【独自スクープ】待ってました!! ランクル300の受注再開時期の目途が立つ

【独自スクープ】待ってました!! ランクル300の受注再開時期の目途が立つ

 2021年6月に登場した現行型ランドクルーザー(ランクル300)は、予約段階から注文が殺到、新車納期が4年から5年と言われるほどまで伸びた。長期化する新車納期に歯止めがかからず、現在トヨタはランクル300の注文停止を決定しているのが現状だ。

 当然ながらトヨタだって同社の「至宝」ともいえるランクルをいち早く消費者のもとへ届けたいのは間違いないが、注文再開時期は、今後の生産状況を踏まえ改めて発表するとされていた。

 今回、多くのランクルファンが心待ちにする注文再開時期が判明した。各所への取材の様子と合わせて、紹介していこう。

文/ジョー城ケ崎、写真/TOYOTA
※当記事の内容は著者独自の調査によるものです

【画像ギャラリー】オーダーストップ中のトヨタ ランドクルーザー 待望の受注再開時期が判明!!(12枚)画像ギャラリー

■突如止まったランクルの注文

4年から5年と言われる納期の長期化に歯止めがかからず現在受注停止中のトヨタ ランドクルーザー
4年から5年と言われる納期の長期化に歯止めがかからず現在受注停止中のトヨタ ランドクルーザー

 トヨタHPのランドクルーザーのページ上部には、「ランドクルーザーご検討中のお客様へ、ご注文停止に関するお詫び」となっており、2022年7月1日をもって、一時注文停止状態に入ることを明らかにしている。

 理由としては、日本のみならず、世界各国でも大変好評であり、生産能力を大幅に上回る注文をいただいているためとした。注文再開時期については、今後の生産状況を踏まえ、改めて案内するとあるが、現状としてメーカーからの正式な発表は無い。

 国内向けの年間生産計画台数5,000台の3倍以上になる予約注文数を叩き出し、その後も注文の勢いが衰えなかったランクル300。登場から約1年で、年間生産台数の5倍近い注文を記録し、このままでは改良も変更も、現在の注文を捌ききるまでは出来ない。

 受注台数についてはトヨタとしても想定以上だったようで、せっかくのランクルを売るに売れない状況に苦慮している。

■ランクル300の注文再開に目途が立つ?

 2022年6月30日に、販売店の店長承認分までのオーダーで締め切ったランクル300の注文。再開は、注文残を全て生産してから(つまり3~4年後)とも思われていたが、それよりも大幅に早く、注文再開することが取材で分かった。

 気になる注文再開時期は「2023年の年央」とされている。現段階では、「予定」という文字が付帯されているが、販売店でもこの時期に注文活動が再開できると、顧客へ案内しているところが多かった。

 ちなみに「年央」とはいつになのか。統計学上での年央は「7月1日」となる。おおよそ、7月中を示す言葉ではあるが、トヨタやレクサスにおける年央改良は、7月から9月までに行われることが多いこともお伝えしておこう。

 今回のランクル300注文停止が始まったのは、2022年7月1日。そこから綺麗に1年後、注文再開とするのが自然な流れのようにも感じるが、どうだろうか。

 ランクルの注文再開を待つ人は、2023年の6月下旬ごろから、メーカーおよび販売店の動向に注視しておいた方が良いだろう。

次ページは : ■世界情勢も関わる難しい舵取り

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!