トヨタヤリスクロスは8月上旬に一部改良の予定

 トヨタは8月上旬にヤリスクロスを一部改良します。騒音や排ガスに関する法規対応やボディカラーの再編、グレードの見直しなどが、主な改良の内容です。

 ボディカラーはゴールド系など不人気色を廃止し、代わって新色を追加。最もベーシックなXグレードは装備の充実化を図ります。

 なお、正式発表前に7月中旬から予約受注をスタートさせる予定です。従来モデルの生産は終了し、見積書の作成はストップさせています。

■日産は5〜6月にニューモデルラッシュで大増販攻勢

 日産は5月〜6月に相次いでニューモデルを投入し、大増販攻勢をかける方針です。

 5月に軽自動車ベースの新型電気自動車であるサクラを発表(6月発売)するのをはじめ、6月下旬にはエクストレイルのフルモデルチェンジ、そして新型電気自動車であるアリアの91kwhバッテリー搭載車「B9」グレードの発売、さらにキックスの4WD車を追加設定します。

 これまで半導体などの部品供給の遅れで発売が先送りになり、それで5〜6月に集中してニューモデルラッシュになったという側面もあるようです。

 ただ部品供給遅れの問題は依然解消されていないことから、これらニューモデルが発表、発売になってもスムーズに生産や納車ができなことも予想されます。

次ページは : ■日産スカイラインクロスオーバーが再登場!!?