まもなく発表の新型シエンタの納期はいつ? 新車を早く納車させたいならいつ契約すべきか?


 半導体を中心とする部品不足やコロナ禍による中国・上海のロックダウンの影響により、自動車メーカー各社の生産遅れが目立ってきている。

 こうした状況に加えて、2021年~2022年に発売された新車は当然のことながら注文が殺到。特に、人気車のハイブリッドモデルの納期は1年以上が当たり前という、納期の遅れが目立ってきている。

 さて、まもなく発表・発売される新型シエンタはどうなっているのか、トヨタディーラーを徹底調査! 最新情報をお届けしよう。

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカー編集部、ベストカーweb編集部、トヨタ

※この情報はメーカーからもたらされた情報ではなく、筆者が独自に取材したものです。また半導体不足による生産の遅延を含め、時期、地域によって異なる場合もあることをご了承ください。

【画像ギャラリー】まもなく発表の新型シエンタの予想CGと次期フリードの写真をチェック!(4枚)画像ギャラリー

■新型シエンタは8月1日から価格提示、先行予約開始、発表・発売は8月23日の予定

ベストカーが製作した予想CGイラスト

 新型シエンタの情報は、トヨタディーラーは鉄壁といえるほどマル秘扱いで、来店したユーザーに簡易カタログを配布をすることもない。

 しかし、Twitterでは仙台港(おそらくトヨタ自動車東日本宮城大衡工場で生産された新型シエンタを全国に輸送するためにモータープールに集められていたもの)に駐車している新型シエンタの写真が公開されるなど、徐々にその姿が明らかになってきた。

 前回本webではお伝えした情報では8月2日の発表だったが遅延となり、ようやく発表・発売日も各ディーラーにメーカーから伝えられたようだ。筆者が伺ったディーラーでは、8月1日頃に価格が提示され、見積書が作成できるようになり、と同時に先行予約の受付が開始され、8月23日に発表・発売するとのこと。この8月23日の発表日以降にカタログが配られるそうだ。

 この段階では、まだ実車を見ることはできない。ディーラーのショールームに展示され、試乗できるようになるのは、9月以降だそうだ。

 営業マンは「先日のクラウン発表の時のように記者発表会が行われて、六本木で一般公開されましたが、今回もどこかで一般公開されるといいのですが……。納期に関してもクラウンは発表日前日に、発売が秋に延期されたこともあり、新型シエンタもまだどうなるか予測できません」。

 さすがにクルマを見ないで購入の話ができないらしく、本気で購入を考えている人には営業マン用の販促動画を見せているという。

 ただ、筆者が訪れた店舗すべてが見せてくれたわけではなかった。新型シエンタの動画は、外観からインパネ、シートアレンジ、グレード展開、さらには下山テストコースで撮影されたであろう新型シエンタの試乗の様子、さらにはフリード、輸入車との比較などかなり濃い内容だった。

 このディーラーではまだ新型シエンタの価格や見積書の作成もできなかったが、別のディーラーでは価格も教えてくれた。

■新型シエンタのラインナップと価格
■ガソリンモデル、2WDのみ
●5人乗り
X=195万円、G=230万円、 Z=252万円
●7人乗り
G=234万円、Z=256万円、
■ハイブリッドモデル、2WD/E-FOUR
●5人乗り
X=2WD:238万円、4WD:257万8000円
G=2WD:265万円、4WD:284万8000円
Z=2WD:287万円、4WD:306万8000円
●7人乗り
G=2WD:269万円、4WD:288万8000円
Z=2WD:291万円、4WD:310万8000円
※価格はディーラー調べ

次ページは : ■さて、新型シエンタはいつから納車されるのか? どのタイミングで判子を押すべきか?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ