新型アルファード ランクルプラド C-HR… 欲しければ絶対見逃すな! 2023年に出る注目の新車スクープ情報【前編】

新型アルファード ランクルプラド C-HR… 欲しければ絶対見逃すな! 2023年に出る注目の新車スクープ情報【前編】

 いよいよ2022年も残すところ10日あまり、年の瀬でお忙しいことを思いますが、ここで2023年にどんな新車が出るのか、気になるところ。

 今回は注目の大物、新型C-HR、アルファード&ヴェルファイア、新型ランクルプラドを紹介していこう。

文/ベストカーWeb編集部
新型車予想CG/ベストカー編集部

■新型C-HR:登場予想時期は2023年春頃

12月5日に欧州トヨタが公開した「C-HRプロローグ」。シルバー、ブラック、サルファー(硫黄色)の3色で斬新
12月5日に欧州トヨタが公開した「C-HRプロローグ」。シルバー、ブラック、サルファー(硫黄色)の3色で斬新

 2022年12月5日に、欧州トヨタが発表した「C-HRプロローグ」。このモデルが次期C-HRになるのは間違いない。エクステリアは初代C-HR同様、斬新なデザインで登場する。

 ハンマーヘッド(シュモクザメ)デザインのフロントマスクに加え、メタルシルバーのボディカラー、リアドア以降、リアゲート、リアバンパーをリサイクルカーボンブラックとし、ルーフ後端およびフロントスポイラーの一部、リアディフューザーの一部がサルファー(資料にはsulphur=硫黄。明るい淡黄色)の3色にしたのがポイント。

 公開されたC-HRプロローグはまだコンセプトモデルの段階だが、オーストラリア特許庁に登録されたデザインを見ると、こちらのほうがより市販型に近い印象。もちろん、これが市販型になるのかは不明。

 搭載されるパワートレインは、3種類が予想される。1.8Lのハイブリッド(エンジン98ps/14.5kgm+モーター95ps/18.9kgm)と2Lのハイブリッド(エンジン152ps/19.2kgm+モーター113ps/21.0kg)、2LのPHEVになるだろう。おそらく後輪をモーターで駆動するE-FOURもラインナップするだろう(スペックは新型プリウスのもの)。

 現行C-HRのボディサイズは、全長4390×全幅1795×全高1550mmだが、新型C-HRはひと回り大きくなり、全長4500×全幅1800×全高1570mmになると予想。

 新型C-HRの日本発表は2023年春頃の予定。初代同様、我々を驚かせてくれる、斬新なデザインで登場しそうだ。期待して待ちたい。

オーストラリア特許庁に登録された次期C-HRと思われるデザイン。これが次期C-HRになるという保証はないが……
オーストラリア特許庁に登録された次期C-HRと思われるデザイン。これが次期C-HRになるという保証はないが……

次ページは : ■新型アルファード&ヴェルファイア:登場予想時期は2023年初夏

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!